【お米クイズ】第151回:寒さとお米の収量

【お米クイズ】第151回:寒さとお米の収量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第151回は寒さとお米の収量についてです。


【第151回】問題:寒さとお米の収量

お盆も過ぎ夏の終わりが近づいてきました。
今年の夏は危険なほどの暑さが続いたかと思いきや、停滞する秋雨前線の影響で先週から記録的な大雨となり、各地で厳重な警戒が続いています。この大雨の期間は全国的に日中の気温も上がっておらず、5日連続で猛暑日地点ゼロ、真夏日地点も100地点以下となりました。真夏日地点が5日以上連続して100地点以下なのはこの10年間なかったそうです。

そんな時に気になるのはお米の収量です。お米の穂が出る時期にあまりに寒いと実が十分に稔らないのですが…。

問題
さて、ここで問題です。
寒さとお米の出来具合等について正しく述べているものを、次のア~エから選び、記号でお答えください。

ア.東北地方のうち、特に日本海側がやませという風の影響で気温が上がらない。

イ.寒い時期が続くとかえって稲の病気は少なくなる。

ウ.気温が上がらない時期には、田んぼの水を深くはって稲を守る方法がある。

エ.こういった冷害が起こると、東北地方の作況指数は上がってしまう。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「気温が上がらない時期には、田んぼの水を深くはって稲を守る方法がある。」でした!

夏に東北地方の太平洋側にふく冷たい風をやませと言います。稲が寒さの影響で稔りが悪くなる被害を冷害と言いますが、東北地方で起こる場合はたいていはこのやませが原因です。
また低温、長雨が続くと田んぼではいもち病という病気が流行り、米の収量が落ち込んでしまいます。

こういった冷害から稲を守るには、例えば田んぼを深水で管理する方法があります。水を深くはることにより稲を外気よりも暖かい状態にして守るのです。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

北海道当別町の生産法人ライスター弁華が”子供や孫の世代にも、美しい水田を残したい”という想いを込めて育てた、収穫直後のお米をミツハシへ直送、とれたてのおいしさをパックしました。 まさに農家の特権「とれたて」のお米。9月末までの限定販売で、今だけ、ここだけでしか味わえない商品です。


【お米クイズ】第156回:米屋の見る玄米品質

【お米クイズ】第156回:米屋の見る玄米品質

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第156回は米屋の見る玄米品質についてです。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング