【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

あっという間に秋は深まり、気がつけば11月。今年のカレンダーも残り2枚となりました。この間まで半袖を着ていたのが信じられないほど肌寒く、ダウンや毛布のあたたかさが恋しくなる頃、まさに冬の入口といったところでしょうか。


撮影「Takashi Maki」

11月最初の亥の日は、茶の湯の世界では「炉開き」という大切な節目の日。夏に用いてきた風炉を閉じ、この日から茶室の炉を開いて炭を組んで釜をかけます。そして5月に新茶を詰めておいた茶壷の封を切る「口切り」が行われます。
炉を開いて新茶を味わう、茶を嗜む人にとっては正月ともいえるほど、おめでたく改まった季節なのです。

これは亥が陰陽五行説で「水性の陰」とされ火難を免れるとされたため。このことから、江戸時代の庶民の間で亥の日を囲炉裏やこたつ、火鉢を使い始める日とされたとか。

亥の日につきものとされるのが亥の子餅です。古くは古代中国の言い伝えに基づく宮中行事「御玄猪」にちなんだもの。新米で搗いた餅にゴマや大豆、栗、小豆などを混ぜ込んだもので、かつて農村では秋の収穫を祝って拵えたとも。
現在では炉開きにも用いられる菓子として、この季節になると和菓子舗の店頭に並び、晩秋の訪れを知らせます。

この季節、亥の日の故事にならってゴマや大豆、栗、小豆を新米と一緒に炊き込んだ雑穀ごはんはいかがでしょうか。秋の実りに感謝し無病息災、子孫繁栄を祈って一粒一粒噛みしめれば、年末までの2ヶ月を乗り切る力が湧いてきます。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

11月の声が聞こえるとともに、神社で晴れ着姿の親子連れを見かけるようになります。我が子の成長を寿ぎ、長寿や幸福な人生を祈る七五三詣です。 近年は日付にこだわらず11月に行う家庭も多いようですが、本来は鬼が出歩かない日「鬼宿日」とされる11月15日に行うものとされました。


【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

日本では古くから神無月と呼ばれる10月。由来は日本各地の神々が出雲で行われる会議のため地元を離れることなのだとか。逆に出雲では10月を”神在月”と呼び習わしています。 田んぼでは稲刈りが真っ盛り。稲束を天日干しにする”ハザがけ”が行われています。


【神無月十月の開運ごはん】十三夜の栗ご飯

【神無月十月の開運ごはん】十三夜の栗ご飯

台風一過の青空に秋雲がたなびく頃となりました。昼間こそ30℃に届く日もありますが、季節はすっかり秋。風に揺れるススキやコスモスの花、稲刈りの進む田んぼの様子は実にのどか。里山は、実りの喜びに満ちています。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

晴れた日中こそ暑いものの、いつしか蝉の声も遠のいて、朝夕が過ごしやすくなってきました。暦の上では立秋を過ぎて季節はもう秋。早いところでは稲穂が色づき始めています。


最新の投稿


【お米クイズ】第166回:炊飯における水の量

【お米クイズ】第166回:炊飯における水の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第166回は炊飯における水の量についてです。


ご自宅はもちろんアウトドアでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」がオンラインストア・店頭にて販売開始!

ご自宅はもちろんアウトドアでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」がオンラインストア・店頭にて販売開始!

渋⾕ストリーム3階に位置するバルセロナで⼀番美味しいパエリアを提供するシーフードレストラン「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」から、ご自宅はもちろん、キャンプや海などのアウトドアシーンでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」を2021年11月19日(金)よりオンラインストア・店頭にて販売開始しました。


ファミマの具材にこだわった贅沢おむすび”ごちむすび”シリーズ発売から、約1年1か月で累計販売1億食を突破!~お米・海苔・具材の絶妙なバランス、毎日食べたくなる美味しさ~~

ファミマの具材にこだわった贅沢おむすび”ごちむすび”シリーズ発売から、約1年1か月で累計販売1億食を突破!~お米・海苔・具材の絶妙なバランス、毎日食べたくなる美味しさ~~

株式会社ファミリーマートは、2021年9月に創立40周年を迎えました。様々なきっかけでお客さまがさらにファミリーマート店舗に足を運んでいただけるようになる(=ファミマる。)ために、今年は40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでいます。 「40のいいこと!?」の5つキーワードの1つである「もっと美味しく」の一環として発売している具材にこだわった贅沢おむすび ”ごちむすび”シリーズ の累計販売数が、2020年10月6日(火)の発売開始から約1年1か月でシリーズ累計販売1億食(※2021年10月31日時点)を突破しました!


【お米クイズ】第165回:お米の保管

【お米クイズ】第165回:お米の保管

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第165回はお米の保管についてです。


【AKOMEYA TOKYO】11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催!

【AKOMEYA TOKYO】11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催!

今年一年を総括し、来年も豊かな年でありますようにと願うお正月。AKOMEYA TOKYOでは、五色に彩った日本のお正月にぴったりのおめでたいアイテムや、お正月の食卓に欠かせない食品や食雑貨、ご挨拶に使いたいお年賀アイテムなど多数取り揃え、11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング