【お米クイズ】第151回:寒さとお米の収量

【お米クイズ】第151回:寒さとお米の収量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第151回は寒さとお米の収量についてです。


【第151回】問題:寒さとお米の収量

お盆も過ぎ夏の終わりが近づいてきました。
今年の夏は危険なほどの暑さが続いたかと思いきや、停滞する秋雨前線の影響で先週から記録的な大雨となり、各地で厳重な警戒が続いています。この大雨の期間は全国的に日中の気温も上がっておらず、5日連続で猛暑日地点ゼロ、真夏日地点も100地点以下となりました。真夏日地点が5日以上連続して100地点以下なのはこの10年間なかったそうです。

そんな時に気になるのはお米の収量です。お米の穂が出る時期にあまりに寒いと実が十分に稔らないのですが…。

問題
さて、ここで問題です。
寒さとお米の出来具合等について正しく述べているものを、次のア~エから選び、記号でお答えください。

ア.東北地方のうち、特に日本海側がやませという風の影響で気温が上がらない。

イ.寒い時期が続くとかえって稲の病気は少なくなる。

ウ.気温が上がらない時期には、田んぼの水を深くはって稲を守る方法がある。

エ.こういった冷害が起こると、東北地方の作況指数は上がってしまう。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「気温が上がらない時期には、田んぼの水を深くはって稲を守る方法がある。」でした!

夏に東北地方の太平洋側にふく冷たい風をやませと言います。稲が寒さの影響で稔りが悪くなる被害を冷害と言いますが、東北地方で起こる場合はたいていはこのやませが原因です。
また低温、長雨が続くと田んぼではいもち病という病気が流行り、米の収量が落ち込んでしまいます。

こういった冷害から稲を守るには、例えば田んぼを深水で管理する方法があります。水を深くはることにより稲を外気よりも暖かい状態にして守るのです。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第173回は種籾から出る茎の数についてです。


【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第172回はササニシキ系の品種についてです。


【お米クイズ】第171回:エアー除草とは

【お米クイズ】第171回:エアー除草とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第171回はエアー除草とは、です。


「かわいすぎる!」「すごいアイデア!」と話題沸騰のおにぎりアートがついに単行本化!『OH!ざわつくおにぎり』発売!

「かわいすぎる!」「すごいアイデア!」と話題沸騰のおにぎりアートがついに単行本化!『OH!ざわつくおにぎり』発売!

「かわいすぎる!」「すごいアイデア!」と話題沸騰のおにぎりアートがついに単行本化されました。 SNSやテレビ情報番組などでも大反響!とにかく楽しい! さらにおいしい! 不思議なおにぎりアートをご賞味あれ!


【お米クイズ】第170回:米屋の販売方法

【お米クイズ】第170回:米屋の販売方法

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第170回は米屋の販売方法についてです。


最新の投稿


日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

日本酒アイス専門店『SAKEICE(サケアイス)』から茨城県坂東市「特別純米 秀緑」を使用した【日本酒アイス-秀緑-】がカップアイスで数量限定販売!

株式会社えだまめは日本酒をアイスクリームに練り込んだ新体験アイスクリーム『SAKEICE(サケアイス)』の新フレーバーとして、茨城県坂東市「特別純米 秀緑」とコラボした【日本酒アイス-秀緑-】を数量限定で販売します。【日本酒アイス-秀緑-】は公式通販サイト、楽天でお買い求めいただけます。


国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

国産米麺フォー専門店 COMPHO おうちで気軽に食べられるフォーを販売開始

シマダハウス株式会社が運営する フォー専門店 COMPHO(コムフォー)は、 12月15日(水)よりCOMPHO各店でおうちで食べられるフォーの販売をスタートしました。 からだにやさしい国産米の米麺(フォー)と、食品添加物不使用のCOMPHOこだわりの鶏だしスープはお子様にもおすすめ。インスタントラーメンのように簡単にご自宅で調理いただけます。


【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

【お米クイズ】第173回:種籾から出る茎の数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第173回は種籾から出る茎の数についてです。


【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

【睦月一月の開運ごはん】小正月の小豆粥

1月も15日を過ぎると、そろそろ正月気分も落ち着いて通常モードに。この正月15日に古くから行われてきたのが小正月の行事です。年末年始に忙しく立ち働いた女性を労う意味で「女正月」と呼ぶ地方もあるとか。この小正月につきものの「小豆粥」、いったいどんなご利益があるのでしょうか。


【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

【お米クイズ】第172回:ササニシキ系の品種

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第172回はササニシキ系の品種についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング