秋に関する記事


【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

あっという間に秋は深まり、気がつけば11月。今年のカレンダーも残り2枚となりました。この間まで半袖を着ていたのが信じられないほど肌寒く、ダウンや毛布のあたたかさが恋しくなる頃、まさに冬の入口といったところでしょうか。


【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

日本では古くから神無月と呼ばれる10月。由来は日本各地の神々が出雲で行われる会議のため地元を離れることなのだとか。逆に出雲では10月を”神在月”と呼び習わしています。 田んぼでは稲刈りが真っ盛り。稲束を天日干しにする”ハザがけ”が行われています。


【神無月十月の開運ごはん】十三夜の栗ご飯

【神無月十月の開運ごはん】十三夜の栗ご飯

台風一過の青空に秋雲がたなびく頃となりました。昼間こそ30℃に届く日もありますが、季節はすっかり秋。風に揺れるススキやコスモスの花、稲刈りの進む田んぼの様子は実にのどか。里山は、実りの喜びに満ちています。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

晴れた日中こそ暑いものの、いつしか蝉の声も遠のいて、朝夕が過ごしやすくなってきました。暦の上では立秋を過ぎて季節はもう秋。早いところでは稲穂が色づき始めています。


日本各地の旬の新栗を使った「栗ごはんの素」 ふわっと香り立つ栗の風味をおうちで楽しむ ~和栗のおいしさの極限に挑戦~

日本各地の旬の新栗を使った「栗ごはんの素」 ふわっと香り立つ栗の風味をおうちで楽しむ ~和栗のおいしさの極限に挑戦~

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の新栗を使った「栗ごはんの素」を発売して、今年で5年目となりました。今年は、ふわっと香り立つ栗の風味や栗本来の甘みをおうちで楽しんでいただく、離れて暮らす大切な方と共有していただくために、栗そのものにしていた味付けをやめ、茨城県笠間市や京都府京丹波町など、全国7ヶ所の産地の和栗本来のおいしさの極限に挑戦しました。 ※製造過程においては食品添加物を使用しておりません。


【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

お盆も過ぎて、暑さも峠を越したような…。日中は相変わらずの暑さですが、早朝や日が暮れてからは秋の気配が感じられ、少しだけ凌ぎやすくなります。空は高く、雲は絹や鰯を思わせる繊細で優しい形に。草むらでは虫の音も聞こえ、季節は秋へと歩みを進めます。 こんな時は、どうしても体調を崩しがち。いち早く夏の疲れを解消して、実りの秋に向かって運をつかむべく、心身を整えましょう。


秋深まる神無月「二十四節気七十二候」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二候」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二候」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の旬な選りすぐりの“新栗”を使った石井食品の栗ごはんに、京都京丹波、熊本山江村、そして茨城笠間の3種の栗ごはんをお楽しみいただける「地域の栗ごはん食べ比べセット(やまえ・京丹波・笠間)」を、石井食品の公式オンラインストア 「イシイのオンラインストアにて、数量限定発売しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二候」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二候」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二候」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な栗を素材とした「石井食品の栗ごはん」の発売を、2020年9月下旬より、順次スタートいたします。また、石井食品の公式オンラインストア「イシイのオンラインストア」では、2020年8月26日(水)より先行予約を開始しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


『期間限定 松茸釜めしの素・栗きのこ釜めしの素・かに貝柱釜めしの素・穴子釜めしの素』期間限定販売!!

『期間限定 松茸釜めしの素・栗きのこ釜めしの素・かに貝柱釜めしの素・穴子釜めしの素』期間限定販売!!

丸美屋食品工業株式会社より、「期間限定 松茸釜めしの素」「期間限定 栗きのこ釜めしの素」「期間限定 かに貝柱釜めしの素」「期間限定 穴子釜めしの素」が2020年8月6日(木)から2021年3月31日(水)までの期間限定で販売されます。 秋という釜めしの最盛期に、旬の素材や特別感のある素材を使った釜めしの素で、贅沢な味わいが楽しめます。


晩秋から冬へ「二十四節気七十二候」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二候」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二候」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二候」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

冬の具だくさんおみそ汁というと、豚汁が思い浮かぶ方も多いでしょうが、鮭と野菜の「石狩汁」もおすすめです。鮭の切り身で作る鍋物「石狩汁」を一椀仕立てにしたもので、気軽に美味しく作れます。体が温まり野菜の栄養で体調も整えてくれる、バランスの良い一品ですので、ぜひ鮭の美味しい秋冬に召し上がってください。


収穫の季節到来「二十四節気七十二候」10月の暦

収穫の季節到来「二十四節気七十二候」10月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二候」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二候」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二候」9月の暦

秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二候」9月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二候」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二候」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

【ごはん歳時記 10月】手間はかかるが秋の味覚、栗ごはん。

10月はみのりの秋、真っ盛り。お米は新米。山には栗やキノコがいっぱい。 旬の食材を使っての炊き込みごはんが、食欲の秋をますます盛り上げてくれます。なかでも、大きな栗の入った栗ごはん、おいしいですよね。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング