【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第22回】風邪の季節の栄養食「ねぎの葉のおみそ汁」

寒さが本格的になってきました。この時期は冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか。そんな時、積極的に摂りたいのが「ねぎ」です。ねぎは栄養価が高く、血行促進効果の高い香味野菜。今回はお鍋に使った白ねぎの残り、「葉先」の部分でおみそ汁を作りました。体が芯から温まるので、風邪のひき初めにもぴったりです。


「ごちそう!おみそ汁レシピ」第22回は、体を温めて風邪を予防する「ねぎの葉のおみそ汁」です。いつもは薬味として脇役のねぎですが、実は栄養がたっぷり詰まった健康野菜です。にんにく、唐辛子、しょうがといった体温アップ力の強い香味野菜をプラスし、鶏がらベースで栄養満点のおみそ汁に仕上げました。冷え性の方は、ぜひお試しください。

白ねぎの葉先、捨てていませんか?

お鍋に欠かせない白ねぎ。「深ねぎ」「長ねぎ」「根深」などの名でも呼ばれています。今は全国で流通していますが、もともとは関東地方で好まれていたねぎで、旬は11月~3月。土をかぶせて日に当てず育てた白い部分は、煮込むと甘味が出てとろりとします。葉先は固くて繊維が筋張っているため「いつも捨てていた」という方もおられるでしょうが、刻んで使えば美味しくいただけます。

ねぎは体を温め血行を促進します

ねぎの香りの成分は「アリシン」というもので、「硫化アリル」とも呼ばれます。殺菌作用、疲労回復、血液をサラサラにするはたらきで血行を促進し、高血圧や動脈硬化の予防も期待できる、滋養強壮の強い味方。ビタミンB1の吸収を良くするため、体を活発にしたい中高年にも役立ちます。

白い部分は「葱白(そうはく)」という漢方成分にも数えられるほどの薬効を持ち、緑の部分はカロテンやビタミンC、カルシウムやカリウム、食物繊維が豊富。ぜひ捨てずに上手に利用しましょう。たっぷり摂ると体を温める効果がありますので、特に冬場の風邪のひき始めには欠かせません。

鶏がらスープに香味野菜をプラス

今回のレシピには、和風出汁ではなく「鶏がらスープ」を使用しました。アメリカでは「風邪をひいたらチキンスープ」と言われるように、豊富なアミノ酸を含んで消化が良く、体を温めるのに最適なスープです。これにねぎのパワーを加えることで、さらに保温性と栄養を高めました。お好きな野菜や豆腐を足したり、麺を加えても美味しくいただけます。

「ねぎの葉のおみそ汁」レシピ

手順

最初に鶏がらスープを作ります。市販の粉末のスープは塩分が加えられているものが多いので、おみそ汁にしたとき味が濃くなりすぎます。粉末スープを使用する場合は、必ず無塩タイプを選んでください。

1.鶏がらスープの作り方

鶏がらの表面に熱湯をかけた後、流水で血のかたまりや余分な脂肪などを取り除きます。鍋に処理の終わった鶏がらを並べたらひたひたの水を注ぎ、中火で沸騰させます。火を弱め、アクを取りながら30分ほどコトコトとエキスを煮出したらできあがり。にんにく、ねぎの葉、しょうが、にんじんの皮など香味野菜を一緒に入れると風味がアップします。

2.ねぎとにんにくを刻みます

まずはねぎの葉先をばらばらに分解して、細長いスティック状に。これをまとめて2㎜ほどの小口に刻みます。

にんにくひとかけは芯を取って薄切りに。鷹の爪1本分も輪切りにしておきます。この量ですと辛味はほぼありませんが、子どもさんや刺激に弱い方が召し上がる場合は省いてください。にんにくや唐辛子は、刻んだ後に手をしっかり洗うこともお忘れなく。

3.濾したスープでじっくり煮込みます

鶏がらスープを網で濾し、鍋に入れて沸騰させます。ねぎ、にんにく、鷹の爪を入れ、弱火で10分ほど煮込んでねぎの甘みを出します。最初はツンとしたねぎの刺激臭がありますが、火が入るうちにだんだんとまろやかになってきます。

4.味噌はすっきりとした信州みそで

火を止めて、お味噌を溶き入れます。ねぎから甘みが出るので、すっきり系のお味噌がよく合います。完全にお味噌が溶けたら、もう一度火にかけます。

5.仕上げに生姜を加えて保温力アップ

沸騰しかけたら火を止めて生姜をたっぷり加えます。生姜は火を通すことでジンゲロールという成分がショウガオールに変化し、体温アップ力が高まります。

あとはお椀に盛り付けたら完成。ぜひ熱々でお召し上がりください。寒い屋外へ出る前や、気温が下がる夜なども、この一杯で指先までぽかぽかします。

今回のまとめ

身近な食材ですが、なかなかおみそ汁の主役としては使わない「ねぎ」。ちょっと固い葉先も、刻んでいろんな料理に利用してみてください。ジップ付き保存袋で冷凍もできますので、風邪の季節の栄養食として、作り置きしておくのも一案です。

長ねぎの基本情報
https://www.kewpie.co.jp/recipes/knowledge/article/22/

ねぎの基礎知識
https://www.greengift.jp/knowledge/

この記事のライター

料理記者を経て、飲食店経営や化粧品会社のマーケティングの経験をもつ。
根っからのごはん党です。趣味は世界の美味しいものを食べ歩くこと。
飲食店経営者として厨房に立っていた経験から、レシピ開発のお仕事もさせてい
ただいています。

関連する投稿


【ご馳走!おみそ汁レシピ第23回】出汁がしみて美味「大根と昆布のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第23回】出汁がしみて美味「大根と昆布のおみそ汁」

冬に美味しい野菜の代表である「大根」。おみそ汁にする際は、小さめに刻んで使うことが多いと思いますが、今回はしっかり大根のジューシーさを堪能できる、大きめブロックのおみそ汁です。味わい深いとろろ昆布をトッピングして旨味たっぷり。ぜひ大根が美味しい旬の間にお召し上がりください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第21回】秋鮭のうまみと野菜たっぷり「鮭の石狩汁」

冬の具だくさんおみそ汁というと、豚汁が思い浮かぶ方も多いでしょうが、鮭と野菜の「石狩汁」もおすすめです。鮭の切り身で作る鍋物「石狩汁」を一椀仕立てにしたもので、気軽に美味しく作れます。体が温まり野菜の栄養で体調も整えてくれる、バランスの良い一品ですので、ぜひ鮭の美味しい秋冬に召し上がってください。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第20回】お鍋の残りで「焼き豆腐と春菊のおみそ汁」

あったか鍋物が美味しい季節になってきました。たくさん野菜が摂れるので、冬の健康メニューとしてもおすすめです。中途半端に残った野菜は、翌朝のおみそ汁に活用しましょう。今回はすき焼きなどによく使用する「焼き豆腐」と「春菊」を組み合わせてみました。独特の香りが朝の気分をすっきりさせてくれますよ。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第19回】旨味たっぷり!「鶏ごぼうのおみそ汁」

熱々のおみそ汁が美味しい季節がやってきました。定番の具材もよいですが、ちょっとボリューム感が欲しいときは、お肉をプラスするとリッチになります。今回は、出汁に旨味が出る「鶏肉」と、冬に美味しい「ごぼう」を組み合わせた「鶏ごぼう」のおみそ汁。栄養価が高いので、育ち盛りの子どもさんにもおすすめです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

【ご馳走!おみそ汁レシピ第18回】食感の違いを楽しむ、「れんこんのみぞれ汁」

朝夕がひんやりしてきました。暖かい食べ物が美味しくなる季節です。熱々の汁物を食事に添えて、たっぷりの野菜で栄養補給しましょう。今回はこれから旬を迎える「れんこん」のおみそ汁。調理法によって食感が大きく変化する楽しい食材です。栄養価も高いので、子どもさんにもおすすめです。


最新の投稿


【お米クイズ】第166回:炊飯における水の量

【お米クイズ】第166回:炊飯における水の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第166回は炊飯における水の量についてです。


ご自宅はもちろんアウトドアでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」がオンラインストア・店頭にて販売開始!

ご自宅はもちろんアウトドアでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」がオンラインストア・店頭にて販売開始!

渋⾕ストリーム3階に位置するバルセロナで⼀番美味しいパエリアを提供するシーフードレストラン「XIRINGUITO Escribà(チリンギート エスクリバ)」から、ご自宅はもちろん、キャンプや海などのアウトドアシーンでも本格的なパエリアが味わえる「パエリア ミールキット」を2021年11月19日(金)よりオンラインストア・店頭にて販売開始しました。


ファミマの具材にこだわった贅沢おむすび”ごちむすび”シリーズ発売から、約1年1か月で累計販売1億食を突破!~お米・海苔・具材の絶妙なバランス、毎日食べたくなる美味しさ~~

ファミマの具材にこだわった贅沢おむすび”ごちむすび”シリーズ発売から、約1年1か月で累計販売1億食を突破!~お米・海苔・具材の絶妙なバランス、毎日食べたくなる美味しさ~~

株式会社ファミリーマートは、2021年9月に創立40周年を迎えました。様々なきっかけでお客さまがさらにファミリーマート店舗に足を運んでいただけるようになる(=ファミマる。)ために、今年は40周年に向けたチャレンジ「40のいいこと!?」に取り組んでいます。 「40のいいこと!?」の5つキーワードの1つである「もっと美味しく」の一環として発売している具材にこだわった贅沢おむすび ”ごちむすび”シリーズ の累計販売数が、2020年10月6日(火)の発売開始から約1年1か月でシリーズ累計販売1億食(※2021年10月31日時点)を突破しました!


【お米クイズ】第165回:お米の保管

【お米クイズ】第165回:お米の保管

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第165回はお米の保管についてです。


【AKOMEYA TOKYO】11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催!

【AKOMEYA TOKYO】11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催!

今年一年を総括し、来年も豊かな年でありますようにと願うお正月。AKOMEYA TOKYOでは、五色に彩った日本のお正月にぴったりのおめでたいアイテムや、お正月の食卓に欠かせない食品や食雑貨、ご挨拶に使いたいお年賀アイテムなど多数取り揃え、11月19日(金)より、「福で彩るお正月」フェアを開催します!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング