記事総数:19  総PV数:6894

公開中の記事


春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二侯」4月の暦

春爛漫。芽吹きの喜びを感じる「二十四節気七十二侯」4月の暦

「二十四節気七十二侯」という言葉をご存知ですか? 太陽の動きをもとに一年を二十四等分して季節の節目を表したものが「二十四節」。それをさらに三等分したのが「七十二侯」です。古代中国で考え出されて日本に渡り、長い年月を経て日本の気候風土に合わせて改良されて、季節の移ろいを知る目安や農作業の目安として親しまれてきました。 季節や旬を忘れがちな現代、「二十四節気七十二侯」を知って、もっと心豊かな日々を送りましょう。


草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二侯」3月の暦

草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二侯」3月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二侯」2月の暦

寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二侯」2月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


新たな年を迎えて「二十四節気七十二侯」1月の暦

新たな年を迎えて「二十四節気七十二侯」1月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

国内外から新米が大集合。お米の味を競うコンクールが開催!

今年も新米が出揃って、ご飯が美味しい季節となりました。このタイミングで毎年行われているのが「米・食味分析鑑定コンクール」。お米の味わいを競い合う国内外最大級のお米のコンクールで、21回めを迎える今年は国内外の生産者や農業高校から全部で5137のお米が出品されました。そのトップが決まる決戦の日、熱気あふれる会場へ行ってきました。


晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

晩秋から冬へ「二十四節気七十二侯」11月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

【パナソニック】Wおどり炊きの美味しさを科学しに新米試食体験会に行ってきました!

神楽坂 AKOMEYA 2階 フロアにて、パナソニック主催の新米試食体験会が2019年10月7日(木)に開催されました。ごはんニュースでは、2回にわたって、試食体験会をレポートします。


収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

収穫の季節到来「二十四節気七十二侯」10月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の気配が深まりゆく「二十四節気七十二侯」9月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられ、長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整されて、いまや日本人の暮らしに欠かせないものに。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいをいち早く感じ取り、心豊かでな暮らしを育みましょう。


残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

残暑を涼しく過ごす「二十四節気七十二侯」 8月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。それから長い年月を経て日本の気候風土に合うように調整され、日本人の暮らしに欠かせない指標となりました。「二十四節気七十二侯」を知ることは、季節を感じ取り心豊かでな暮らしを育むこと。


「二十四節気七十二侯」7月の暦

「二十四節気七十二侯」7月の暦

古代中国で考え出されて日本に取り入れられた、季節の指標「二十四節気七十二侯」。長い年月をかけて、日本の気候風土にフィットするよう調整され、日本人の暮らしに親しまれてきたもの。「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ることでもあります。


二十四節気七十二侯って何?

二十四節気七十二侯って何?

「二十四節気」という言葉をご存知ですか? これは古くから季節の指標とされたもので、もともとは古代中国で考え出されました。 「二十四節気七十二侯」を知ることは、私たちの暮らしや食文化を育んできた日本の気候風土を知ること。 これから毎月、二十四節気と七十二侯を中心に日本の暦を振り返りつつ、米づくりに関する節目、伝統行事や各地の祭り、梅しごとや味噌作りなど暮らしに関する行事を見ていきましょう。また、節気ごとに旬を味わうごはんもご紹介します。


【パーティごはん】パパやママと一緒に、手作りひな祭り

【パーティごはん】パパやママと一緒に、手作りひな祭り

みんなが集まる時だから、美味しいご飯が主役のごちそうを。 ひな祭りや端午の節句、卒業や入学のお祝いに華やかなちらし寿司、春爛漫の頃には花より団子なお花見弁当、夏になったら豪快&食欲倍増なアウトドアメシをご紹介。 お米のプロが選んでおいしく炊き上げた、たっぷりのごはんを取り寄せてオリジナルのパーティーごはんにアレンジします。 どんな人にも手軽に作れて、子どもから大人まで楽しめるパーティーごはん。まずは女の子の成長を祝い幸せを祈るひな祭りのごちそうからスタートです。


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

待ちに待った春到来!日を追うごとに暖かくなって木々が芽吹き、サクラのつぼみもほころんで、気持ちもワクワクと浮き立ちます。こんな時こそ、青空の下でピクニック。「ごはん屋便」でおいしいごはんを用意したら、お好みの具材をプラスオン。さあ、みんなでお花見やお節句を楽しみましょう!


日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

日本の米の作り手に聞く[1] - 小田原 志村屋米穀店 志村成則さん -

自らが生まれ育った小田原で、明治から続く米穀店を盛り立てながら、米作りに取り組む人がいます。 その人の目には、米づくりをめぐる環境や地域のこと、田んぼのこれからはどのように映っているのでしょうか。