【お米クイズ】第91回:米の加工品

【お米クイズ】第91回:米の加工品

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第91回は炊飯の順番についてです。


【第91回】問題:米の加工品

お米は「ごはん」として食べるだけではなく、加工して形を変えて、若しくは他の食べ物の原料として活用されてきました。その活用の範囲は非常に多岐にわたります。玄米のままか、白米にするのか。白米にしたあとで加熱するのか、しないのか。加熱したものを潰すのか、そのままの形で残すのか。加熱方法にも「炊く」「蒸す」「炒める」のどれなのか。加熱した後にどのような形、例えば「おにぎり」「リゾット」「お餅」…数え上げたらキリがありません。

問題
さて…そんなお米の活用方法ですが、まず米を加工する前提として「米粒をそのまま使用するのか、粉砕するのか」という分かれ道があります。
ここで問題!次のア~エで示した加工品のうち、米粒を粉砕せずに利用している食べ物はどれでしょうか?

ア.米粉パン

イ.ビール

ウ.ビーフン

エ.きりたんぽ

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
エの「きりたんぽ」でした!

きりたんぽとは、ごはんを活用した秋田県の名産品です。ごはんをつぶつぶ感を残しながら潰したものを棒に巻きつけ、その状態で囲炉裏などで焼きあげ、最終的には竹輪のような状態に仕上げる食べ物です。米粒を粉砕した場合は米粉や白玉粉になりますが、お餅やきりたんぽはいったんお米を「ごはん」としてからつぶします。そこが大きな違いです。

お米は粒のままで食べた方が体内でのでんぷん吸収に時間がかかるため、パンやうどんなどど比べて血糖値が上がりにくいと言われています。そのため粒で食べる方がお米の特徴を生かした調理方法と言えますが、そこはお米と長い時代付き合ってきた日本人の知恵。米を「粒状」で食べる…だけに止まらず、色々な形に加工し、様々な活用方法を発明してきました。こういった活用方法から、日本の食文化における「お米」の重要性が改めて認識できますね。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連するキーワード


米粉 加工品 ごはん

関連する投稿


【お米クイズ】第133回:米の栄養素

【お米クイズ】第133回:米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第133回は米の栄養素についてです。


土鍋炊きの火加減調整はもういらない?土釜炊飯器『KH-SK300K』新発売

土鍋炊きの火加減調整はもういらない?土釜炊飯器『KH-SK300K』新発売

株式会社カイホウジャパンより、2021年1月20日(水)に土鍋釜炊飯器 “KH-SK300K”が発売されました。日本人の多くが主食とする白米。コロナ禍における、おうち時間を“食事”でほんの少しでも豊かになるように、コンパクトでありながらお米のもつ本来のおいしさを引き出す土釜炊飯を家庭で味わえる3合炊き土釜炊飯器です。 従来モデルの『KH-SK300』の操作パネルを一新し、よりどなたでも操作しやすくモデルチェンジをしました。


【お米クイズ】第126回:米ぬか

【お米クイズ】第126回:米ぬか

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第126回は米ぬかについてです。


米粉100%使用!自然のままのおいしさ、お米の良さを追求! ふわもちしっとり食感「お米のシフォンケーキ プレーン」

米粉100%使用!自然のままのおいしさ、お米の良さを追求! ふわもちしっとり食感「お米のシフォンケーキ プレーン」

株式会社三越伊勢丹ホールディングスのグループ会社であり、首都圏を中心に17店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、「ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD(ミツコシイセタン ザ・フード)」から「お米のシフォンケーキ プレーン」を1月22日(金)に新発売しました。


削り節屋のふりかけシリーズに「梅しば®×かつお節」のコラボ商品!マルトモ 「かつおとカリカリ梅の浅炊き」新発売

削り節屋のふりかけシリーズに「梅しば®×かつお節」のコラボ商品!マルトモ 「かつおとカリカリ梅の浅炊き」新発売

「だしの素」でおなじみのマルトモ株式会社は、ソフトタイプふりかけ「削り節屋のふりかけ」シリーズの新商品「かつおとカリカリ梅の浅炊き40g」を2021年3月1日より発売します。大正7年、海産物豊かな瀬戸内(愛媛県伊予市)にて創業、以来かつお節一筋に取り組んできたマルトモのこだわりのかつお節と日本のロングセラー商品とコラボした「削り節屋のふりかけ」シリーズです。


最新の投稿


食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

食べられなくなった「お米」を活用した紙の新素材「kome-kami」を発売

株式会社ペーパルは、廃棄されたお米を活用してできた紙素材「kome-kami」(コメカミ)を2021年2月に開発しました。2021年4月14日から応援購入サイト「Makuake」にてkome-kamiを使ったノート・名刺の商品を販売します。 有償廃棄される災害用備蓄食品のお米や食べられないお米をパルプに配合しており、素材の売上の1%をフードバンクに寄付することで、フードロス問題の解決を目標とします。


1420Wの大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用のジャー炊飯器、全6機種発売

1420Wの大火力で粒が立つ「炎 匠炊き」採用のジャー炊飯器、全6機種発売

東芝ライフスタイル株式会社は、大火力と多段階火力調節により、一粒一粒ふっくらとした甘みのあるご飯に炊き上げる「炎 匠炊き(ほのおたくみだき)」採用の真空圧力IHジャー炊飯器「RC-10VXR」など、全3シリーズ6機種を6月上旬より順次発売します。 今回、お米7銘柄に合わせて炊き分ける「銘柄炊き分け」機能を高級モデルのRC-VXRシリーズに新搭載。RC-VSR・RC-VRRシリーズでは、RC-VXRシリーズ同様に、業界トップクラス(※1)1420Wに大火力化させ、炊飯時間を短縮しておいしいご飯を炊き上げます。


【お米クイズ】第137回:作況指数

【お米クイズ】第137回:作況指数

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第137回は作況指数についてです。


【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

【皐月の開運ごはん】小満の食養生 初鰹の手こね寿司

5月21日は二十四節気の小満。季節は夏へと向かい、気温も一気に駆け上がります。田植えされた苗は日を追うごとにグングンと伸びて、水田はみるみるうちに瑞々しい緑色に。山の緑も勢いを増し、鳥はさかんに囀り、虫も空を飛び交い、すべての生きものが生命力を謳歌しています。


デカフェの新星・玄米だけでつくる日本生まれの新しい飲みもの【玄米デカフェ】

デカフェの新星・玄米だけでつくる日本生まれの新しい飲みもの【玄米デカフェ】

コーヒー?玄米茶?紅茶? いいえ、そのどれでもありません。 ​日本うまれ日本らしい​完全ゼロカフェインの"玄米デカフェ"です。 完全ゼロカフェインで、お米の甘みがありながらコーヒーのような苦味、そして玄米の芳ばしい香りが楽しめます。また、お米の銘柄毎に焙煎しているので、その味の違いも楽しめます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング