記事総数:83  総PV数:37974

公開中の記事


日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒素人の女子がターゲット。ワイングラスで愉しむおしゃれ日本酒バル

日本酒を飲む人を増やそうじゃないか!おしゃれなバルと日本酒を融合した「KATSUO -カツオ-」が2018年2月15日(木)に東京・立川にオープンしました。日本酒60種以上をワイングラスで愉しむ新しいタイプの日本酒バル。日本酒女子会や合コン・デートなどにいかがでしょうか♪


天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

日本三景の一つ「天橋立」と鬼伝説で有名な「大江山」をはじめとする山々に囲まれた自然豊かな宮津の大地から、恋実る米・「つやっ娘」が生まれました。学生&メディアとのコラボによる「海の京都お土産商品開発プロジェクト」 で作ったお米でもあるそうですよ!


グルテンフリーの米粉パン屋さん厳選5店【全国編】

グルテンフリーの米粉パン屋さん厳選5店【全国編】

米粉を使ったパン屋さん特集。今回は東京以外のグルテンフリーの米粉パン専門店をセレクトしました。オンラインショップでのお取り寄せもできるので、気になるお店をチェックしてみてください♪


福光屋「St. Valentine’s Day 2018」発売中!

福光屋「St. Valentine’s Day 2018」発売中!

純米蔵「福光屋」から毎年好評の、酒蔵ならではのバレンタインアイテムが直営店とオンラインショップで限定発売中です!純米大吟醸酒を使った「SAKEショコラ」をはじめ、加賀鳶「藍」のミニボトルをセットにした贅沢なギフトなど、こだわりの品々を贈ってみてはいかがでしょうか。


ギフトにもぴったり。「五ツ星お米マイスターブレンド」発売

ギフトにもぴったり。「五ツ星お米マイスターブレンド」発売

ブレンド米などオリジナルの食品、道具などを企画・販売している「honshoku」 より五ツ星お米マイスターブレンド発売!現在お米クイズを連載している小池さんも開発に参加しています。2種類以上のお米を組み合わせて、1種類では出せない独自の味わいを表現できるブレンド米。見た目もおしゃれなのでギフトにもおすすめです。


アンパンマンをトッピングして食事を楽しく♪「アンパンマン ママ、これかけて!」新発売

アンパンマンをトッピングして食事を楽しく♪「アンパンマン ママ、これかけて!」新発売

小さなお子さまに大人気のアンパンマンかまぼこをメインとしたトッピング用ふりかけ「アンパンマン ママ、これかけて!」が永谷園より新発売されました。お子さまのイヤイヤ期や食べムラ、外出時の食事等で悩むお母さん・お父さんを応援します。


京都府産食材の特別メニューが味わえる「京のおもてなし企画」が東京・京都で開催

京都府産食材の特別メニューが味わえる「京のおもてなし企画」が東京・京都で開催

京都府では、京都府産食材を使った特別料理が味わえる冬の恒例企画「京のおもてなし企画」を、今年も1月16日(火)~2月28日(水)まで、京都と東京、合わせて過去最高の120店舗で実施するそうです。野菜やお肉・京都米だけではなく、京都で生まれ京都の蔵元だけが使うことのできる酒米「祝」を原料にしたお酒も味わえますよ!


【お米クイズ】第4回:1俵の重さとは?

【お米クイズ】第4回:1俵の重さとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第4回は「1俵の重さ」についてです!


【Instagramキャンペーン】ミツハシくんとクリスマスごはんの写真でお米が当たる!

【Instagramキャンペーン】ミツハシくんとクリスマスごはんの写真でお米が当たる!

年の瀬イベントの代表といえば、クリスマス!株式会社ミツハシではInstagramキャンペーン「ミツハシくんとクリスマスごはん」を開催中。楽しい写真をアップして美味しいお米がもらえるチャンスです。


“箸置きバイキング”など、お楽しみ盛りだくさん。食と雑貨の「AKOMEYA蚤の市」

“箸置きバイキング”など、お楽しみ盛りだくさん。食と雑貨の「AKOMEYA蚤の市」

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)は、2018年1月3日(水)~31日(水)までの期間中、“箸置きバイキング”など、お米好き・雑貨好きにはたまらない、「AKOMEYA蚤の市」を開催します。企画と開催店舗をご確認の上、お出かけくださいね♪


楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

楽しくて美味しい!『第二の故郷づくりプロジェクト』

「第二のふるさと」を持てる、楽しくて美味しいプロジェクトを発見しました。故郷のなり手にふさわしい理解のある農家さんと繋がって、農家さんがいつも食べているお米を直接送ってもらって、会いにも行ける。そんな温かい試みです。


子どもたちに“一生モノの感性と教養”を。「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」

子どもたちに“一生モノの感性と教養”を。「日本和食卓育キッズアンバサダー講座」

子どもたちへのさらなる“和食卓文化”伝承を目指す「 日本和食卓育キッズアンバサダー講座」。スタート直後からすぐに定員に達するほど人気の講座が2018年1月13日(土)より土曜クラスも新設されるそうです!


【2017年好調カテゴリーランキング】今年も甘酒がトップ!

【2017年好調カテゴリーランキング】今年も甘酒がトップ!

2017年の「消費者の平均購入金額がアップした日用消費財」を見てみると、伸び率のトップ3に「甘酒」「米飯用穀物(もち麦など)」がランクイン!意識調査の結果から好調の理由がクローズアップされました。


「#やさいおにぎり」フォトコンテストを”おにぎりの日”まで開催中♪

「#やさいおにぎり」フォトコンテストを”おにぎりの日”まで開催中♪

野菜を使ったおにぎりを投稿して、旬の野菜セットが当たるフォトコンテストが6月18日の”おにぎりの日”まで開催中です。お米愛と野菜愛あふれるコンテストをご紹介します!


【お酒と猫好き専用】利き酒に使われる蛇の目模様を「肉球」にアレンジしたおちょこが発売

【お酒と猫好き専用】利き酒に使われる蛇の目模様を「肉球」にアレンジしたおちょこが発売

おちょこの底のぐるぐるが肉球に?!蛇の目模様を「肉球」にアレンジした、日本酒と猫が好きなら欲しくなるおちょこが販売開始だそうです。


【おにぎり写真で社会貢献】「おにぎりアクション2017」世界33カ国以上からのべ50万人が参加

【おにぎり写真で社会貢献】「おにぎりアクション2017」世界33カ国以上からのべ50万人が参加

おにぎりの写真をSNSまたは特設サイトで投稿すると、参加者に代わって賛同企業が1枚につき100円を寄付し、アフリカ・アジアの子どもたちに給食5食を贈るという取り組みが今年10月5日から11月15日まで実施され、SNS上でとても盛り上がったそうです。今回はこの心温まるニュースをご紹介します。


訪日外国人に日本のお正月体験を!外国人向け「おせち料理体験クラス」

訪日外国人に日本のお正月体験を!外国人向け「おせち料理体験クラス」

年始にしか味わう事のできない「おせち」料理体験を、訪日外国人に向けて開催するお料理教室を発見しました。このクラスで外国人の方たちのほうが私たち日本人よりおせちに詳しくなってしまうかもしれません!?


【お米番付2017】入賞米8種類がついに決定!

【お米番付2017】入賞米8種類がついに決定!

過去最高・全国35都道府県159品の応募の中から、「お米番付2017」入賞米8種類がついに決定!最終審査では、ミシュラン星付き料理人や世界で活躍するフードコラムニストなど、各方面の食のプロフェッショナルが審査しました。


【11月23日】ごはんに関わる大切な記念日・新嘗祭以外にも

【11月23日】ごはんに関わる大切な記念日・新嘗祭以外にも

11月23日の新嘗祭(にいなめさい)はごはんに関する重要な祝祭日としてとても有名ですが、実はこの日、他にもいろいろなお米の記念日に制定されているのをご存知でしょうか。今回は11月23日の2つのごはん記念日をご紹介します。


日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

農林水産省によると、日本人1人当たりのお米の消費量は年々減少し、2015年度には、ピーク時の約半分になりました。ところがその一方で、世界中に日本食レストランが増えています。今や日本のお米は海外で人気が高まっているのです。今回は、日本のお米の輸出事情について調べてみました。