発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

玄米は白米に比べてさまざまな栄養素を多く含んでいることはよく知られています。その玄米の中でも「発芽玄米」は高齢化社会で関心が高まるさまざまな病気の予防に役立つと言われる成分を含むお米として、健康面への効果に注目が集まっています。


芽吹くエネルギーは生命力の根源。

玄米は収穫したモミからモミ殻を取り去っただけですから、すべての栄養分を蓄えたまま休眠状態を保っています。ですから水分や温度の条件が整うと芽を出します。
発芽のために細胞分裂が盛んになり、酵素が活性化して胚乳に含まれたでんぷんを分解、各種のアミノ酸が遊離され機能を発揮する形になります。発芽をきっかけにして、米つぶに蓄えられていたエネルギーや栄養分が一気に解放されるのです。
発芽玄米は芽が0.5mm~1mm出た状態で発芽を止める処理をした玄米で、健康に関係する栄養素が多く含まれています。

GABAの効果が特に注目される理由。

その中でも玄米に含まれるグルタミン酸が酵素の働きで変化してできるGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)がストレスの多い現代社会を生き抜く力になるのではないかと、注目を集めています。
GABAは人間の脳内にも存在する天然アミノ酸の一種で、脳や神経の興奮を鎮める機能を持っていると言われています。そこでストレスを和らげたり、よく眠れたりする効果が期待できます。脳内の血流を良くなれば酸素を多く供給できるようになるため、記憶力や学習能力を高め、アルツハイマー病の予防も目指す研究も進められています。また肝臓や腎臓の働きを改善するとも言われ、高血圧など成人病の予防面でも注目されています。

ストレスの多い生活を送っていると脳内のGABAが消費されて少なくなるため、GABAを補給することが健康を保つうえで重要になります。GABAの含有量が白米はもちろん、玄米に比べても大幅に多い発芽玄米が脚光を浴びる理由はここにあるのです。

抗酸化作用を持つ成分なども吸収されやすい形に。

発芽玄米の中には、GABAの他にも活性酸素を抑制すると言われるフェルラ酸、抗がん作用が期待されるフィチン酸などが、遊離されて体に吸収されやすい形で含まれています。
マグネシウム・カリウム・カルシウム・亜鉛・鉄といった健康に欠かせないミネラル分も発芽玄米ではフィチン酸との結合が解けているので、玄米に比べても吸収されやすい形になっています。

食物繊維が多いのも健康的。

発芽玄米は必須アミノ酸であるリジンやその他の遊離アミノ酸も白米に比べて豊富に含まれていますが、食物繊維の含有量が多いことでも健康志向の強い人たちに人気があります。
発芽玄米の食物繊維は白米の3倍以上と言われています。食物繊維が多いと消化のスピードが遅くなり、血糖値の上昇も緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかになれば、血糖を抑えるために膵臓から分泌されるインスリンの量も減りますから結果的には体内に蓄えられる脂肪分が減り、肥満を防ぐ効果があると言われています。血糖値の上昇速度はGI値(※1)という指標で表されますが、発芽玄米のGI値は白米の60%程度という低さ。GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇スピードが緩やかな食品ということになります。

  • ※1:GI値とはGlycemic Indexの略で、その食品が体内で糖になって血糖値を上昇させる速度で比較。ブドウ糖を摂取した時の上昇率を100としています。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第183回は炊飯器の水加減についてです。


【お米クイズ】第177回:玄米と白米の違い

【お米クイズ】第177回:玄米と白米の違い

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第177回は玄米と白米の違いについてです。


【お米クイズ】第175回:お米の栄養素

【お米クイズ】第175回:お米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第175回はお米の栄養素についてです。


地球は、おかわりできません……無石米、無洗米など、60年にわたり「おこめ」にまつわる健康・環境に貢献し続ける東洋ライスのSDGsとは!?

地球は、おかわりできません……無石米、無洗米など、60年にわたり「おこめ」にまつわる健康・環境に貢献し続ける東洋ライスのSDGsとは!?

「SDGs」という概念、言葉がないはるか昔から「おこめ」にまつわる健康・環境への配慮をし続ける東洋ライスの取り組みを、代表取締役の雜賀慶二さんのお話からご紹介します。


野菜を食べる玄米お粥「potayu」と 省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」とコラボレーション

野菜を食べる玄米お粥「potayu」と 省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」とコラボレーション

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社と、デザイン家電・雑貨メーカー株式会社アピックスインターナショナルは、師走の忙しさを感じるようになってきた中、今は、とにかく、忙しい!そんなみなさまに少しでも手軽に、おいしく、体に優しいものを手に取っていただく機会を作りたいという思いから、今年10月にオープンしたばかりの「one×one 新宿ミロード店」にて、野菜を食べる玄米お粥「potayu」と省エネ&省資源のECOな調理器「レトルト亭」体験イベントを期間限定で実施します!  ※製造過程においては食品添加物を使用しておりません。


最新の投稿


“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へ 亀田製菓グループの美味しく健康価値のある食品事業の進化

“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へ 亀田製菓グループの美味しく健康価値のある食品事業の進化

亀田製菓株式会社は、この度“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へと進化することを目指し、グループ会社の株式会社マイセンファインフード、株式会社タイナイと共に、「プラントベースドフード(植物性代替肉)」、「米粉パン」、「お米由来の乳酸菌」のそれぞれで新たなブランドを立ち上げます。


【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第183回は炊飯器の水加減についてです。


日本初上陸!台湾インスタント麺人気No.1「統一麺」や「統一ビーフン」などの商品を公式販売開始

日本初上陸!台湾インスタント麺人気No.1「統一麺」や「統一ビーフン」などの商品を公式販売開始

台湾食品のEC事業・PR事業を行うotomap合同会社は、台湾食品オンラインショップ「Hojia Market」にて、台湾で大人気のロングセラーインスタント麺「統一麵」や「統一ビーフン」などを新発売しました。日本発売を記念して「台湾人気No.1!台湾ヌードル食べ比べセット」も送料無料で販売開始です。


おこめとバナナから作られたサステナブルな除菌ウェットティッシュとは!?

おこめとバナナから作られたサステナブルな除菌ウェットティッシュとは!?

今回は全日空商事が、ファーメンステーションと協業によって実現させたおこめとバナナから作られたというウェットティッシュのお話です!


こめ油と米粉の「come×come(コメトコメ)」「imperfect表参道」にて人気商品の販売開始!

こめ油と米粉の「come×come(コメトコメ)」「imperfect表参道」にて人気商品の販売開始!

築野食品工業株式会社が「あたらしい、お米のカタチ」を追求して作った、こめ油と米粉のグルテンフリーシリーズ“come×come(コメトコメ)”。人気商品の「さっくりなめらか贅沢こしあんサンドクッキー」と「うるおいミニ生シフォン」がimperfect表参道にて販売開始されました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング