【葉月八月の開運ご飯】八朔の尾花粥・黒ごま粥

【葉月八月の開運ご飯】八朔の尾花粥・黒ごま粥

今年も猛暑の季節となりました。特に今年の夏は”危険”と言っていいほどの暑さが続いています。気温が上昇する日中は特にご用心。できることなら外出を控えて、室内でもエアコンを忘れずに。そして暑さに負けない食養生を。旬の食べ物から力をもらって難を乗り切りましょう。


今年の暑さは、もう凶悪と言っていいほど。気温35℃以上の猛暑日地点が200箇所以上に登る日も! そんな中でも、田んぼでは稲が青々と繁り、稲穂が顔を出し始めています。古くは、その初穂を神に献じ豊作を祈る田の神の祭りが各地で行われいたのだとか。確かに、風に揺れる若い稲穂を眺めていると、秋の収穫に向かって明るい希望が見えて来ます。

撮影「Takashi Maki」

しかし8月前半の暑さは昔から人々の体力を奪っていたようで、宮中では疫病除けとして”尾花粥”を食べる習慣があったとか。”尾花粥”はススキの花穂を黒焼きにして白粥に混ぜたもの。やがて、これが民間にも広がるようになると次第に黒ごまが代用されるように。

レシピは実に簡単。滑らかにすりつぶした黒ごまを白粥に混ぜて、塩で味を整えるだけ。市販の黒ごまペーストを加えても良いでしょう。
黒ごまは古くから滋養競争に良いとされ、生薬としても用いられるほど。近年ではアンチエイジングにも良いと注目されています。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

1月も15日を過ぎると、そろそろ正月気分も落ち着いて通常モードに。この正月15日に古くから行われてきたのが小正月の行事です。年末年始に忙しく立ち働いた女性を労う意味で「女正月」と呼ぶ地方もあるとか。この小正月につきものの「小豆粥」、いったいどんなご利益があるのでしょうか。


【睦月一月の開運ごはん】人日の節句の七草粥

【睦月一月の開運ごはん】人日の節句の七草粥

何かと慌ただしかった年末から一転、お正月になると街の雰囲気はのんびり穏やかに。今年も新たな年がやってきました。この一年を健やかに幸せに過ごせますようにの願いを込めて、新年の開運ごはんをご紹介。お米に宿る力を授かって、明るいスタートをきりましょう。


野菜を食べる玄米お粥「potayu」と 省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」とコラボレーション

野菜を食べる玄米お粥「potayu」と 省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」とコラボレーション

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社と、デザイン家電・雑貨メーカー株式会社アピックスインターナショナルは、師走の忙しさを感じるようになってきた中、今は、とにかく、忙しい!そんなみなさまに少しでも手軽に、おいしく、体に優しいものを手に取っていただく機会を作りたいという思いから、今年10月にオープンしたばかりの「one×one 新宿ミロード店」にて、野菜を食べる玄米お粥「potayu」と省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」体験イベントを期間限定で実施します!  ※製造過程においては食品添加物を使用しておりません。


【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

【霜月十一月の開運ごはん】七五三のお赤飯

11月の声が聞こえるとともに、神社で晴れ着姿の親子連れを見かけるようになります。我が子の成長を寿ぎ、長寿や幸福な人生を祈る七五三詣です。 近年は日付にこだわらず11月に行う家庭も多いようですが、本来は鬼が出歩かない日「鬼宿日」とされる11月15日に行うものとされました。


【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

【霜月十一月の開運ごはん】亥の子餅と雑穀ごはん

あっという間に秋は深まり、気がつけば11月。今年のカレンダーも残り2枚となりました。この間まで半袖を着ていたのが信じられないほど肌寒く、ダウンや毛布のあたたかさが恋しくなる頃、まさに冬の入口といったところでしょうか。


最新の投稿


日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

株式会社えだまめは日本酒をアイスクリームに練り込んだ新体験アイスクリーム『SAKEICE(サケアイス)』の新フレーバーとして、茨城県坂東市「特別純米 秀緑」とコラボした【日本酒アイス-秀緑-】を数量限定で販売します。【日本酒アイス-秀緑-】は公式通販サイト、楽天でお買い求めいただけます。


国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

シマダハウス株式会社が運営する フォー専門店 COMPHO(コムフォー)は、 12月15日(水)よりCOMPHO各店でおうちで食べられるフォーの販売をスタートしました。 からだにやさしい国産米の米麺(フォー)と、食品添加物不使用のCOMPHOこだわりの鶏だしスープはお子様にもおすすめ。インスタントラーメンのように簡単にご自宅で調理いただけます。


【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第173回は種籾から出る茎の数についてです。


【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

1月も15日を過ぎると、そろそろ正月気分も落ち着いて通常モードに。この正月15日に古くから行われてきたのが小正月の行事です。年末年始に忙しく立ち働いた女性を労う意味で「女正月」と呼ぶ地方もあるとか。この小正月につきものの「小豆粥」、いったいどんなご利益があるのでしょうか。


【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第172回はササニシキ系の品種についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング