【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

【ごはん歳時記 9月】お祝いごとに欠かせない、めでたいお赤飯。

9月は敬老の日、お彼岸と休日が続きます。長寿のお祝いの席に欠かせないメニューと言えば、やっぱりお赤飯。 ほんのりと赤いお赤飯の色合いは、いかにもおめでたいですね。 でも、なぜ「おめでたい」=「お赤飯」という習慣ができたんでしょうか?


ごはん歳時記

日本は四季の国。
春夏秋冬の移ろいが、暮らしに、風習に、食べ物に、
四季折々の彩りを添えてきました。
食いしん坊の人にとっては
暮らしの中で一番ビビッドに感じられる四季は
旬の食べ物かもしれませんね。
四季と食べ物を巡るエピソードで
人とごはんのつながりを辿る「ごはん歳時記」
さて今月は「お赤飯」です。

元祖・お赤飯はもち米ではなかった。

現代のお赤飯は、あずきを煮た煮汁にもち米を漬け込み、そのあとで蒸しあげて作ります。お赤飯の赤い色は小豆の煮汁の色が付いたものです。
しかし、古代から存在したと思われる赤飯の原型は、もち米を蒸したものではなく、もともと米粒が赤い「赤米」を蒸して作られていたようです。赤米は日本人の主食であるジャポニカ種とは異なるインディカ種のお米です。
お赤飯に「ごま塩」が付いていることがありますが、その謂れは本来赤いお米で作るべき赤飯を白米に色を付けているので、それを「ごまかす」ためという説があります。

有色米 - いにしえの色あいを受け継ぐ彩りの米

http://gohan.life/articles/54

赤いお米や黒いお米があるのはご存じですか?田んぼに色の違うイネを植え分けて描いた巨大アートをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。赤米や黒米はいにしえの祭事でも使われていたと言われるお米なのです。

赤飯の赤は魔除けの色。

赤米で赤飯が作られていた時代は、お米自体が大変貴重な食物であり、更に赤という色には呪力があって、災いを避ける力の象徴であったため、神様へのお供え物にふさわしいものとして赤飯がささげられたのではないかと言われています。
ご祝儀袋の水引とか紅白の幔幕とかと同じように、おめでたい席に魔除けの力を象徴する赤飯の赤は欠かせない色なのです。
お赤飯には南天の葉が添えられていることがありますが、これも「南天」=「難を転ずる」という語呂合わせ。赤飯の魔除け効果を強めるおまじないです。

いつごろから食べられていたのだろう?

お祝い事に赤飯を食べるようになったのは室町時代からと言われています。現代日本で食べられているのと同じジャポニカ種の白米が広く栽培されるようになった江戸時代になると、赤米に代わってあずきと白米で作る現代と同じお赤飯が庶民の間にも広まっていったようです。

敬老の日にもお赤飯をどうぞ。

本来、お赤飯は旧暦の季節の変わり目、例えば秋なら9月9日の重陽の節句の日などに食べる習わしでした。しかし今はお祝い事の時しか、口にしませんね。でも、筆者が勤めていた会社の近くの小料理屋では、ランチメニューとしてお赤飯弁当がありましたし、歌舞伎座の前にあるお弁当屋さんでは観劇メニューとしてお赤飯の入った幕の内弁当が定番です。

さて 9月最初の祝日は高齢者の長寿を祝う「敬老の日」。健康を祈ってお赤飯を用意すれば、お祝いの気持ちが一層伝わるのではないでしょうか。お赤飯の赤はあずきの煮汁ですが、煮汁にはポリフェノールがたっぷり含まれているので、健康にもよいので長寿のお祝いにはぴったりですよ。

お祝い事でお赤飯がたくさん必要になったら

大勢が集まるお祝い事でお赤飯がたくさん必要な時はこちらが便利。出来立ての美味しいお赤飯が簡単にオーダーできますよ。

ごはん屋便・折詰赤飯
https://gohanyabin.com/products/detail/38

ごはん屋便・赤飯
https://www.gohanyabin.com/products/detail/9

この記事のライター

関連する投稿


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

【長月九月の開運ごはん】重陽の節句の菊花粥

晴れた日中こそ暑いものの、いつしか蝉の声も遠のいて、朝夕が過ごしやすくなってきました。暦の上では立秋を過ぎて季節はもう秋。早いところでは稲穂が色づき始めています。


日本各地の旬の新栗を使った「栗ごはんの素」 ふわっと香り立つ栗の風味をおうちで楽しむ ~和栗のおいしさの極限に挑戦~

日本各地の旬の新栗を使った「栗ごはんの素」 ふわっと香り立つ栗の風味をおうちで楽しむ ~和栗のおいしさの極限に挑戦~

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の新栗を使った「栗ごはんの素」を発売して、今年で5年目となりました。今年は、ふわっと香り立つ栗の風味や栗本来の甘みをおうちで楽しんでいただく、離れて暮らす大切な方と共有していただくために、栗そのものにしていた味付けをやめ、茨城県笠間市や京都府京丹波町など、全国7ヶ所の産地の和栗本来のおいしさの極限に挑戦しました。 ※製造過程においては食品添加物を使用しておりません。


【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

【葉月八月の開運ご飯】処暑の食養生 夏野菜のカレー

お盆も過ぎて、暑さも峠を越したような…。日中は相変わらずの暑さですが、早朝や日が暮れてからは秋の気配が感じられ、少しだけ凌ぎやすくなります。空は高く、雲は絹や鰯を思わせる繊細で優しい形に。草むらでは虫の音も聞こえ、季節は秋へと歩みを進めます。 こんな時は、どうしても体調を崩しがち。いち早く夏の疲れを解消して、実りの秋に向かって運をつかむべく、心身を整えましょう。


秋深まる神無月「二十四節気七十二候」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二候」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二候」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


最新の投稿


環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

環境・生産者・地域・消費者全方ヨシのSDGs的お米が登場!

「お米の一貫メーカー」として知られるミツハシライスが、今年9月サステナブルに特化させた「とれたて米」というお米をリリース。その取り組みに迫ります。


【お米クイズ】第157回:お米の在庫

【お米クイズ】第157回:お米の在庫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第157回はお米の在庫についてです。


ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

ごみ拾い用具にも環境配慮!お米から作ったごみ袋、全国各地で使用開始

各地の街や海でごみ拾い活動を行う認定NPO法人グリーンバードは、お米由来の国産バイオマスプラスチック「ライスレジン®」の開発や製造を手掛ける、株式会社バイオマスレジンホールディングスと協働し、ごみ拾いの際に使用するごみ袋を、プラスチック製からライスレジン製へ9月の活動より順次切り替えを行っています。


お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

お米ではなく「米袋」のSDGs的取り組み。米袋を再利用しバッグや文具に製品化!

廃棄米の再利用などの取り組みや、米生産・流通メーカーによるSDGs的な実践が増えています。そんな中で、日本屈指の米どころ・新潟県南魚沼市では、お米ではなく「米袋」の再利用に特化した取り組みを行う団体「m.u.k Lab(南魚沼米袋研究所)」があります。今回はこちらに参加しているNPO法人にお話を伺いました。


【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

【長月九月の開運ごはん】秋分の食養生 秋味ときのこのごはん

台風が残暑をさらっていき、季節はさらに進んでいきます。天候が今ひとつ定まらず、晴れたり荒れたり長雨になったり…。気圧が不安定なことから頭痛などの体調不良に陥ることも少なくありません。 こんな時は、旬の食材をとって体を内側から整えましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング