【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

お盆も過ぎて、暑さも峠を越したような…。日中は相変わらずの暑さですが、早朝や日が暮れてからは秋の気配が感じられ、少しだけ凌ぎやすくなります。空は高く、雲は絹や鰯を思わせる繊細で優しい形に。草むらでは虫の音も聞こえ、季節は秋へと歩みを進めます。 こんな時は、どうしても体調を崩しがち。いち早く夏の疲れを解消して、実りの秋に向かって運をつかむべく、心身を整えましょう。


撮影「Takashi Maki」

この時期に大切なのは、まず体に残っている熱を取り去ること。そして空気の乾燥する秋に備えること。
体にこもった熱や火照りを取り去るには、夏野菜が有効。キュウリやナス、トマト、パプリカなどが名残の時期を迎え、真夏より実がしっかり詰まって味も香りも濃厚になってきます。

そこでおすすめなのが夏野菜のカレー。食べやすい大きさにカットして蒸し煮にし、市販のカレー粉とブイヨンで味を整えるだけ。ルーを使ったカレーと違ってサラサラのスープ上に仕上がるから、夏バテで胃腸が弱っている時も食が進みます。
野菜だけでも十分においしくできますが、好みでベーコンや骨つきチキン、卵を加えるとボリュームアップして、食べ盛りの子供たちにも喜ばれます。

一方、秋の乾燥で痛めがちな呼吸器や肌をケアするのに有効なのが、旬を迎えた梨です。そのまま生でいただくのはもちろんですが、コンポートにするのもおすすめ。台湾では梨のコンポートに、渇きを潤す働きを持つ白キクラゲや蓮の実を合わせたスイーツもあるのだとか。

万全の体調で迎える実りの秋、きっといいことがあるはずです!

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

1月も15日を過ぎると、そろそろ正月気分も落ち着いて通常モードに。この正月15日に古くから行われてきたのが小正月の行事です。年末年始に忙しく立ち働いた女性を労う意味で「女正月」と呼ぶ地方もあるとか。この小正月につきものの「小豆粥」、いったいどんなご利益があるのでしょうか。


【睦月一月の開運ごはん】人日の節句の七草粥

【睦月一月の開運ごはん】人日の節句の七草粥

何かと慌ただしかった年末から一転、お正月になると街の雰囲気はのんびり穏やかに。今年も新たな年がやってきました。この一年を健やかに幸せに過ごせますようにの願いを込めて、新年の開運ごはんをご紹介。お米に宿る力を授かって、明るいスタートをきりましょう。


【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

11月の声が聞こえるとともに、神社で晴れ着姿の親子連れを見かけるようになります。我が子の成長を寿ぎ、長寿や幸福な人生を祈る七五三詣です。 近年は日付にこだわらず11月に行う家庭も多いようですが、本来は鬼が出歩かない日「鬼宿日」とされる11月15日に行うものとされました。


【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

あっという間に秋は深まり、気がつけば11月。今年のカレンダーも残り2枚となりました。この間まで半袖を着ていたのが信じられないほど肌寒く、ダウンや毛布のあたたかさが恋しくなる頃、まさに冬の入口といったところでしょうか。


【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

【神無月十月の開運ごはん】ハロウィンのカボチャごはん

日本では古くから神無月と呼ばれる10月。由来は日本各地の神々が出雲で行われる会議のため地元を離れることなのだとか。逆に出雲では10月を”神在月”と呼び習わしています。 田んぼでは稲刈りが真っ盛り。稲束を天日干しにする”ハザがけ”が行われています。


最新の投稿


日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

株式会社えだまめは日本酒をアイスクリームに練り込んだ新体験アイスクリーム『SAKEICE(サケアイス)』の新フレーバーとして、茨城県坂東市「特別純米 秀緑」とコラボした【日本酒アイス-秀緑-】を数量限定で販売します。【日本酒アイス-秀緑-】は公式通販サイト、楽天でお買い求めいただけます。


国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

シマダハウス株式会社が運営する フォー専門店 COMPHO(コムフォー)は、 12月15日(水)よりCOMPHO各店でおうちで食べられるフォーの販売をスタートしました。 からだにやさしい国産米の米麺(フォー)と、食品添加物不使用のCOMPHOこだわりの鶏だしスープはお子様にもおすすめ。インスタントラーメンのように簡単にご自宅で調理いただけます。


【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第173回は種籾から出る茎の数についてです。


【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

1月も15日を過ぎると、そろそろ正月気分も落ち着いて通常モードに。この正月15日に古くから行われてきたのが小正月の行事です。年末年始に忙しく立ち働いた女性を労う意味で「女正月」と呼ぶ地方もあるとか。この小正月につきものの「小豆粥」、いったいどんなご利益があるのでしょうか。


【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第172回はササニシキ系の品種についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング