【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「新米」です。

「新米」はお米のことではなかった。

なぜ新人のことを「新米」と呼ぶようになったのかということについてはいくつかの俗説があるようです。ただ共通していることは最初から「新米」ではなかったということ。

由来は江戸時代まで遡り、商家で新たに雇われた人は制服代わりに前掛けを支給されたそうです。真新しい前掛けは新人の印ということで、新人は「新前」(シンマエ)という呼び方をされた。それがなまってシンマイとなり、そのうち「新米」という字があてられるようになったというのです。

他にも新人はまだ何にも染まっていない真っ白な状態だから、とれたてのお米に例えて「新米」と呼ばれたとも解釈されています。新人がさまざまな経験を積み重ねて多様な仕事をこなせるようになることと、お米がさまざまに加工・調理されて多彩な料理に利用されるのは、確かに似ています。

「上前をはねる」は「上米をはねる」だった。

手数料を取ったり、悪い意味ではピンハネしたりすることを「上前をはねる」と言いますよね。
この言葉の語源は「上前」ではなく「上米」(ウワマイ)だったそうです。「新米」が「新前」だったのと逆の現象です。

「上米」というのは神社やお寺に上納する年貢米に課す通行税を指す言葉です。年貢米の一番上の方の米を通行税として徴収することから「上米をはねる」と言ったわけです。
ウワマイがウワマエになまったのは「お前さん」が「おまいさん」になまったのと同じような変化です。お米がお金と同等の価値・役割を担っていたから生まれた言葉だとも考えられます。

なぜ「朝飯前」なんだろう?

仕事や課題を簡単に済ませてしまうことを「朝飯前」とよく言いますが、どうして朝ごはんの前なんでしょうか?

朝ごはんを食べる前というのは、寝起きですし、ごはんの準備や出かける身支度で時間に余裕がありません。そんな忙しい中でも時間をかけずにサクッとできてしまうぐらい簡単なことを「朝飯前」と呼ぶのです。
またこの言葉が生まれた江戸時代では、食事は朝夕二食だけだったそうです。なので、朝ごはん前というのは特に力が入らない時間帯だったようで、力仕事ではない簡単な作業としてこなせることを「朝飯前」と呼んだとも言われています。昔から日本人のエネルギー源はお米だったということです。

この春から新入生や新社会人として新たな生活のスタートを切った若い人たちにひとこと。
朝ごはんは、ちゃんと食べるようにしましょう。
規則正しい食生活は健康の第一歩です。新米さんであるからこそ、最初から正しい習慣を身に着けることは大切ですよ。ご飯を食べて、元気に頑張ってください。

この記事のライター

関連する投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

農家の特権「とれたて」のおいしさをあなたにも。北海道当別町産『とれたて米』9/30までの期間限定販売!

北海道当別町の生産法人ライスター弁華が”子供や孫の世代にも、美しい水田を残したい”という想いを込めて育てた、収穫直後のお米をミツハシへ直送、とれたてのおいしさをパックしました。 まさに農家の特権「とれたて」のお米。9月末までの限定販売で、今だけ、ここだけでしか味わえない商品です。


【お米クイズ】第155回:生産量の少ない都道府県

【お米クイズ】第155回:生産量の少ない都道府県

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第155回は生産量の少ない都道府県についてです。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング