【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

お花見はもともと、桜の木に宿る田の神に豊作を祈る行事が起源。待ちに待った春の訪れを祝う気持ちや、これからを実りあるものにしたいと願う気持ちは、今も昔も変わりありません。可憐な桜にぴったりの手毬寿司でお花見気分を堪能、新たな季節に向かう気持ちも盛り上げていきましょう。


日本人にとって桜の開花は、待ちに待った春を告げるもの。各地のお城や川土手、公園で咲き誇る桜の映像を見ていると、心がぱぁっと華やかに色づく気がします。開花は年を追うごとに早まっていますが、4月は満開から桜吹雪へと移りゆく美しさを満喫できる時期。今年は家族や親しい人と花の下をそぞろ歩いてはいかがでしょうか。

今、私たちが「花見」と称して愛でている桜の多くはソメイヨシノ。江戸時代末期から明治時代の初めに染井村で生み出された栽培品種です。ソメイヨシノは接ぎ木によって増える、いわばクローンですから花の色や咲く時期もほとんど同じ。一斉に咲きそろう様子が好まれ、日本各地で植樹されました。以来、私たちにとって身近な花となり、春の象徴となったわけです。

そもそも、花見は米作りをはじめとする農業と深く関わる行事でした。古来、日本では桜は山の神の降りてくる依代であり、桜に降り立った山の神は農事を加護する田の神となるとされてきました。
冬枯れの山に点々と白く灯りを点すように咲く山桜は、とても目を引くものだったのでしょう。花が咲くと村総出で野山に出かけて桜に酒やご馳走をお供えし、そのお下がりを一同でいただいて豊作を祈ったのだとか。

今年はコロナ禍の影響で今までのように花の下で宴会を開くことはできませんが、だからこそ神の宿る桜の花に世の平安を願いたいもの。花を愛でつつ歩いたら、手毬寿司のお弁当でひと休み。
ひと口サイズで手軽に食べられる手毬寿司は、かわいらしく華があってお花見にぴったり。作り方も実は簡単です。炊き立てごはんにすし酢を混ぜて冷ましたら、ひと口サイズ分の酢飯をスモークサーモンやハム、薄焼き卵などで包み、さらにラップで包んで丸めます。市販のシャリ玉を使えば、さらに簡単。
かわいい手毬寿司で、開運お花見を楽しみましょう。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

5月21日は二十四節気の小満。季節は夏へと向かい、気温も一気に駆け上がります。田植えされた苗は日を追うごとにグングンと伸びて、水田はみるみるうちに瑞々しい緑色に。山の緑も勢いを増し、鳥はさかんに囀り、虫も空を飛び交い、すべての生きものが生命力を謳歌しています。


【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

【皐月の開運ごはん】風薫る端午の節句のちまきで難避け厄払い

山が新緑に輝き、さわやかな風が吹き抜ける五月。青い空に鯉のぼりが元気よくはためく頃となりました。5月5日は二十四節気の立夏となり、暦の上ではもう夏が始まります。 心地よい天候とは裏腹に、こうした季節の変わり目には誰しも体調を崩しがちです。古くから伝わる難避け厄除けの食べ物には、節目節目を健やかに過ごせるようにという祈りがこもっているに違いありません。


【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

【卯月の開運ごはんII】身体と心を癒し落ち着ける、穀雨の食養生 発芽玄米ご飯

田畑を潤し百穀の芽吹きを促す春の雨。二十四節気「穀雨」にあたるこの時期、私たちの身体も心も新陳代謝を求めています。必要なのは、冬籠もりの間に溜まった不要なものを排出し心身の流れをよくする食養生。玄米ごはんや山菜、春野菜でデトックスして、すっきり晴れやかな毎日を!


鮮度にこだわりぬいた筍で作った、千葉市原・大多喜、京都京丹波、佐賀唐津の筍ごはんの素4種類を限定発売!

鮮度にこだわりぬいた筍で作った、千葉市原・大多喜、京都京丹波、佐賀唐津の筍ごはんの素4種類を限定発売!

鮮度にこだわりぬいた筍で作った「まぜごはんの素 千葉南いちはらの筍」「まぜごはんの素 千葉大多喜の筍」「まぜ ごはんの素 京都京丹波の筍」「まぜごはんの素 佐賀唐津の筍」を期間・数量限定で今年も販売します!外出できない今だからこそ、自宅で各地の筍ごはんを食べて味の小旅行のような気分を感じてください!


春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二侯」4月の暦

春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二侯」4月の暦

「二十四節気七十二侯」という言葉をご存知ですか? 太陽の動きをもとに一年を二十四等分して季節の節目を表したものが「二十四節」。それをさらに三等分したのが「七十二侯」です。古代中国で考え出されて日本に渡り、長い年月を経て日本の気候風土に合わせて改良されて、季節の移ろいを知る目安や農作業の目安として親しまれてきました。 季節や旬を忘れがちな現代、「二十四節気七十二侯」を知って、もっと心豊かな日々を送りましょう。


最新の投稿


食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

株式会社ペーパルは、廃棄されたお米を活用してできた紙素材「kome-kami」(コメカミ)を2021年2月に開発しました。2021年4月14日から応援購入サイト「Makuake」にてkome-kamiを使ったノート・名刺の商品を販売します。 有償廃棄される災害用備蓄食品のお米や食べられないお米をパルプに配合しており、素材の売上の1%をフードバンクに寄付することで、フードロス問題の解決を目標とします。


1420Wの大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用のジャー炊飯器、全6機種発売

1420Wの大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用のジャー炊飯器、全6機種発売

東芝ライフスタイル株式会社は、大火力と多段階火力調節により、一粒一粒ふっくらとした甘みのあるご飯に炊き上げる「炎 匠炊き(ほのおたくみだき)」採用の真空圧力IHジャー炊飯器「RC-10VXR」など、全3シリーズ6機種を6月上旬より順次発売します。 今回、お米7銘柄に合わせて炊き分ける「銘柄炊き分け」機能を高級モデルのRC-VXRシリーズに新搭載。RC-VSR・RC-VRRシリーズでは、RC-VXRシリーズ同様に、業界トップクラス(※1)1420Wに大火力化させ、炊飯時間を短縮しておいしいご飯を炊き上げます。


【お米クイズ】第137回:作況指数

【お米クイズ】第137回:作況指数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第137回は作況指数についてです。


【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

5月21日は二十四節気の小満。季節は夏へと向かい、気温も一気に駆け上がります。田植えされた苗は日を追うごとにグングンと伸びて、水田はみるみるうちに瑞々しい緑色に。山の緑も勢いを増し、鳥はさかんに囀り、虫も空を飛び交い、すべての生きものが生命力を謳歌しています。


デカフェの新星・玄米だけでつくる日本生まれの新しい飲みもの【玄米デカフェ】

デカフェの新星・玄米だけでつくる日本生まれの新しい飲みもの【玄米デカフェ】

コーヒー?玄米茶?紅茶? いいえ、そのどれでもありません。 ​日本うまれ日本らしい​完全ゼロカフェインの"玄米デカフェ"です。 完全ゼロカフェインで、お米の甘みがありながらコーヒーのような苦味、そして玄米の芳ばしい香りが楽しめます。また、お米の銘柄毎に焙煎しているので、その味の違いも楽しめます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング