ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

今年の夏は、いつまでも湿度が高くムシムシで、既に夏バテ気味の方も多いと思います。そもそも夏バテのしくみってご存知ですか?今回も、薬膳料理の視点から、夏の養生について考えてみたいと思います。


夏バテとは?

夏は、春にも増して自然界の陽気が盛んになる季節、体温を冷ますために血液循環をよくして汗をかきますね。「汗をかく」というのは、身体を冷やす為に起こる天然のクーラーのような作用ですが、汗をかき過ぎると体内の水分(リンパ液、唾液、消化液など)が減少、消化不良、血液がどろどろになるなど、身体が水分不足の状態になって支障をきたすことになります。体内の陽の気がうまく発散できないと、身体は暑さを感じ、冷房や冷飲を好み、時には過多となります。

冷たい飲食物を身体に入れると一時的には心地よく感じますが、冷えに弱い胃腸の働きの低下を招きます。また、血液循環により身体の水分調節をする心臓や肺がうまく機能しなくなり、身体の中に余分な水分がたまりやすくなります。体内にたまった水は熱を伝える作用をするので、再び体が熱くなり、冷たい物が欲しくなる…これを繰り返していると 身体が必要としているエネルギーを作ることができなくなり、下痢、食欲不振、だるさ、無気力、憂鬱感などの自覚症状が夏バテとして表れてくるのです。

夏の養生

水分不足は、血液をどろどろにするだけでなく、血管が弛緩して血圧が低くなりますから、心臓に負担がかかり循環器系のトラブルを招きやすくなるので、こまめに水分補給しましょう。また、暑さによる睡眠不足は、自律神経のバランスを損ない、不安、肩こりや頭痛の原因にもなりますから、意識してゆったりした時間を過ごすことが必要です。短時間の昼寝や仮眠をとることは夏バテ防止に役立ちます。冷房の効きすぎた部屋に長時間いる、冷たいものを取り過ぎるなどで胃腸が冷えると様々な病気の基になります。1日1回は軽いスポーツで汗を流したり、湯船に漬かるなど冷え対策を。

夏の薬膳処方

次の食材が夏の食薬として有効です。旬を意識しながら、取り入れてみてください。

効果意味/食薬
清熱解暑熱を取り除き、夏の暑さから身体を守る
栗、セロリ、芹、白菜、苦瓜(ゴーヤ)、マコモ、レタス、たんぽぽ、薄荷(ミント)、緑豆、バナナ、緑茶、スイカ、茄子、緑豆もやし、菊花など
生津止渇津液(体内の水分)を生み、喉の渇きを解消する
トマト、豆腐、瓜類(メロン、スイカ、胡瓜)、オクラ、パイナップルなど
養心安神気持ちを落ち着かせる
小麦、ユリ根、大棗(ナツメ)、蓮の実、ブタの心臓(ハツ)
行気消食気を巡らせ、消化を助ける
ラッキョウ、大根、グリーンピース、サンザシ、大麦、蕎麦、ミカン、ジャスミン茶

夏の味

夏は、苦味が主役です。それぞれの味には、次のような特徴があります。

適性特徴/使い方
苦味苦味は熱を冷まし暑さを体外に出す効果がある
虚弱体質や冷え性の方は、注意が必要です。
甘味×甘味は体に内部に湿気をためやすい
食べすぎは脾(胃腸)の働きを低下させます。控えめに。
酸味収斂作用があるので、汗の出すぎを止める
酸味を加えることで、食欲増進に役立ち、夏の疲れを軽減します。
鹹味(かんみ)補養心気
(塩辛さ、海産物の持つ旨みなど)適度な塩分は夏バテ防止に役立ちますが、控えめに。

苦味と言えばビールが一番!という方も多いと思いますが、アルコールには利尿作用がありますから意外や意外、身体の中は水不足状態に。気をつけましょう。


今回のごはんレシピは、そんな夏バテ解消を意識した、「苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司」です。薄切にした苦瓜をさっと湯がいてそのまま使いますが、適度な苦味が美味しく、気持ちをしゃきっとさせてくれます。爽やかなごはんタイムをお過ごしくださいね。今回も、薬膳のお話とレシピは、国際薬膳士の渋谷久恵先生にご指導いただきました。

苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司(4~5人分)

ポイント

身体の熱を取り除き胃腸の働きを整えます。

材料

※4~5人分
  • 米・・・・・・1.5カップ
  • 緑豆・・・・・40g

 [ A ]
  • 酢・・・・・・30ml
  • 砂糖・・・・・大さじ 1.5
  • 塩・・・・・・小さじ 1

  • 卵・・・・・・1個

 [ B ]
  • 塩・・・・・・少々
  • 酒・・・・・・小さじ 1

  • 苦瓜・・・・1/2本
  • 椎茸・・・・・2枚
  • 甘塩鮭・・・・1切れ
  • 貝割菜・・・・1/2束
  • みょうが・・・2個

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い炊飯器にセットする。
  2. 緑豆は、一晩水に浸け、2カップの水で固めに茹でる。
  3. [1]に[2]の茹で汁(水を加え2カップ)と緑豆を加えてスイッチを入れ炊く。
  4. 椎茸は石づきを取ってから醤油をつけて香り良く焼き、千切りにする。
  5. 苦瓜は縦1/2にしてからワタを取り、薄切り。軽く塩もみしてからさっと茹でて冷水に取り、水気をとる。
  6. 塩鮭は色良く焼いて細かくほぐす。
  7. 卵は、Bで味付けし、薄焼卵を作り千切りにしておく。
  8. Aをよく混ぜ、[3]に加え、[4]、[5]の1/2と[6][7]を合わせ混ぜ、器に盛る。
  9. [5]の残り半分と貝割菜、みょうがを飾る。

この記事のライター

関連する投稿


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

ひな祭りには欠かせないメニューがいっぱいありますね。 「ちらし寿司」「ひし餅」「雛あられ」「白酒」、これみんな素材は「お米」。 お米の国ニッポンのお祭りとお米の、切っても切れない深い縁です。


ごはんと癒し:富貴寄せご飯で、夏の疲れをいたわる。

ごはんと癒し:富貴寄せご飯で、夏の疲れをいたわる。

今年の夏は、猛暑と多雨多湿が繰り返される、とても厳しい季節でした。 そのせいか、心身の不調を訴えている方が大勢。今回は、「夏の疲れ」を上手に癒し、深まる秋に備える方法について考えてみたいと思います。


【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

日本のお米をもっと知りたい!味わいたい!そんな方のためにこの夏東京で楽しめるイベントやおすすめスポットをまとめました。いつものごはんもいいけれど、違った視点でおいしいお米を楽しんでみるのはいかがでしょうか。予定やお休みが変わることもあるので事前に確認の上、お出かけくださいね。


ごはんと癒し:小豆と蓮の実ごはんで、梅雨の憂鬱をのり切る。

ごはんと癒し:小豆と蓮の実ごはんで、梅雨の憂鬱をのり切る。

今回は薬膳の考え方に基づいた梅雨どきの養生や、憂鬱をのり切るためのごはんレシピ「小豆と蓮の実ご飯」を紹介します。梅雨は大気に含まれる水分が身体の働きに影響し、メンタルの不調も起こりやすくなる季節。風通しを良くし、楽しむことを心がけて生活したいものです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。