賞味期限切れの廃棄米を「紙」に再生させた「kome-kami」とは!?

賞味期限切れの廃棄米を「紙」に再生させた「kome-kami」とは!?

世界的に広まりつつあるSDGs。我々日本人が主食とするおこめも「持続性ある未来」に向けて様々な取り組みがスタートしています。今回は株式会社ペーパルが開発した、廃棄されたお米を活用してできた紙素材「kome-kami」(コメカミ)についてご紹介します。


廃棄米を「紙」として再生させる「kome-kami」

廃棄米を「紙」として再生させる「kome-kami」

ご存知の通り、お米にも賞味期限があります。家庭用として日常的にいただくお米であれば、ある程度、調整しながらお米のロスをなくすことはできますが、災害用備蓄食品として流通しているお米の場合、使用する機会が読めないこともあり、どうしても廃棄を余儀なくされるものも少なくないようです。

ある意味、「災害が起きなかったことでもあるから仕方ない」と思えなくもないですが、しかし農家の方々が大変な思いをして作ってくださったお米です。無駄に廃棄するのはやはりどうも気が引けます。
そんな災害用備蓄食品のうち、賞味期限切れなどでやむを得ず廃棄することになったお米に対し「なんとかしたい」と立ち上がったのが、関西全域を中心に紙の販売事業を行うペーパルという会社です。

全国各地の災害用備蓄食品の廃棄米を集め、「紙」として再生させる取り組みを行い「kome-kami」としてブランド化。製紙・印刷業界でも注目を浴びているそうです。

今回はペーパル代表で、「kome-kami」の取り組みに尽力する矢田武博さんに話を伺いました。

株式会社ペーパル・代表取締役の矢田和也さん。本来の製紙関連事業に加え、「食品ロスをなくす世界を目指していきたい」とのことです。

お米を大量の紙に転じるのは前例のない試みだった

ーーまず、日本でのお米の廃棄状況からお聞かせください。

矢田武博さん(以下、矢田) 食品廃棄物の推計量は2842万トンで、このうち、本来食べられたはずなのになんらかの事情で捨てられる、いわゆる「食品ロス」は646万トンと言われています。もちろん、この中にお米も相当数含まれているわけですが、ただし災害用備蓄食品はこの中には含まれていません。

毎日新聞社のアンケートによれば、全国47都道府県と20政令都市では2010~2015年まで3億円にものぼる備蓄食料を廃棄したという話もあり、ここでもやはりお米は相当数捨てられているということになります。

備蓄食料のお米の賞味期限は5年くらいと言われていますが、言い換えると5年間災害が起きなかった場合はその都度捨てられていくことになります。各組織は配布するなどの対策を行っていますが、どうしてもロスは出てしまうのが現状です。

特に昨年はコロナ禍で配布する機会がなくなり、ロスが増えたそうです。これは実にもったいないことですし、なんとかできないと思い、今回の「kome-kami」の構想に至りました。

ーー従来、こういった備蓄米はどのように処分されていたのでしょうか?

矢田 購入した業者に引き取ってもらい処分してもらうか、廃棄業者さんに頼んで処分してもらうかが多かったようです。

当初は、私自身もこういった現状を知らなかったし、特別フードロスに問題意識を持っていたわけではありませんでした。しかし、ある企業体験イベントで出会った滋賀大の教授の方がフードバンクの顧問をやられていた関係で、この現状を知りました。たまたま私自身が紙業界にいたので「なんとかしたい」と思い、「廃棄米を紙に再生する」ことを思いつきました。

ーー「お米を紙にする」といった事例は過去にあったのでしょうか?

矢田 大々的にお米を紙に再生させる取り組みは我々が初めてでした。しかし、過去に「あずきを紙にした」といった事例を聞いたことがあったので、「お米もなんとかなるだろう」と始めてみることにしました。

収集した廃棄されるはずだった備蓄米

試行錯誤の末、廃棄米を粉砕しパルプと混ぜて紙へ

ーーどのような工程を踏んで、お米を紙にしていくのでしょうか?

矢田 まず、集めてきた備蓄用の廃棄米を粉砕します。それをパルプに混ぜ一体化させた上で紙にするというものです。

しかし、最初はなかなかうまくいきませんでした。お粉砕させるための機械にお米を入れると、傷つき劣化が早まるといった問題があり、全国の加工メーカーさんに問い合わせたのですが、「難しい」といった返答が大半でした。そんなことを1年弱くらい繰り返していたのですが、お米を細かく粉砕していただける業者さんを見つけ、「kome-kami」というブランドのスタートではそこにお願いしています。ただし、まだ試行錯誤の途中で今後、さらに生産を重ねていく際は、どうなっていくかわからない状況です。

ーーなかなか大変そうですが、そもそもの廃棄されるはずだったお米の収集はどのようにして行われているのですか?

矢田 様々なルートがあるのですが、一つは各自治体さんに直接問い合わせて、トラックで備蓄用だった廃棄米を取りに行くというもの。また、フードバンクさんからもらったけど、配りきれないようなものをいただくもの。さらに農家さんなどで食用としては使えないし、使い道がないから「もらってくれ」というものなど。このように様々なルートで廃棄米を調達しています。

廃棄米を機械で粉砕する様子

パルプと混ぜ、一体化させます

廃棄米を活用した紙の完成!

お米の質感とたくましさが、そのまま紙に反映された!

ーー実際にお米を再生した「kome-kami」の紙を手にしましたが、表面の風合いが特徴的ですね。良い意味でザラッとした風合いでありながら、お米のような艶やかな印象もあります。

矢田 面白い紙に仕上がっていると思います。確かにラフな風合いな紙ですけど、しっとりしている質感で、広まってくれれば好んでいただける方は多いのではないかと思っています。

ーー特に強度面ではいかがでしょうか? なんとなくお米由来の紙なので、「強度がありそう」というイメージを抱いていますが。

矢田 具体的にはわかりませんが、デンプン質が入っているので強い方向に働く紙だと思います。それでいてしっとりしているため、印刷の乗りも良いです。ラフでコートしていない紙ですので、印刷では多少色が沈む傾向がありますが、調整すれば綺麗にインクが入るはずですし、沈んだ風合いを求める場合でも対応できると思います。

ーー存在価値としても、汎用性に富んだお米と通じる、使い勝手の広い紙に仕上がったわけですね。

矢田 はい。今はまだ薄い紙しか作れていませんが、今後は箱に使えるような厚い紙とかにも挑戦していきたいと思っています。

独特の風合いがかわいらしく、またたくましくも映る「kome-kami」の紙は汎用性にも富んでいます

特殊紙ではあるが、市場から逸脱しない価格帯をキープ

ーーただし、こういった前例がなくロット数も限られたものはえてして高額にもなりがちです。「kome-kami」の価格帯はいかほどでしょうか?

矢田 現状では、確かに高額帯の紙にはなってしまいますが、流通している紙よりもはるかに高いわけではありません。一般的な特殊紙と同等の価格を維持しています。

この点も実はかなり気をつけたところでした。あまりにも紙が高くなってしまうと、せっかくの取り組みが浸透していきませんし、それこそ目的を達成することができません。市場から逸脱しないような価格帯で作ることも重要な条件として考えています。

ーーまだスタートしたばかりの取り組みですが、すでに反響も多いようですね。

矢田 応援のお言葉は毎日のようにいただいております。「こういう取り組みは本当に素晴らしい」と、お電話をくださる方がいらしたり、また個人の農家の方や一般の主婦の方が「うちにも捨てるお米があるから、もらってくれないか」など。

ーーこれからさらに浸透していくことで、「kome-kami」の取り組みが広く認知され、さらに多くの人にとっての食品ロスの意識向上にも繋がると良いですね。

矢田 はい。そうなってくれることを思って、今後も続けていきたいと思っています。

SDGsの「つくる責任、つかう責任」、「気候変動に具体的な対策を」に寄与

ーーSDGsには様々なカテゴリー、目標が掲げられていますが、「kome-kami」の試みはどれに当てはまるものだと考えていますか?

矢田 SDGsが提唱する「持続可能な開発目標」の12「つくる責任、つかう責任」、そして13の「気候変動に具体的な対策を」の達成に寄与するものだと考えています。今後はこういったお米由来の紙を、プラスチックに代替するようになれば「海を守る」ということにもつながり、より良くなるはずだと思っています。

ーー目下の課題や、今後の展望がありましたら最後にお聞かせください。

矢田 最終的に目指すところは食品ロスをなくすことです。現時点では、様々な食品流通の中で、食べられずに廃棄される食品がありますが、これを減らしていけるよう、またそこに寄与できるようにしていきたいと思っています。 私どもは紙の仕事をしていますので、どうしても紙を中心に考えますが、この「kome-kami」が広まり、結果的に食品ロスをなくす社会作りに貢献できれば良いなと考えています。

「kome-kami」のフロー。今後もさらなる展開に期待大です。

現在、「kome-kami」製品の第1回のクラウドファンディングでの販売は終了していますが、今後も定期的にリリースされていくそうです。

お米好きの皆さん、是非最新情報をチェック・利用してみてください。そのこともまたSDGsに寄与することにもなりますよ!

紙の卸・卸問屋は株式会社ペーパル

http://www.pepal.co.jp/

紙の卸・卸問屋をお探しなら株式会社ペーパルへおまかせください。自社倉庫の豊富な在庫から、奈良を中心に大阪、京都、滋賀、兵庫、和歌山の近畿圏内はもちろん三重まで安価で迅速にお届けします。

食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売 | おこめディア gohan

https://gohan.life/articles/692

株式会社ペーパルは、廃棄されたお米を活用してできた紙素材「kome-kami」(コメカミ)を2021年2月に開発しました。2021年4月14日から応援購入サイト「Makuake」にてkome-kamiを使ったノート・名刺の商品を販売します。 有償廃棄される災害用備蓄食品のお米や食べられないお米をパルプに配合しており、素材の売上の1%をフードバンクに寄付することで、フードロス問題の解決を目標とします。

この記事のライター

音楽事務所、出版社勤務などを経て2001年よりフリーランス。2003年に編集プロダクション・decoを設立。出版物(雑誌・書籍)、WEBメディアなど多くの媒体の編集・執筆にたずさわる。エンタメ、音楽、カルチャー、 乗り物、飲食、料理、企業・商品の変遷、台湾などに詳しい。台湾に関する著書に『パワースポット・オブ・台湾』(玄光社)、 『台北以外の台湾ガイド』(亜紀書房)、『台湾迷路案内』(オークラ出版)などがある

関連する投稿


食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

株式会社ペーパルは、廃棄されたお米を活用してできた紙素材「kome-kami」(コメカミ)を2021年2月に開発しました。2021年4月14日から応援購入サイト「Makuake」にてkome-kamiを使ったノート・名刺の商品を販売します。 有償廃棄される災害用備蓄食品のお米や食べられないお米をパルプに配合しており、素材の売上の1%をフードバンクに寄付することで、フードロス問題の解決を目標とします。


rebake グルテンフリーのパン・焼き菓子の定期便開始

rebake グルテンフリーのパン・焼き菓子の定期便開始

パンの廃棄をなくすお取り寄せプラットフォームrebake(運営:合同会社クアッガ)は、地産地消を推し進めるべくグルテンフリーのパン,焼き菓子の定期便を開始します。


最新の投稿


【お米クイズ】第147回:イネの穂について

【お米クイズ】第147回:イネの穂について

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第147回はイネの穂についてです。


~食べる美容液 ライスパワー®配合ジュレ~『米肌』から、ブランド初となるインナーケアアイテムを発売

~食べる美容液 ライスパワー®配合ジュレ~『米肌』から、ブランド初となるインナーケアアイテムを発売

コーセープロビジョン株式会社は、通販ブランド『米肌(まいはだ)』から、「ライスパワー® No.103」を配合した、ブランド初となるインナーケアアイテム「ライスパワー ジュレ」を、2021年9月1日に発売します。


【お米クイズ】第146回:イネの高温障害

【お米クイズ】第146回:イネの高温障害

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第146回はイネの高温障害についてです。


【文月七月の開運ごはん】元気回復!半夏生のたこ飯

【文月七月の開運ごはん】元気回復!半夏生のたこ飯

文月七月、一年の後半戦がスタートする頃となりました。 新暦の七月七日は七夕にあたりますが、実際の季節はまだ梅雨の最中。星空を見上げるには厳しいかもしれませんが、笹飾りに願いを込めた短冊を吊るすのは、楽しいものです。


ビールのスタウトをモチーフに、米麹を焙煎機でローストしたSake「おこめのスタウト」を6月25日より発売

ビールのスタウトをモチーフに、米麹を焙煎機でローストしたSake「おこめのスタウト」を6月25日より発売

株式会社haccobaが2021年2月に立ち上げた酒蔵「haccoba -Craft Sake Brewery-(ハッコウバ)」から、新商品が登場。東北に伝わる幻のどぶろく製法 “花酛(はなもと)” とビールのスタイル “スタウト(黒ビール)” をかけ合わせたSake「おこめのスタウト」を、6月25日より数量限定で販売します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング