ヴィーガンおすすめ・美味しい癒しごはんどころまとめ

ヴィーガンおすすめ・美味しい癒しごはんどころまとめ

今、ベジタリアンでなくてもベジフード店が大好きな人がたくさんいます。人気の理由は素材にこだわったヘルシーさと自然な美味しさ。今回は旅好きヴィーガン・Hitodeが実際に訪れた中から選りすぐってgohanに教えてくれた、美味しくて身体を優しいエネルギーで満たしてくれるおすすめ店をご紹介します。


ベジタリアンとヴィーガンとマクロビオティックの違いって?

近年よく耳にする、「ベジタリアン」「ヴィーガン」「マクロビオティック」。その違いは大まかに説明するとこのようになります。

【ベジタリアン】
菜食主義の人の総称。ただ、「乳製品はOK」「魚は食べる」など、色々なタイプの人がいます。

【ヴィーガン】
お肉を食べないだけではなく、鰹だしやバターなど、一切の動物由来のものを口にしない人。革製のバッグを避けたり、動物に由来した物も身につけない・持たない人も多いです。

【マクロビオティック】
自分たちが暮らしている土地が生み出す食材(身土不二)をできるだけ丸ごといただくこと(一物全体)で、人生をより良くしていくための方法。陰陽のバランスを考え玄米菜食が基本ですが、ときには動物性の食材もいただきます。

現代のライフスタイルは人それぞれ。自分にあったごはんを楽しく食べたいものです。

それではここから選りすぐりの癒しごはんどころをご紹介します。
※基本的にヴィーガン対応、オーガニックメニューですが気になる方はお店に行く前に確認してくださいね。

薬草labo.棘(愛知県名古屋市)

「薬草labo.棘(とげ)」は、古い一軒家でこだわりの食材のオーガニック玄米菜食とアロマトリートメントでこころ と からだ を整えることができるお店です。
ランチは旬の力強い食材をほぼ週替わりで出しています。お野菜は常滑の有機農家さんのものを中心に、できるだけ近郊のオーガニックのものを使用し、出汁も動物性は使用していないので、ヴィーガンも安心。 玄米とお野菜のみを使った、心とからだにじんわり染み込むお味です。

■住所: 名古屋市昭和区神村町2-59
■TEL: 052-880-7932
■ホームページ:
http://www.yakusoulabo-toge.com/cafe/index.html
■カフェ:
月・火・金・土
11:00~18:00(lunch 11:30~14:00(L.O))
■アロマ:
木・日・祭日
10:00~22:00の間で応相談。
定休日: 水曜日

星月夜(愛知県犬山市)

星月夜は「自信をもって子供に食べさせたい食」「近場にあるといいなと思う食材のお店」― そんな思いを形にしようと誕生したお店だそう。食材や作品が店内を美しく彩っています。レストランは動物性の食材は一切使わず、旬の野菜、発酵食品、雑穀を使った穀物菜食ごはんや、スパイスたっぷりのマサラカレーとひよこ豆のコロッケのセット、じっくり味を染み込ませた車麩に衣をつけ揚げた車麩カツ定食などを出しています。
ワークショップやオーガニックマーケットなど人とのつながりを大切にした活動も多いので、地元生産者とコミュニケーションを取りたい方にもおすすめです。
■住所: 愛知県犬山市大字犬山字西古券92番地
TEL/FAX: 0568-54-3473
■営業時間:
1F Restaurant 11:00ー17:00
※年4回 イベント「美味しい夜」にて夜ご飯の予約を受け付けています
2F Gallery 12:00−18:00
■定休日火曜日・水曜日
(夏季・冬季休業あり/2F Gallery 不定休)
■ホームページ
http://hosizukiyo.jp/

KAJIYA(長野県松本市)

KAJIYAは四賀村の雄大な自然の中で築130年の古民家を改造して作られた農的ゲストハウス。ギャラリーやヨガスペースも併設した、まさに「心が開く」空間です。宿泊しなくても、毎週金・土と月1回の日曜日にカフェがオープンするのでこちらを目的に訪れる人も…。なるべく自分たちの畑や田んぼで収穫したオーガニックな野菜やお米を使い、ごはんは長岡式酵素玄米。メニューは、月替わりベジタブルプレート(ヴィーガン)とカレープレート(動物性使用)があります。
KAJIYAを営むご家族の人柄が現れている優しい食事が評判です。

営業スケジュールはブログで確認してくださいね。
ブログ
http://kajiyakajiya.blog.fc2.com/blog-category-15.html
カレンダー
http://kajiya.boo.jp/karenda.html

■住所: 長野県松本市五常6437(旧四賀村)
■TEL: 0263-64-3387
■カフェ・ギャラリーの営業: (金・土・月1回の日曜日)11:00〜17: 00
■YOGA(要予約):毎週水曜日 10:00〜11:15
■ホームページ:
http://kajiya.boo.jp/index.html

菜食庵 パドマ(京都市左京区)

「菜食庵 パドマ」は、「日々の食を通じて、心と身体が平和になっていくごはんとのみもの」をテーマとし、乾物、玄米、雑穀と京都ならではの自然農、無農薬の元気な地野菜をふんだんに使用した精進ごはんを提供するお店です。食事は「定食がすごくて、ごはんにエネルギーが満ちてる」「癒される」と、味だけではなく心に響くパワーを評価する声も多く聞かれるほど。京都に行ったらぜひ立ち寄りたいお店です。

■住所: 京都府京都市左京区吉田牛ノ宮町25-12
■TEL: 075-708-7707
■営業時間:
11:30〜18:00ごろ(ランチラストオーダー 15:00)
水曜日・金曜日・土曜日は営業(20:30ラストオーダー)
■定休日: 毎週木曜日 他不定休
■ホームページ:
http://padmazenfood.com/

niginigi(ニギニギ)(石川県 金沢市)

ヴィーガン・デリ「niginigi(ニギニギ)」は、地元産の安心安全な食材をつかいながら、カラダにもココロにもやさしいヴィーガンスタイルの料理を提供するお店。基本、テイクアウトです。
おにぎり200円、日替わりのお弁当は600円というお手頃価格でありながら新鮮な地元産食材を使っていて、お米も石川県産の有機米。細かい遊び心のある見た目も大人気です。
お店を営む女性二人の人柄が素敵で、いつも笑顔がこぼれてしまう、こじんまりとしたかわいらしい場所なのです。こちらのお店ではワークショップやケータリングも行っています。
■住所: 石川県 金沢市石引2丁目7-2
■営業時間: 11:00 ~ 18:00
■定休日: 土・日・祝
■ホームページ
http://niginigi.co/

ムシャリラ・ムシャリロ(石川県金沢市)

「ムシャリラ・ムシャリロ」は、県内産有機野菜と伝統的製法の調味料のみでつくる完全植物性(※マクロビ食ではありません)のお弁当屋さん。一般民家をリノベーションした、とても素敵なお店ですが、嬉しいことにこちらでランチもできます。丁寧なごはんづくりでファンが多い、人気のお店です。
季節に合わせて調合するオリジナルチャイMIXや自家製瓶詰食品なども販売しています。
女性店主のユーモアあふれる楽しいブログも要チェック。メニューやお休みのお知らせもあるので
お出かけ前には目を通しましょう。

■ブログ「ムシャリラ・ムシャリロの弁当屋」
http://musyari.exblog.jp/

この記事のライター

関連する投稿


【期間限定】土鍋ごはんおにぎりの前衛的レストラン『La Donabe(ラ・ドナべ)』代官山にオープン

【期間限定】土鍋ごはんおにぎりの前衛的レストラン『La Donabe(ラ・ドナべ)』代官山にオープン

タイガー魔法瓶株式会社は、土鍋炊飯ジャー「炊きたて」で炊いた土鍋ごはんのおいしさを驚きをもって楽しんでいただくために、土鍋ごはんのおにぎりで愛を語る前衛的な土鍋ONIGIRIレストラン『La Donabe(ラ・ドナベ)』を2018年10月19日(金)〜21日(日)の3日間限定でオープンします。


原材料は国産米と水のみ! 添加物なしの「ライスジュレ」がお料理の強い味方に

原材料は国産米と水のみ! 添加物なしの「ライスジュレ」がお料理の強い味方に

「ライスジュレ」をご存知でしょうか?小麦や食品添加物を使わなくても、パンやケーキが“しっとりもちもち”になると評判のお米由来の食材なのです。 グルテンフリー食を取り入れている方にとって、強力な助っ人となること間違いなしです。


女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

土鍋やかまどで炊いた炊き立てごはんは、ふっくらつやつやで格別の美味しさ。今回は全国の土鍋/かまどごはんのランチが楽しめるお店をご紹介します。お昼休みや旅先で、女子1人でも楽しめるお店を集めました♪


『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

『るるぶ』編集者のこだわりおにぎり「るるぶおにぎりLABO」平日ランチタイムスタート !

JTBパブリッシングが直営飲食店舗editor's fav『るるぶキッチンKYOTO』で、新プロジェクト「るるぶおにぎりLABO」をスタート。お米や海苔はもちろんのこと、おにぎりの具材、醤油やマヨネーズなど調味料にまで編集者が徹底的にこだわった、究極のおにぎりプロジェクトです。


国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

国産米粉使用。ヴィーガン対応「ヴィーガンホットケーキ」登場

ヴィーガンの人やアレルギーが気になる人にスイーツ朗報です!米粉を使い、動物性原料不使用・グルテンフリー・アレルギー特定原材料等27品目不使用を実現したホットケーキ 「ヴィーガンホットケーキ」が販売開始しました。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング