【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「おもち」です。

おもちは神様にお供えする神聖な食べ物。

日本のおもちはお米を蒸して、臼と杵を使って米粒をつぶし、粘り気を出すという独特の方法で作られます。同じ「餅」という漢字を使っても中国のおもちは小麦粉をこねたものを焼いたり、蒸したり、油で揚げたりする食べ物ですから、原料も製法も全く異なります。
稲作文化が発展した日本では、お米は神様からいただいた自然の恵みという考えが根付いていますから、お米は神聖なもの。そのお米から作ったおもちは、神様にお供えする神聖な食べ物とされてきました。
年の初めにおもちを食べるのは、神様と同じものを口にして、神様の力をいただくという意味があるのでしょう。

お雑煮の発祥は?

お雑煮を食べる風習がいつごろから始まったのかということについては、平安時代とも室町時代とも言われます。いずれにしてもまだお米が貴重な作物だった時代ですから、一般庶民は口にすることはできず、貴族や武家から始まった風習だと考えられています。従ってお雑煮発祥の地としては、当時の都である京都とする説が有力です。
「お雑煮」というネーミングも、神様に供えた野菜やイモ類とおもちを、新年に汲んだ清水=若水で煮込んだものという意味。お雑煮は新しい年の幸福を願う神聖な食べものだったんですね。

おもちは丸いか?四角いか?

お雑煮に入れるおもちは、大きく分けると「丸いか、四角いか」と「焼くか、焼かないか」に区分されます。地域で大きく分けると、西日本は丸もち。東日本は角もちに分かれるようです。

お雑煮発祥の地と思われる西日本で丸もちが使われる理由は、家内円満を祈る意味で角が立たない丸い形が好まれたという説があります。またおもちは神聖なものだから、刃物で切るのは縁起が悪いとして、ちぎって丸めたという説もあります。確かに硬くなった鏡餅を割る時には、包丁ではなく木槌で叩いて割るという風習は今でも残っていますね。

一方で東日本では「のしもち」を切って角もちにして食べるのが主流です。どうして角もちになったのかも諸説ありますが、武家中心の江戸の町では「敵をのす=敵を倒す」という意味でのしもちが好まれたとか、人口が多かった江戸ではいちいちもちを丸めている余裕がなかったので、のしもちを切って大量に作ったという説もあるようです。

おもちの形やお雑煮の中身で、ルーツがわかる。

お雑煮はおもちの形や焼く・焼かないだけでなく、汁が味噌仕立てかお澄ましか、という違いや、具材に何を入れるかによって、実に多彩なバリエーションがあります。
ちなみにまるもちか、角もちかの境界線は関ケ原付近にあると言われ、関ヶ原の戦いの名残がいまだにお雑煮に残っているという人もいます。

筆者の家では元旦は白みそ仕立ての京都風、2日はお澄まし仕立てのお雑煮でした。父が京都、母が大阪の出身でしたので、両方のふるさとの味を味わうことが出来たということです。
おもちやお雑煮で自分のルーツがわかるというのは、自分のルーツを意識する貴重なチャンスかもしれませんね。

この記事のライター

関連する投稿


江戸時代から続く伝統のレシピが楽しめる! にんべん 日本橋本店「全国お雑煮祭り」 12月15日(火)より期間限定で開催

江戸時代から続く伝統のレシピが楽しめる! にんべん 日本橋本店「全国お雑煮祭り」 12月15日(火)より期間限定で開催

株式会社にんべんは、ご当地お雑煮がおうちで楽しめる商品を集めたフェア「全国お雑煮祭り」を2020年12月15日(火)より「にんべん 日本橋本店」にて限定開催中です。新商品や増量品などこの期間だけのお得な商品を取り揃えた「歳末セール」も同時開催。期間は12月31日まで。


寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二候」12月の暦

寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二候」12月の暦

稲作を中心とした日本の農事の目安とされ、また暮らしの節目として親しまれてきた「二十四節気七十二候」。もとは古代中国で生まれたものですが長い年月を経て日本の気候風土に馴染み、四季の移り変わりを肌で感じられるものに進化してきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ、「二十四節気七十二候」を意識して、日本の自然の豊かさを見直してみませんか?


【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

有限会社川田餅本舗は、お餅には珍しい刺激の強い香辛料や具材を搗きこみ、お酒に合うお餅、そしておかずにも夜食にもなるお餅『もっちりナイト』を2020年11月20日より「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始しました。お正月だけじゃもったいない、毎日でも食べたくなる刺激強めなお餅の詰合せです。


『食物アレルギー配慮おせち』『食塩不使用のおせち』 みんなが一緒に楽しめる「配慮おせち料理」発売!

『食物アレルギー配慮おせち』『食塩不使用のおせち』 みんなが一緒に楽しめる「配慮おせち料理」発売!

特定原材料7品目を使用していない『食物アレルギー配慮おせち』や『食塩不使用のおせち』といった、『配慮タイプのおせち料理』 が石井食品より発売されます。アレルギーや塩分制限を気にせず、誰もが一緒に安心して同じおせちを楽しむことができますよ!


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング