人気記事一覧


「東京茶寮」が1ヶ月限定で「お茶漬けスタンド 東京茶寮」としてオープン!

「東京茶寮」が1ヶ月限定で「お茶漬けスタンド 東京茶寮」としてオープン!

​世界初のハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」は、2018年4月28日(土)〜5月27日(日)の1ヶ月間限定で「お茶漬けスタンド 東京茶寮」として営業します。


美しい花模様のパッケージに興奮!米菓の贈り物『夏のフルール』期間限定発売

美しい花模様のパッケージに興奮!米菓の贈り物『夏のフルール』期間限定発売

届いた瞬間に驚きと笑顔が広がるつくりたて米菓の贈り物『夏のフルール』が2018年6月1日より期間限定発売 !見るだけで元気になれる向日葵や、涼やかなクレマチスのデザインと国産米100%のつくりたての米菓の意外な組み合わせは、父の日や結婚式の引き出物など、感謝の気持ちを届ける贈り物として最適です。


『ぼんち揚×2隊(ぼんちアゲアゲたい)』結成式開催のお知らせ

『ぼんち揚×2隊(ぼんちアゲアゲたい)』結成式開催のお知らせ

発売58年目にして、初のファンミーティング開催!「おいしい、お米のお菓子づくり」を目指して、1931年の創業以来、せんべい・あられ・スナック等を皆様にお届けしているぼんち株式会社は、5月13日(日)、東京・渋谷にて「ぼんち揚」史上初のファンミーティングを開催します。


【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

気持ちいい晴れの日が続く五月は、食欲も旺盛。白いごはんにいろいろな具材を加えると、ますますご飯が進みます。炊き込みご飯、お赤飯、チャーハン、ピラフ、おかゆ・・・・。ところで「炊き込みご飯」と「かやくご飯」、何が違うんでしょう?


京都府産食材の特別メニューが味わえる「京のおもてなし企画」が東京・京都で開催

京都府産食材の特別メニューが味わえる「京のおもてなし企画」が東京・京都で開催

京都府では、京都府産食材を使った特別料理が味わえる冬の恒例企画「京のおもてなし企画」を、今年も1月16日(火)~2月28日(水)まで、京都と東京、合わせて過去最高の120店舗で実施するそうです。野菜やお肉・京都米だけではなく、京都で生まれ京都の蔵元だけが使うことのできる酒米「祝」を原料にしたお酒も味わえますよ!


ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

ごはんを食べて抗酸化作用を実感!アンチエイジング炊き込みごはんを作ってみた。

「いつまでも健やかで美しくいたい」誰もが願うことだと思います。これを日常生活の中で気軽に取り入れることが出来ないか?と考えると、やはり食で取り入れるのが簡単かもしれません。早速Daisyが食材を吟味し、抗酸化作用たっぷりのアンチエイジングごはんを作ってみましたのでレポートします!


『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

JTBパブリッシングが直営飲食店舗editor's fav『るるぶキッチンKYOTO』で、新プロジェクト「るるぶおにぎりLABO」をスタート。お米や海苔はもちろんのこと、おにぎりの具材、醤油やマヨネーズなど調味料にまで編集者が徹底的にこだわった、究極のおにぎりプロジェクトです。


【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

【AKOMEYA厨房】特別なお昼を楽しみたい 大人の銀座贅沢ランチ。

今話題のお米のライフスタイルショップ・AKOMEYA(アコメヤ)銀座。その奥にある「AKOMEYA厨房」はおいしい炊き立てのごはんを中心に、独自の目利きが選んだ調味料がふんだんに使われたランチメニューで行列ができる人気店です。 


国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

ヴィーガンの人やアレルギーが気になる人にスイーツ朗報です!米粉を使い、動物性原料不使用・グルテンフリー・アレルギー特定原材料等27品目不使用を実現したホットケーキ 「ヴィーガンホットケーキ」が販売開始しました。


【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

【数量限定】幻の米『龍の瞳』で醸した日本酒が全国販売解禁

佐賀県の株式会社峰松酒造場は、2018年5月26日(土)より『幻の米「龍の瞳」で40年越しに復活蔵で醸し出す夢を叶える酒』をコンセプトに、九州初となる佐賀県産「龍の瞳」100%使用の日本酒『肥前浜宿 龍の瞳 純米吟醸 無濾過原酒』を数量限定各1000本で同時販売開始します。


【ごはん歳時記 2月】恵方巻き

【ごはん歳時記 2月】恵方巻き

そろそろ節分が近づいてきましたね。昔は「節分」といえば「豆まき」しかありませんでしたけど、最近では「恵方巻き」が人気のようです。コンビニのおかげですっかり全国区になった感のある「恵方巻き」の正体、ごぞんじですか?


“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

“日本一厳しい” 7つの独自基準を満たす最高級米「ASAKAMAI887」プロジェクト始動!

郡山市米消費拡大推進協議会は、郡山産のブランド米「あさか舞(まい)」のフラッグシップとなる最高級ブランド「ASAKAMAI887(アサカマイハチハチナナ)」の生産に挑む「ASAKAMAI887」プロジェクトを始動しました。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


稲刈りイベント参加者募集!おだあし田んぼアート2017『デゴニが走る!』

稲刈りイベント参加者募集!おだあし田んぼアート2017『デゴニが走る!』

神奈川県民の水源地の一つ山北町の素晴らしい景色の中で、抜穂祭、田んぼアート「デゴニ」の稲刈り。 子供たちはカエルと戯れ。大人はのんびり田んぼでカフェ。きっと秋のいい思い出になるでしょう。


クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

クラウドファンディング風酒米作り2018 参加者募集中!

おこめディア編集部も応援している「クラウドファンディング風酒米作り」。酒米の「愛山」を自ら育てて、茨城県の磯蔵酒造で仕込み、自分だけのお酒を楽しめるという体験型のプロジェクトが、好評につき、2018年も参加者を募集しています!


天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

天橋立パワーで"恋実る米"に。丹後米コシヒカリ「つやっ娘」

日本三景の一つ「天橋立」と鬼伝説で有名な「大江山」をはじめとする山々に囲まれた自然豊かな宮津の大地から、恋実る米・「つやっ娘」が生まれました。学生&メディアとのコラボによる「海の京都お土産商品開発プロジェクト」 で作ったお米でもあるそうですよ!


【江戸のお花見フェア】桜の香りを感じる純米吟醸酒も。銀座 蔦屋書店

【江戸のお花見フェア】桜の香りを感じる純米吟醸酒も。銀座 蔦屋書店

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)は、2018年3月1日(木)から4月1日(日)まで、「江戸のお花見」フェアを開催します。「食」と「ファッション」の切り口で、江戸時代のお花見を再現します。また、関連イベントとして、生産家と一緒に、桜煎茶と桜樽酒の試飲イベントも。


おしゃれで健康的な「日本のごはん」も楽しめる!池袋にGLOCAL CAFEがオープン。

おしゃれで健康的な「日本のごはん」も楽しめる!池袋にGLOCAL CAFEがオープン。

青山で話題のカルチャーカフェ「GLOCAL CAFE」が2018年3月21日(水祝)に池袋サンシャインシティにオープンします。日本政府観光局(JNTO)外国人観光案内所の中で最高レベルのカテゴリー3認定を池袋で初取得し、池袋と世界をつなげます!


日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

日本のおいしいお米を世界に - ごはんグルメトレンド[2]

農林水産省によると、日本人1人当たりのお米の消費量は年々減少し、2015年度には、ピーク時の約半分になりました。ところがその一方で、世界中に日本食レストランが増えています。今や日本のお米は海外で人気が高まっているのです。今回は、日本のお米の輸出事情について調べてみました。


“箸置きバイキング”など、お楽しみ盛りだくさん。食と雑貨の「AKOMEYA蚤の市」

“箸置きバイキング”など、お楽しみ盛りだくさん。食と雑貨の「AKOMEYA蚤の市」

AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)は、2018年1月3日(水)~31日(水)までの期間中、“箸置きバイキング”など、お米好き・雑貨好きにはたまらない、「AKOMEYA蚤の市」を開催します。企画と開催店舗をご確認の上、お出かけくださいね♪


アクセスランキング


>>総合人気ランキング