日本のお米ネーミングまとめ

日本のお米ネーミングまとめ

お米の名前は聞くだけで、湯気がホカホカ、米粒がツヤツヤの炊きたてご飯が頭に浮かびますね。そんなお米のネーミングについて由来をまとめてみました。


ゆめぴりか

「ゆめぴりか」は北海道のお米の品種のひとつ。北海道内で一般公募によって命名されました。アイヌ語で美しいという意味の「ピリカ」と、北海道が日本一の美味しいお米をつくろうという「夢」が合わさって名付けられました。

この名前は、北海道内の一般公募で寄せられた3,422通の中から選ばれました。「ゆめぴりか」は、これまでのお米の常識を塗り替える待望の新品種。日本を代表するお米にしようと、北海道民みんなの想いが込められています。

あきたこまち

あきたこまちは昭和59年に誕生した秋田県を代表するお米のひとつ。秋田県湯沢市に生まれたといわれている「小野小町」にちなんで命名されました。

秋田県湯沢市に生まれたとされる、美人の誉れ高い平安時代の歌人「小野小町」にちなみ、秋田で成育した美味しい米として、末永く愛されるように願いを込めて命名されました。

ミルキークィーン

ミルキークイーンは農林水産省の計画から、新種開発の一環で誕生したコシヒカリをベースのお米です。生まれは茨城県のつくば農業研究センターで、2012年に品種登録されました。名前の由来は、玄米が透き通る様に透明で、他のお米と比べて乳白色になっていることから命名されました。

名前の由来は、普通のお米よりも、玄米の見た目が透明で、お米の色が乳白色に見えるところから来ています。

ひとめぼれ

ひとめぼれは、宮城県の古川農業試験場で1991年に命名登録されました。名前の由来は、出会った途端に一目惚れするような美味しいお米という意味でつけられました。

名前は出会った途端に一目惚れするような品種であることを表現したいとの思いから付けられました。

青天の霹靂

2015年に市場デビューした青森米、「青天の霹靂」。ネーミングの珍しさもあって注目されているお米です。青森県はお米の主産地でありながら、全国的に知られたブランド米がなかったことを背景に、青森県産業技術センターが10年かけて新種のお米を開発しました。
名前の由来は、青森の晴れ渡った空に、突如として現れるイナズマのようなインパクトのあるお米になってほしいという意味が込められています。

「青」は青森の青、「天」は遥かに広がる北の空。「霹靂」は稲妻。稲に寄りそい、米を実らせます。晴れわたった空に、突如として現れる稲妻のような、鮮烈な存在になりたいと考え、名付けました。

関連する投稿


稲作農家への調査結果から、今年の新米シーズンが早まると予想 約半数が例年と比較して生育状況に変化ありと回答

稲作農家への調査結果から、今年の新米シーズンが早まると予想 約半数が例年と比較して生育状況に変化ありと回答

全国の農家や漁師などの生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェは、稲作農家を対象に2021年の水稲の生育状況を調査しました。調査の結果、約半数が生育状況に変化ありと回答し、そのうち6割以上の生産者から「例年より生育が早い」との回答を得ました。調査の結果より、2021年は例年よりも新米の収穫・販売が早まる傾向があると予想されます。


人気ブランド米「ゆめぴりか」通販専門店が手掛ける「鮮度」と「価格」にこだわった八百屋ベンチャー「ヤオハチ」新店舗オープン決定!

人気ブランド米「ゆめぴりか」通販専門店が手掛ける「鮮度」と「価格」にこだわった八百屋ベンチャー「ヤオハチ」新店舗オープン決定!

北海道発の”日本一ゆめぴりかを売った男 藤川欽三"が手掛ける八百屋ベンチャー株式会社やお八は、新店舗オープンの決定に際し、八百屋ブランド「ヤオハチ」新店舗の経営者ポジションを8月2日(月)より10名募集します。店舗経営を通じて“次世代の八百屋ビジネス”を学べる機会を提供します!


東北六県で獲れた銘柄米だけを100%使用東北の大地の恵みをお届けします厳選素材の玄米茶、『東北六県茶』 3月9日(火)発売

東北六県で獲れた銘柄米だけを100%使用東北の大地の恵みをお届けします厳選素材の玄米茶、『東北六県茶』 3月9日(火)発売

株式会社JR東日本ウォータービジネスは、エキナカを中心に展開しているacure<アキュア>のオリジナル飲料ブランド acure made <アキュアメイド>から、「東北六県茶」を2021年3月9日(火)に発売しました。


〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

〜さっパリより、愛をコメて〜 青森米「青天の霹靂」PRイベント 青山青森村 2018「さっパリ祭」開催!

2015年にデビューしたブランド米「青天の霹靂」(せいてんのへきれき)のPR試食イベント『青山青森村 2018「さっパリ祭」』を東京都 青山・国際連合大学前広場にて11月3日(土)・4日(日)に開催します! 来場者に先着で「青天の霹靂」おむすびをプレゼント!フレンチ風の「さっパリおかず」(有料)も楽しめます。


「青天の霹靂」4年連続 特A取得記念キャンペーンを実施

「青天の霹靂」4年連続 特A取得記念キャンペーンを実施

青森県は、青森米「青天の霹靂」が日本穀物検定協会による食味ランキングで最高評価「特A」を四年連続取得したことを記念して、「青天の霹靂」が当たるプレゼント企画「こんにちは、さっぱり」の舞台はどこ!?キャンペーンを実施しました。


最新の投稿


“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へ 亀田製菓グループの美味しく健康価値のある食品事業の進化

“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へ 亀田製菓グループの美味しく健康価値のある食品事業の進化

亀田製菓株式会社は、この度“あられ、おせんべいの製菓業”から“Better For Youの食品業”へと進化することを目指し、グループ会社の株式会社マイセンファインフード、株式会社タイナイと共に、「プラントベースドフード(植物性代替肉)」、「米粉パン」、「お米由来の乳酸菌」のそれぞれで新たなブランドを立ち上げます。


【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

【お米クイズ】第183回:炊飯器の水加減

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第183回は炊飯器の水加減についてです。


日本初上陸!台湾インスタント麺人気No.1「統一麺」や「統一ビーフン」などの商品を公式販売開始

日本初上陸!台湾インスタント麺人気No.1「統一麺」や「統一ビーフン」などの商品を公式販売開始

台湾食品のEC事業・PR事業を行うotomap合同会社は、台湾食品オンラインショップ「Hojia Market」にて、台湾で大人気のロングセラーインスタント麺「統一麵」や「統一ビーフン」などを新発売しました。日本発売を記念して「台湾人気No.1!台湾ヌードル食べ比べセット」も送料無料で販売開始です。


おこめとバナナから作られたサステナブルな除菌ウェットティッシュとは!?

おこめとバナナから作られたサステナブルな除菌ウェットティッシュとは!?

今回は全日空商事が、ファーメンステーションと協業によって実現させたおこめとバナナから作られたというウェットティッシュのお話です!


こめ油と米粉の「come×come(コメトコメ)」「imperfect表参道」にて人気商品の販売開始!

こめ油と米粉の「come×come(コメトコメ)」「imperfect表参道」にて人気商品の販売開始!

築野食品工業株式会社が「あたらしい、お米のカタチ」を追求して作った、こめ油と米粉のグルテンフリーシリーズ“come×come(コメトコメ)”。人気商品の「さっくりなめらか贅沢こしあんサンドクッキー」と「うるおいミニ生シフォン」がimperfect表参道にて販売開始されました!