こめ油が好調なJ-オイルミルズに、SDGsの取り組みを聞いてみた!

こめ油が好調なJ-オイルミルズに、SDGsの取り組みを聞いてみた!

今日の油市場においてサラダ油、キャノーラ油に替わる油としてこめ油が話題です。汎用性が高く、サラダ油、キャノーラ油と同等の使い方ができ、また、ビタミンB群を中心としたビタミン類、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、脂質、抗酸化成分などの栄養素が含まれる米ぬか・米胚芽から搾られたこめ油。今回はこめ油の成り立ちの秘密と合わせて、同社のSDGsの取り組みについてさらに深く担当者の方に話を聞いてみることにしました。


『おこめディアgohan』をご覧の方ならご存知の通り今日の油市場においてサラダ油、キャノーラ油に替わる油としてこめ油が話題です。汎用性が高く、サラダ油、キャノーラ油と同等の使い方ができます。また、ビタミンB群を中心としたビタミン類、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、脂質、抗酸化成分などの栄養素を含む米ぬか・米胚芽から搾られた油として注目を浴びています。

このこめ油は各社より製品がリリースされていますが、その一つ・J-オイルミルズの担当者の方によれば「米ぬかから油を摂ることで、食品ロス削減・健康にも寄与するのではないか」「植物油は、油をとった後に出でる粕(かす)もムダにせず、貴重な資源として飼料や肥料などに有効活用される」とのことでした。

他方、SDGsに特化した話では、J-オイルミルズでは「マテリアリティ(大切にしたいこと)」を掲げ、企業としての社会への取り組みも盛んに行っています。

今回はこめ油の成り立ちの秘密と合わせて、同社のSDGsの取り組みについてさらに深く担当者の方 に話を聞いてみることにしました。

業務用のご飯は、油を加えて炊かれることが多かった!?

ーー「使いやすい」「美味しい」と話題となっているこめ油ですが、特にSDGsを意識して開発された商品ではなかったようですね。

J-オイルミルズ担当者(以下、担当者)

はい。家庭用のこめ油は原料由来の健康イメージがあり、どんな料理にも使える汎用性のある油として2015年くらいに話題になりはじめました。当社は2016年に600gタイプの発売を開始し、昨年には大容量で気軽に使える1000gタイプをラインナップに加え、ご好評いただいています。

また、業務用のこめ油のお話をしますと、そもそも従来大量にお米を炊く際、「炊飯器に油を加える」というお客さまもいらっしゃいました。

ーーお米を炊くのに油を? 何故ですか?

担当者

油を適量加えると、炊飯器へのこびりつきを抑え、食品ロス低減や従業員の作業性向上につながります。この際によく使われていた油は、キャノーラ油やコーン油が多かったのですが、まさにお米を炊く際に油を加えるのなら、相性の良いこめ油が最適であろうと考え、2019年に「ごはんのための米油(炊飯用)」を発売しました。実際にお米本来の旨味・甘みも、こめ油を使うことで引き立てることができるため、以降、かなりの評価をいただいています。

もちろん、家庭用同様に米ぬかと米胚芽由来の栄養成分が摂れる栄養機能食品(ビタミンE)なので、栄養系商品の設計にも寄与しており、結果的に健康・環境面でもメリットある商品だと自負しています。

キャノーラ油などに比べれば、どうしても価格は上がってしまいます。ただし、他の油に比べて相対的に考えると、こめ油のデメリットというのは思いつきません。

家庭用の「AJINOMOTO 健康こめ油」600gUDエコペット(J-オイルミルズ)

業務用の「JOYL PRO ごはんのための米油(炊飯用)」(J-オイルミルズ)

「JOYL PRO」シリーズは、「一人ひとりの食のJoyに寄り添い調理現場のサステナビリティをサポートする」をコンセプトとする業務用油脂の新ブランドです。

いずれのこめ油も、キャノーラ油などよりも価格高め。ただし、環境・健康面でのデメリットはないとのこと

こめ油は、米ぬかと米胚芽由来の栄養成分が期待できる!

ーーこめ油はどのようにして出来上がるのでしょうか。

担当者

こめ油だけでなく、大豆をはじめとする植物原料から効率よく油を取り出すには大きく3つの方法があります。(1)圧搾法・(2)抽出法・(3)圧抽法なのですが、このうち、当社のこめ油は主に(2)の抽出法によって米ぬかから製造します。

植物原料から油を取り出す抽出法のフロー

こめ油の原料となる米ぬか

担当者

そもそも米ぬかには20%程度の油分が含まれていますが、油を絞った後の脱脂粕は貴重な資源として飼料や肥料などに有効活用されています。一方、油はこの副産物として摂れるものです。

こめ油はオレイン酸が豊富で酸化安定性がありますので、劣化を抑えることができます。この点はSDGs的と言っても良いかもしれません。

こめ油の脂肪酸組織グラフ。健康効果があると言われるオメガ9系に属し、酸化安定性も高いオレイン酸が4割以上も含まれていることがわかります

CO₂削減に特化させた業務用油も開発!

ーー確かに油製品は、確かに酸化することで消費しすぎてしまう印象があります。この点、J-オイルミルズではどんな風に考え取り組まれていますか?

担当者

通常の油より長持ちさせるための油などを業務用で開発し好評を得ています。「長徳®」という商品シリーズで、これはこめ油ではないのですが、キャノーラ油や白絞油、サラダ油など、多様な商品を取り揃えています。この「長徳®」シリーズは実にサステナブルであり、環境面でも特に優しい油だと自負しています。

20%CO₂削減効果で国際規格準拠の「CFP」マークを取得した業務用キャノーラ油「『長徳®』キャノーラ油 16.5kg缶」(J-オイルミルズ)

業務用食用大豆油の「すごい長徳」(J-オイルミルズ)

ーーどんな点が「環境に優しい」のですか?

担当者

まず、油の原料として100使っていたものに対し、仮に3割長持ちさせることができれば、使用する原料を70に抑えることができます。また、この油を製造・配送することに対しても同じように削減することができます。これにより、それまで100だったC0₂の排出量を、削減することができるというものです。

『長徳®』キャノーラ油 16.5kg缶は、今年5月にはCFP(カーボンフットプリント=事業者がサプライチェーンを構成する企業間で協力して更なるCO₂排出量削減を推進している証)の認証マークを取得しました。

ーーCFPは、必ず第三者機関が測定したデータがないと得られないものです。

担当者

はい。まさに数値的な削減効果を測定していただき、原料調達・生産・流通・お客さまの廃棄の過程で、現状では20%のCO₂を削減できる認証をいただきました。

J-オイルミルズのSDGsの取り組みはさらなる未来へ!

ーーこの他にもJ-オイルミルズではサステナビリティについて、サイトでも詳細に考え方や取組みなどを説明しています。

担当者

細部は弊社のサイトをご覧いただきたいですが、J-オイルミルズグループでは今年4月にスタートした新しい経営計画の中でサステナビリティについても大きく目標を掲げています。

また、商品そのものの話で言うと、紙パック容器を採用するなどの取り組みも始めています。油はプラスチックボトルが多いのですが、紙パックにすることでプラスチックの使用削減を目指したいと思っています。

これらの取り組みによって、環境に優しく、お客さまの健康面にも寄与できる商品作りに、より一層力を注いでいきたいと考えています。


今年4月より新しくなったJ-オイルミルズのJOYLロゴ。グリーンの油滴には「つなげる」「究める」「創る」という思いが込められているそうです


こめ油の開発のきっかけはSDGsを意識したものではなかったものの、結果的にデメリットが考えられない環境・健康面にも寄与できる商品だったことがわかりました。また、J-オイルミルズが実践するサステナブルな取り組みは、実に有意義なことのように思いました。

お米ファンの皆さん、今回の記事を是非ご参考にしていただきながら、こめ油をお使いいただきながら、改めてSDGsとは何かを考えられてみてはいかがでしょうか。

J-オイルミルズのサイト
「サステナビリティ」ページ

サステナビリティ|JOYL - J-オイルミルズ

https://www.j-oil.com/sustainability/

J-オイルミルズのサステナビリティ「サステナビリティ」のご説明ページです。

この記事のライター

音楽事務所、出版社勤務などを経て2001年よりフリーランス。2003年に編集プロダクション・decoを設立。出版物(雑誌・書籍)、WEBメディアなど多くの媒体の編集・執筆にたずさわる。エンタメ、音楽、カルチャー、 乗り物、飲食、料理、企業・商品の変遷、台湾などに詳しい。台湾に関する著書に『パワースポット・オブ・台湾』(玄光社)、 『台北以外の台湾ガイド』(亜紀書房)、『台湾迷路案内』(オークラ出版)などがある

関連する投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

北海道当別町の生産法人ライスター弁華が”子供や孫の世代にも、美しい水田を残したい”という想いを込めて育てた、収穫直後のお米をミツハシへ直送、とれたてのおいしさをパックしました。 まさに農家の特権「とれたて」のお米。9月末までの限定販売で、今だけ、ここだけでしか味わえない商品です。


「お米をプラにするなんてけしからん!」……苦節20年、誤解を乗り越え、やっと時代がついてきたバイオマスレジン南魚沼の取り組み

「お米をプラにするなんてけしからん!」……苦節20年、誤解を乗り越え、やっと時代がついてきたバイオマスレジン南魚沼の取り組み

先月ご紹介したお米由来のバイオマスプラスチック(ライスレジン)を使ったピープル製のおもちゃ。この素材は全て、バイオマスレジン南魚沼という会社による製品です。主に廃棄米を原料としたもので、SDGs的観点から見ても画期的な試みと言って良いでしょう。今回は同社の変遷と、現在のお米由来のバイオマスプラスチックについて同社企画営業部の杉原孝行部長に話を聞きました。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング