記事総数:35  総PV数:11658

公開中の記事


【文月七月の開運ごはん】元気回復!半夏生のたこ飯

【文月七月の開運ごはん】元気回復!半夏生のたこ飯

文月七月、一年の後半戦がスタートする頃となりました。 新暦の七月七日は七夕にあたりますが、実際の季節はまだ梅雨の最中。星空を見上げるには厳しいかもしれませんが、笹飾りに願いを込めた短冊を吊るすのは、楽しいものです。


【水無月の開運ごはん】半年分の厄を祓う夏越ごはん

【水無月の開運ごはん】半年分の厄を祓う夏越ごはん

6月21日は昼の時間が一年で最も長い夏至。季節の目安とされる暦・二十四節気では太陽の力・陽の気が最も強くなる頃です。また6月は一年の折り返し地点に当たるため、半年の間に溜まった厄や穢れを祓う「夏越しの祓え」が古くから行われてきました。 この半年間を振り返り、残り半年を健やかに過ごすため、改めて食生活を整えていきましょう。


【水無月の開運ごはん】梅とみょうがのご飯で梅雨の食養生

【水無月の開運ごはん】梅とみょうがのご飯で梅雨の食養生

今年も丸々と実った梅が市場に出回る季節となりました。平年であれば、この頃には関東や北陸も梅雨入りし、全国的に雨模様の日が続きます。恵みの雨が田畑を潤し、心細げだった若い苗も日に日に勢いを増していきます。 さらさらと降る雨の音、カエルの鳴き声に気分が落ち着き、みずみずしい紫陽花に心も慰められるようです。


【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

5月21日は二十四節気の小満。季節は夏へと向かい、気温も一気に駆け上がります。田植えされた苗は日を追うごとにグングンと伸びて、水田はみるみるうちに瑞々しい緑色に。山の緑も勢いを増し、鳥はさかんに囀り、虫も空を飛び交い、すべての生きものが生命力を謳歌しています。


【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

山が新緑に輝き、さわやかな風が吹き抜ける五月。青い空に鯉のぼりが元気よくはためく頃となりました。5月5日は二十四節気の立夏となり、暦の上ではもう夏が始まります。 心地よい天候とは裏腹に、こうした季節の変わり目には誰しも体調を崩しがちです。古くから伝わる難避け厄除けの食べ物には、節目節目を健やかに過ごせるようにという祈りがこもっているに違いありません。


【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

田畑を潤し百穀の芽吹きを促す春の雨。二十四節気「穀雨」にあたるこの時期、私たちの身体も心も新陳代謝を求めています。必要なのは、冬籠もりの間に溜まった不要なものを排出し心身の流れをよくする食養生。玄米ごはんや山菜、春野菜でデトックスして、すっきり晴れやかな毎日を!


【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

お花見はもともと、桜の木に宿る田の神に豊作を祈る行事が起源。待ちに待った春の訪れを祝う気持ちや、これからを実りあるものにしたいと願う気持ちは、今も昔も変わりありません。可憐な桜にぴったりの手毬寿司でお花見気分を堪能、新たな季節に向かう気持ちも盛り上げていきましょう。


春待つ如月「二十四節気七十二候」2月の暦

春待つ如月「二十四節気七十二候」2月の暦

「二十四節気七十二候」は瑞穂の国・日本の暦。もともとは古代中国で生まれたものですが、長い年月を経て我が国の気候風土に馴染み、稲作を中心としたの農事の目安や暮らしの暦とされてきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ「二十四節気七十二候」に親しんで日々の暮らしを大切にしてみませんか?


睦月「二十四節気七十二候」1月の暦

睦月「二十四節気七十二候」1月の暦

稲作を中心とした日本の農事の目安とされ、暮らしの暦としても親しまれてきた「二十四節気七十二候」。もとは古代中国で生まれたものですが長い年月を経て日本の気候風土に馴染み、四季の移り変わりを肌で感じられるものに進化してきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ、「二十四節気七十二候」を学んで暮らしを見直してみませんか?


寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二候」12月の暦

寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二候」12月の暦

稲作を中心とした日本の農事の目安とされ、また暮らしの節目として親しまれてきた「二十四節気七十二候」。もとは古代中国で生まれたものですが長い年月を経て日本の気候風土に馴染み、四季の移り変わりを肌で感じられるものに進化してきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ、「二十四節気七十二候」を意識して、日本の自然の豊かさを見直してみませんか?


霜月「二十四節気七十二候」11月の暦

霜月「二十四節気七十二候」11月の暦

収穫された稲が天日干しを経て食卓にのぼる季節、新米のうまさを噛み締めながら自然の恵みに思いを馳せ、生かされていることに感謝の念を。 日本人の自然や気候風土に寄り添い、農事の目安として親しまれてきた「二十四節気七十二候」を知って、暮らしを心豊かなものにしていきましょう。


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二候」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二候」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二候」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


葉月「二十四節気七十二候」8月の暦

葉月「二十四節気七十二候」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二候」7月の暦

稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二候」7月の暦

ついこの間、梅雨に入ったと思ったのに気がつけばもう7月。今年の梅雨明けは平年よりも少し早く、しかも梅雨明け早々から猛暑になる模様。新型コロナウィルスの感染もまだまだ油断ならない状況下で迎える今年の夏は、今までにない心構えを求められそうです。 とはいえ、人間社会がどんな状況にあろうとも季節は移り、自然も営みを止めることはありません。古くから農事や暮らしの目安とされてきた暦「二十四節気七十二候」に親しんで、この夏を充実したものにしていきましょう。


水無月「二十四節気七十二候」6月の暦

水無月「二十四節気七十二候」6月の暦

木々の緑がますます深くなり、春先に花を咲かせた梅が青々とした実をつける頃となりました。新型コロナウィルスへの感染はまだまだ油断がならない状況ですが、さまざまな対策をとりながら外出自粛などを段階的に緩和する動きが現れてきました。 どんな大変な状況下でも、自然の営みはたゆむことなく季節も動きを止めることはありません。移りゆく季節と人の暮らしの目安となる暦「二十四節気七十二候」を知って、今この一瞬を見逃さず日々を大切に暮らしていきましょう。


爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二候」5月の暦

爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二候」5月の暦

山は新緑に輝き、薫風吹き渡る五月。新型コロナウイルスの感染拡大は未だ先の見えない状況ではありますが、そんな時でもいつもと変わりなく季節はめぐってきます。「ステイホーム」が必要な今だからこそ、身近な自然や季節の小さな変化を感じながら暮らしてみませんか。 そんな暮らしの目安となるのが「二十四節気七十二候」。古代中国から日本に伝わり長らく親しまれてきた暦を知って、家で過ごす時間をもっと心豊かなものにしていきましょう。


春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二候」4月の暦

春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二候」4月の暦

「二十四節気七十二候」という言葉をご存知ですか? 太陽の動きをもとに一年を二十四等分して季節の節目を表したものが「二十四節」。それをさらに三等分したのが「七十二候」です。古代中国で考え出されて日本に渡り、長い年月を経て日本の気候風土に合わせて改良されて、季節の移ろいを知る目安や農作業の目安として親しまれてきました。 季節や旬を忘れがちな現代、「二十四節気七十二候」を知って、もっと心豊かな日々を送りましょう。


草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二候」3月の暦

草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二候」3月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二候」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二候」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二候」2月の暦

寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二候」2月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二候」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二候」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング