ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

今年の夏は、いつまでも湿度が高くムシムシで、既に夏バテ気味の方も多いと思います。そもそも夏バテのしくみってご存知ですか?今回も、薬膳料理の視点から、夏の養生について考えてみたいと思います。


夏バテとは?

夏は、春にも増して自然界の陽気が盛んになる季節、体温を冷ますために血液循環をよくして汗をかきますね。「汗をかく」というのは、身体を冷やす為に起こる天然のクーラーのような作用ですが、汗をかき過ぎると体内の水分(リンパ液、唾液、消化液など)が減少、消化不良、血液がどろどろになるなど、身体が水分不足の状態になって支障をきたすことになります。体内の陽の気がうまく発散できないと、身体は暑さを感じ、冷房や冷飲を好み、時には過多となります。

冷たい飲食物を身体に入れると一時的には心地よく感じますが、冷えに弱い胃腸の働きの低下を招きます。また、血液循環により身体の水分調節をする心臓や肺がうまく機能しなくなり、身体の中に余分な水分がたまりやすくなります。体内にたまった水は熱を伝える作用をするので、再び体が熱くなり、冷たい物が欲しくなる…これを繰り返していると 身体が必要としているエネルギーを作ることができなくなり、下痢、食欲不振、だるさ、無気力、憂鬱感などの自覚症状が夏バテとして表れてくるのです。

夏の養生

水分不足は、血液をどろどろにするだけでなく、血管が弛緩して血圧が低くなりますから、心臓に負担がかかり循環器系のトラブルを招きやすくなるので、こまめに水分補給しましょう。また、暑さによる睡眠不足は、自律神経のバランスを損ない、不安、肩こりや頭痛の原因にもなりますから、意識してゆったりした時間を過ごすことが必要です。短時間の昼寝や仮眠をとることは夏バテ防止に役立ちます。冷房の効きすぎた部屋に長時間いる、冷たいものを取り過ぎるなどで胃腸が冷えると様々な病気の基になります。1日1回は軽いスポーツで汗を流したり、湯船に漬かるなど冷え対策を。

夏の薬膳処方

次の食材が夏の食薬として有効です。旬を意識しながら、取り入れてみてください。

効果意味/食薬
清熱解暑熱を取り除き、夏の暑さから身体を守る
栗、セロリ、芹、白菜、苦瓜(ゴーヤ)、マコモ、レタス、たんぽぽ、薄荷(ミント)、緑豆、バナナ、緑茶、スイカ、茄子、緑豆もやし、菊花など
生津止渇津液(体内の水分)を生み、喉の渇きを解消する
トマト、豆腐、瓜類(メロン、スイカ、胡瓜)、オクラ、パイナップルなど
養心安神気持ちを落ち着かせる
小麦、ユリ根、大棗(ナツメ)、蓮の実、ブタの心臓(ハツ)
行気消食気を巡らせ、消化を助ける
ラッキョウ、大根、グリーンピース、サンザシ、大麦、蕎麦、ミカン、ジャスミン茶

夏の味

夏は、苦味が主役です。それぞれの味には、次のような特徴があります。

適性特徴/使い方
苦味苦味は熱を冷まし暑さを体外に出す効果がある
虚弱体質や冷え性の方は、注意が必要です。
甘味×甘味は体に内部に湿気をためやすい
食べすぎは脾(胃腸)の働きを低下させます。控えめに。
酸味収斂作用があるので、汗の出すぎを止める
酸味を加えることで、食欲増進に役立ち、夏の疲れを軽減します。
鹹味(かんみ)補養心気
(塩辛さ、海産物の持つ旨みなど)適度な塩分は夏バテ防止に役立ちますが、控えめに。

苦味と言えばビールが一番!という方も多いと思いますが、アルコールには利尿作用がありますから意外や意外、身体の中は水不足状態に。気をつけましょう。


今回のごはんレシピは、そんな夏バテ解消を意識した、「苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司」です。薄切にした苦瓜をさっと湯がいてそのまま使いますが、適度な苦味が美味しく、気持ちをしゃきっとさせてくれます。爽やかなごはんタイムをお過ごしくださいね。今回も、薬膳のお話とレシピは、国際薬膳士の渋谷久恵先生にご指導いただきました。

苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司(4~5人分)

ポイント

身体の熱を取り除き胃腸の働きを整えます。

材料

※4~5人分
  • 米・・・・・・1.5カップ
  • 緑豆・・・・・40g

 [ A ]
  • 酢・・・・・・30ml
  • 砂糖・・・・・大さじ 1.5
  • 塩・・・・・・小さじ 1

  • 卵・・・・・・1個

 [ B ]
  • 塩・・・・・・少々
  • 酒・・・・・・小さじ 1

  • 苦瓜・・・・1/2本
  • 椎茸・・・・・2枚
  • 甘塩鮭・・・・1切れ
  • 貝割菜・・・・1/2束
  • みょうが・・・2個

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗い炊飯器にセットする。
  2. 緑豆は、一晩水に浸け、2カップの水で固めに茹でる。
  3. [1]に[2]の茹で汁(水を加え2カップ)と緑豆を加えてスイッチを入れ炊く。
  4. 椎茸は石づきを取ってから醤油をつけて香り良く焼き、千切りにする。
  5. 苦瓜は縦1/2にしてからワタを取り、薄切り。軽く塩もみしてからさっと茹でて冷水に取り、水気をとる。
  6. 塩鮭は色良く焼いて細かくほぐす。
  7. 卵は、Bで味付けし、薄焼卵を作り千切りにしておく。
  8. Aをよく混ぜ、[3]に加え、[4]、[5]の1/2と[6][7]を合わせ混ぜ、器に盛る。
  9. [5]の残り半分と貝割菜、みょうがを飾る。

この記事のライター

関連する投稿


【パーティごはん】パパやママと一緒に、手作りひな祭り

【パーティごはん】パパやママと一緒に、手作りひな祭り

みんなが集まる時だから、美味しいご飯が主役のごちそうを。 ひな祭りや端午の節句、卒業や入学のお祝いに華やかなちらし寿司、春爛漫の頃には花より団子なお花見弁当、夏になったら豪快&食欲倍増なアウトドアメシをご紹介。 お米のプロが選んでおいしく炊き上げた、たっぷりのごはんを取り寄せてオリジナルのパーティーごはんにアレンジします。 どんな人にも手軽に作れて、子どもから大人まで楽しめるパーティーごはん。まずは女の子の成長を祝い幸せを祈るひな祭りのごちそうからスタートです。


【国産素材を使ったちらし寿司の素】無添加調理で子どもも安心!お手頃価格で期間限定発売

【国産素材を使ったちらし寿司の素】無添加調理で子どもも安心!お手頃価格で期間限定発売

酸味が苦手な方や子どもたちに朗報です。りんご酢を使ったちらし寿司の素が、3月上旬まで期間限定発売中です!すべて国産の具材を使用し、製造過程で添加物を使わない「無添加調理」で安心安全。ひな祭りやホームパーティーを楽しく盛り上げる美味しいちらし寿司の素に注目です。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

SNSを中心に話題沸騰中のとうもろこしごはんをご存知ですか? インスタ映えするビジュアルに加え、甘いお米と旬のとうもろこしがこんなにも合うのか!とファンが増殖中。Daisyが今一番好きなお米料理、まだ試していない方にぜひお勧めします!


最新の投稿


【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

【お米クイズ】第50回:炊飯器とお米の量

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第50回は炊飯器とお米の量についてです。


米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

福光屋より、醗酵滋養飲料「糀甘酒」の特長と独自の米醗酵技術を生かした 天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」 が4月25日(木)より新発売です。軽快な甘味と麹由来のクエン酸による爽やかな酸味、すっきりとした後味で日常の水分補給におすすめです。


【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第49回はごはんの専門用語についてです。


【お米クイズ】第48回:お米の相場

【お米クイズ】第48回:お米の相場

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第48回はお米の相場についてです。


【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科調理科学の「Yahho」(ヤッホー)の愛称で活動しているゼミナールの学生とミツハシの新規商品開発課の女性社員で「グルテンフリー」を意識して開発された米粉スイーツが2019年5月6日まで期間限定で販売されており、米粉好きとしては是非食べておきたい!ということでGOHANYA' GOHANへ行ってきました。