ごはん界に押し寄せるカラフルな波 - ごはんグルメトレンド[1]

ごはん界に押し寄せるカラフルな波 - ごはんグルメトレンド[1]

今年、色数が豊富でSNSばえするカラー酢飯が登場! ついに、ごはんの世界にもカラフルトレンドが到来したようです。食の見た目がますます変化していく中、カラー酢飯誕生の背景やカラフルブームの要因を追ってみました。


カラフルフードが流行している理由

今、女性の間で人気のカラフルスイーツ。使われている色数が多く、ひとつひとつの色が食べ物に見えないほど鮮やかなことが特徴です。
「インスタ映えする」のが流行の要因といわれている一方で、色の深層心理を刺激している(コントラストが強い鮮やかな色彩は、自己表現やパワーアップに潜在的につながっているらしい)ので、女性が自然と欲しくなるのでは?という説もあります。
そう考えると、カラフルな食品が女子に流行っているのもうなずけますね。

「カラフルでかわいいカップ寿司」の登場!!

カラフル酢飯

スーパ―でカラフルスイーツのようなお寿司を発見しました。
裏面を見ると「カラフル寿司」というラベルが貼られています。
いか、かに、いくらがキラキラとカラフルに散りばめられていますが、何よりもベースとなっている酢飯がカラフルなのです。

ちらし寿司の上に乗っている「具材がカラフル」。
ここまでは今までもありましたが、そのベースのごはんにも色がついているのは、新しいですね。
これは一体どうやって作ったのでしょうか?

カラフルごはんの素「カラフル寿司」の開発者に聞く

このカップ寿司のアイデアを生んだのは、生鮮魚介類の販売や宅配デリバリーなど、食品(主に海産物)を扱っている、東信水産株式会社の女性社員でした。原宿にある有名カップケーキ店のレインボーケーキのような商品をお寿司で作りたいと考えたところからスタートしたとのこと。見た目がカラフルスイーツのようだったのも納得です。


具材や酢飯のカラーリングでバリエーションをつけています。

東信水産株式会社
【住所】東京都杉並区上荻1-15-2 丸三ビル3階
【TEL】03-3391-2226(代)
【ホームページ】http://www.toshin.co.jp/

このカラフル寿司の酢飯は、お米の一貫メーカー・ミツハシライスが提供しています。

担当者に商品開発で苦労した点を伺ってみたところ、
「もっとたくさんの色数を扱いたかったのですが、商品化にあたって色数を絞るのが大変でした。」とのこと。国産米のみでふっくら炊き上げ、着色は「クチナシ」を使用。味はやや甘めです。

味も見た目もかわいくて親しみやすいので、女性や子供が思わず手にとりそうな商品です。これからのシーズン、ハロウィンやクリスマスに向けてパーティごはんとしても楽しい盛り上げ役になりそうですね。

ミツハシライス
【住所】神奈川県横浜市金沢区幸浦2-25
【TEL】045-285-3284(代)
【ホームページ】http://www.3284rice.com/

カラフルごはんケーキは、ちらし寿司、押し寿司?! 和と洋の融合

以前から、「ごはんケーキ」というジャンルが存在しています。
異なる色のごはんを層のように積みかさね、その上にアクセントとして錦糸たまごやいくらなどをトッピングして飾りつけするものです。まさに和の食材を、ケーキのように見立てています。昔であれば、押しずしやちらし寿司がその原型といえるでしょう。
カップ寿司はあたかも、カップケーキやパフェのように見えますね。今年のカラフルスイーツのブームにあわせて、カラフルごはんケーキがさらに増えるのではないでしょうか。

今回、gohan編集部ではカラー酢飯を使ってホームパーティ用のカラフルごはんケーキを作ってみました。

パッケージサラダの上にカラフル酢飯をトッピングしたサラダごはん

グラスに盛り付けたカラフル酢飯

カラフルごはんのカラーの意味を考えてみた。

パーティ用カラフルごはん

料理の色は、そもそも食材の色です。究極の料理人たちは、食の芸術への探求心から、まず色を選んで料理することも多いそうです。四季にあわせた食材や色から作られた料理を目で楽しみ、舌で味わう。それが贅沢な一品であることは間違いありません。ごはんは栄養をとったり、食欲を満たすためにだけに食べるものではないのですね。
芸術的な食は日常の食事とはちがうかもしれませんが、ここぞという時には、彩り豊かなこだわりのごはん —おめでたい日、うれしい日に食べる、まさに「ハレの日のごはん」— を目と口で楽しみたいものです。

そう考えると、カラフルごはんは「ハレの日」ごはんに近いのかもしれません。
ごはんに綺麗な色を混ぜ込むことで、味わうだけの料理から、色からも元気をもらう料理にパワーアップできます。カラフルごはんは、めでたいハレの日にさらに自分なりの意味づけをして遊びにできる料理。自分を励まし、料理からパワーをもらうカラフルごはん。まさに、心も体も特別な元気をもらうことができるごはんです。 

今年のハロウィンに食べたい、カラフルごはん。

さて、ハロウィンは毎年10月31日。日本で年々盛り上がりをみせているこのお祭りにも、定番カラーがあります。そこでハロウィンでよく登場する3つの色の意味を調べてみました。

カラー意味
オレンジかぼちゃの色という意味もありますが、本当は収穫の色からきているようです。
本来の意味としては「サービス精神」。
ハロウィンでいう黒は、「死と闇」。
色としてはクリエィティブカラ―。
月明かりの夜空をさしているそうです。
色の意味としては、「上品、美的センス」。

1年に1度のハロウィンの日、仮装だけでなく料理こそ、この3つの色を使ってちょっと奇抜な想い出に残るカラフルごはんにチャレンジしてみませんか?

えっ、そんな奇抜な色の料理は食べられない、って?

gohan編集部でもそう思っていたのですが、試しにカラフル酢飯を使ってハロウィンカラーのカップ寿司を作ってみたら、とても楽しいパーティーメニューになりました。これからは、パーソナルカラーを食べて運気も上昇!なんておまじないも、ごはんでできるなあ、なんて感じています。

最初に自分に意味のある色を見つけてから、料理に活かしてみる。
これからは、そんな「色から入る料理」がもっと増えるかもしれませんね!

ハロウィン用カラフルごはん 下から紫、黒、オレンジ

この記事のライター

関連する投稿


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

待ちに待った春到来!日を追うごとに暖かくなって木々が芽吹き、サクラのつぼみもほころんで、気持ちもワクワクと浮き立ちます。こんな時こそ、青空の下でピクニック。「ごはん屋便」でおいしいごはんを用意したら、お好みの具材をプラスオン。さあ、みんなでお花見やお節句を楽しみましょう!


【Instagramキャンペーン】ハロウィンごはんとミツハシくんの似顔絵投稿でお米が当たる!

【Instagramキャンペーン】ハロウィンごはんとミツハシくんの似顔絵投稿でお米が当たる!

今年もハロウィンの季節がやってきました。株式会社ミツハシではInstagramキャンペーン「ミツハシくんとハロウィンごはん2017」を開催中。楽しい写真をアップして美味しいお米がもらえるチャンスです。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング