人気ブランド米「ゆめぴりか」通販専門店が手掛ける「鮮度」と「価格」にこだわった八百屋ベンチャー「ヤオハチ」新店舗オープン決定!

人気ブランド米「ゆめぴりか」通販専門店が手掛ける「鮮度」と「価格」にこだわった八百屋ベンチャー「ヤオハチ」新店舗オープン決定!

北海道発の”日本一ゆめぴりかを売った男 藤川欽三"が手掛ける八百屋ベンチャー株式会社やお八は、新店舗オープンの決定に際し、八百屋ブランド「ヤオハチ」新店舗の経営者ポジションを8月2日(月)より10名募集します。店舗経営を通じて“次世代の八百屋ビジネス”を学べる機会を提供します!


八百屋ブランド「ヤオハチ」八百屋業界に革命を起こしたい仲間を募集開始!

「ヤオハチ」は、お米通販専門店「米のさくら屋」で”日本一ゆめぴりかを売った男・藤川欽三"が2021年に創業した北海道発の八百屋ベンチャーです。「最高に美味しい野菜・サービスを届け、日本中にヤオハチのファンをつくり、八百屋No.1になること」をビジョンに掲げ、誰もがおいしく食べれる良質な野菜を、1年中手頃な価格で提供しています。

ヤオハチは青果流通が抱えるムリ・ムダ・ムラを解決すべく、独自の生産農家ネットワークと全国に及ぶ物流網を強みに、卸を介さず仕入れから販売までを一気通貫で行うモデルを構築しました。創業わずか4カ月で7店舗をオープンし、北海道 札幌市に直営店2店舗(栄町店、南平岸店)、FC店5店舗を展開しています。

今後の展望としては、2022年に東京進出、2023年には全国進出を予定しています。さらに2025年までに全国50店舗を目標に、”八百屋業界のユニクロ”をコンセプトに掲げ、生活者に鮮度の良い良質な野菜をリーズナブルな価格で日本国内のお客様に提供していきます。また、2025年には八百屋ベンチャーとして上場することも目標に掲げています。

この目標を達成するため、八百屋ブランド「ヤオハチ」新店舗運営において、店舗経営者および事業幹部候補を8月2日(月)より10名募集します。ヤオハチは共に八百屋業界に革命を起こす仲間を増やし、新規事業の創発・人材育成および組織能力強化を図ります。

▼ヤオハチ人材募集動画

▼ヤオハチ人材募集キービジュアル

採用詳細情報

採用詳細情報に関してはHPよりご覧ください。

ヤオハチ (株式会社米のさくら屋)の求人情報 | 転職・求人「はたらいく」

https://bit.ly/3zVCTMx

ヤオハチ (株式会社米のさくら屋)の求人情報 | 転職・求人「はたらいく」

ヤオハチの特徴

  1. 全国に約500の生産農家ネットワーク
  2. 北海道から本島全域、四国、九州、沖縄でEコマース運営で培った物流網
  3. 従来、農協、市場、仲買、卸問屋を介して農家からお客様まで届けるのに対して、
    やお八では、卸を通さない直接取引で中間マージンをカット
  4. それにより圧倒的な鮮度と価格を実現
  5. ECサイト運営10年で築き上げた信頼と実績

創業者 藤川欽三について

やお八の創業者である藤川欽三は2009年、北海道産のお米「ゆめぴりか」を中心に、厳選した北海道の安心・安全なおいしい物をおとどけするオンラインストア「米のさくら屋」を創業し、2012年、2013年、2015年に「ネットショップ大賞」を受賞しました。その後、2015年に野菜の卸売事業に参入し、既存の青果の流通にはお客様の元に届くまで多数の無駄が存在することに気づきました。「ヤオハチ」は物流の無駄を削減し、コストを抑えつつ鮮度の良い品をお客様に提供することで八百屋業界に革命を起こします。

企業情報

会社名:株式会社やお八
代表者:藤川欽三
設立 :2021年6月18日
所在地:札幌市東区北41条東15丁目3-18
資本金:2,000万円
店舗数:札幌市内7店舗
    (みかほ店、二十四軒店、白石店、豊平店、栄町店、中央店、南平岸店)
公式Instagram:https://www.instagram.com/yaohachi.kinzo_fujikawa/
公式Facebook:https://www.facebook.com/yaohachi.kinzo.fujikawa
公式LINE@アカウント:@162plwao

ゆめぴりか 通販なら 業界初!!『北海道米・ゆめぴりか専門店』米のさくら屋』 

http://yumepirika.com/

北海道産のお米「ゆめぴりか」を中心に、厳選した北海道の安心・安全なおいしい物をおとどけするオンラインストア。ギフト、大量注文にも対応しています。

この記事のライター

関連する投稿


からだが喜ぶふっくら笑顔のおむすび屋さん 「おむすび ごっつ食べなはれ」中目黒店 オープン

からだが喜ぶふっくら笑顔のおむすび屋さん 「おむすび ごっつ食べなはれ」中目黒店 オープン

ベイクルーズグループの株式会社フレーバーワークスは、おむすび専門店「おむすび ごっつ食べなはれ」を5月26日(火)中目黒にグランドオープンしました 「おむすび ごっつ食べなはれ」は、日本文化や素材を大切にする「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」の想いを受け継ぐ、おむすび専門店です。国内農家の「安心安全なお米」と、美味しさを最大限に引き出す「炊きの技」、全国各地の「選りすぐりの具材」をふっくら愛情こめて結びます。 すべては、笑顔と健康のために。「おむすび」を通じて、健やかな食事をお届けします。


「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

「AKOMEYA TOKYO」が6月28日ペリエ千葉にオープン!関連キャンペーンも充実

千葉エリア初出店!サザビーリーグが運営する「AKOMEYA TOKYO」が2018年6月28日(木)ペリエ千葉にグランドオープンします。オープンを記念してプレゼントキャンペーンやノベルティプレゼント企画も実施。この機会に応募してみてはいかがでしょうか。


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


おしゃれごはんカフェ「GOHANYA' GOHAN」でごはんもスイーツも楽しむ

おしゃれごはんカフェ「GOHANYA' GOHAN」でごはんもスイーツも楽しむ

みなとみらいのオフィスビルの入り口にあるごはんカフェ。今年8月にオープンした「GOHANYA' GOHAN」は、かわいいインテリア内装がうれしい、気軽に入れる本格ごはん定食のお店です。


日本のお米ネーミングまとめ

日本のお米ネーミングまとめ

お米の名前は聞くだけで、湯気がホカホカ、米粒がツヤツヤの炊きたてご飯が頭に浮かびますね。そんなお米のネーミングについて由来をまとめてみました。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング