【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

山が新緑に輝き、さわやかな風が吹き抜ける五月。青い空に鯉のぼりが元気よくはためく頃となりました。5月5日は二十四節気の立夏となり、暦の上ではもう夏が始まります。 心地よい天候とは裏腹に、こうした季節の変わり目には誰しも体調を崩しがちです。古くから伝わる難避け厄除けの食べ物には、節目節目を健やかに過ごせるようにという祈りがこもっているに違いありません。


5月5日といえば端午の節句。古くは中国で5月5日の節句日に、菖蒲などの薬草を刻み酒に混ぜて飲み厄除けとしていたという記録があります。それが日本では宮中行事として取り入れられ、やがて端午の節句に菖蒲や蓬などの薬草で作った薬玉を贈り合うようになったと伝わっています。

もともと日本には、この時期に田植え前に穢れを払い清める「五月忌み」という習わしがあったと言います。田の神を迎えて行われる田植えは神聖な儀式であり、それを執り行う早乙女が精進潔斎のため、田植え前に菖蒲や蓬で屋根を葺いた家に籠もったのだとか。

菖蒲や蓬を軒先に吊るす習わしや菖蒲湯は、こうしたところに起源があるのでしょう。


端午の節句に欠かせないのが、ちまき。笹で巻いたちまきは、やわらかい餅生地に笹の香りがほのかに移り、初夏を感じさせます。実はこのちまき、中国の故事にちなんだもの。難避けの縁起物として知人や親戚に配る風習があり、それが節句行事と一緒に日本に伝わったのだと言われています。

笹は防腐や抗菌に良いとされる成分が含まれており、日本では古くから暮らしに取り入れられてきました。急に気温が上がり食べ物にも気を使わなければならないこの時期、笹を使うことは実に理にかなっています。
コロナ禍の今だからこそ難避け厄除けを願って、先人の知恵と健康への祈りが詰まったちまきを食べてみませんか。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

5月21日は二十四節気の小満。季節は夏へと向かい、気温も一気に駆け上がります。田植えされた苗は日を追うごとにグングンと伸びて、水田はみるみるうちに瑞々しい緑色に。山の緑も勢いを増し、鳥はさかんに囀り、虫も空を飛び交い、すべての生きものが生命力を謳歌しています。


【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

田畑を潤し百穀の芽吹きを促す春の雨。二十四節気「穀雨」にあたるこの時期、私たちの身体も心も新陳代謝を求めています。必要なのは、冬籠もりの間に溜まった不要なものを排出し心身の流れをよくする食養生。玄米ごはんや山菜、春野菜でデトックスして、すっきり晴れやかな毎日を!


【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

お花見はもともと、桜の木に宿る田の神に豊作を祈る行事が起源。待ちに待った春の訪れを祝う気持ちや、これからを実りあるものにしたいと願う気持ちは、今も昔も変わりありません。可憐な桜にぴったりの手毬寿司でお花見気分を堪能、新たな季節に向かう気持ちも盛り上げていきましょう。


爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二候」5月の暦

爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二候」5月の暦

山は新緑に輝き、薫風吹き渡る五月。新型コロナウイルスの感染拡大は未だ先の見えない状況ではありますが、そんな時でもいつもと変わりなく季節はめぐってきます。「ステイホーム」が必要な今だからこそ、身近な自然や季節の小さな変化を感じながら暮らしてみませんか。 そんな暮らしの目安となるのが「二十四節気七十二候」。古代中国から日本に伝わり長らく親しまれてきた暦を知って、家で過ごす時間をもっと心豊かなものにしていきましょう。


【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

気持ちいい晴れの日が続く五月は、食欲も旺盛。白いごはんにいろいろな具材を加えると、ますますご飯が進みます。炊き込みご飯、お赤飯、チャーハン、ピラフ、おかゆ・・・・。ところで「炊き込みご飯」と「かやくご飯」、何が違うんでしょう?


最新の投稿


糀なのに爽やか!秋田発、新感覚のノンアル糀ドリンク「KOJI CLEAR」

糀なのに爽やか!秋田発、新感覚のノンアル糀ドリンク「KOJI CLEAR」

Es Inc.は、2021年5月25日(火)から、糀を使った新しい発酵飲料「KOJI CLEAR(コージクリア)」の量産に向けた応援購入を募るクラウドファンディングプロジェクトを応援購入サービス「Makuake」で開始しました。Es Inc.は、糀を原材料としながら、従来の米粒が入った白濁した甘酒とは異なり、透明な液体で糖度が15度以下の飲料を”コージドリンク”と定義して、これまでにない新しいソフトドリンクの新ジャンルとして発信しています。


【お米クイズ】第141回:自然の力を借りる農法

【お米クイズ】第141回:自然の力を借りる農法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第141回は自然の力を借りる農法についてです。


日本産じゃがいもにこだわる湖池屋から “日本米”にこだわった「おこめ心地」誕生!

日本産じゃがいもにこだわる湖池屋から “日本米”にこだわった「おこめ心地」誕生!

株式会社湖池屋は、あらびき米と細びき米をブレンドした日本産の米を100%使用し、かろやかに揚げた「おこめ心地 海老しお」と「おこめ心地 柚子ちりめん」を、じゃがいも本来のおいしさにこだわりをもつ「じゃがいも心地」の姉妹ブランドとして、2021年5月24日(月)より全国コンビニエンスストア、5月31日(月)より全国スーパーマーケット等、一般チャネルにて発売開始しました!


【米粉パンのサブスク】グルテンフリー米粉パンを《毎月・定額》でお届け。おこめパンのお店★ちいさなほしが subsc にオープン!

【米粉パンのサブスク】グルテンフリー米粉パンを《毎月・定額》でお届け。おこめパンのお店★ちいさなほしが subsc にオープン!

株式会社 現代経営技術研究所が運営するサブスクリプション形式(月額制)のオンライン・ショッピングモール subsc に、「おこめパンのお店★ちいさなほし」(こかげカフェ/新潟県新潟市)が新規オープンしました。


アップグレードした“ご泡火炊き”で土鍋ごはんのおいしさを再現 圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>ご泡火炊きJPL-G100新発売

アップグレードした“ご泡火炊き”で土鍋ごはんのおいしさを再現 圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>ご泡火炊きJPL-G100新発売

熱制御テクノロジーで世界をリードするタイガー魔法瓶株式会社より、<炊きたて>シリーズ50周年記念モデルJPL型の最新機種「土鍋圧力IHジャー炊飯器<炊きたて>土鍋ご泡火(ほうび)炊き JPL-G100」が2021年6月21日に発売されます。 昨年で50周年を迎えた<炊きたて>シリーズ史上、最高傑作として誕生したJPL-A 型よりさらに進化しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング