ハロウィンごはんをカラフルに楽しもう!カラフル酢飯が今年も人気

ハロウィンごはんをカラフルに楽しもう!カラフル酢飯が今年も人気

今年もハロウィンがやって来ます。 ごはん界でも、去年炊飯メーカからカラフル酢飯がデビューし、大人気になりました。もしまだ試していない方がいたら、今年はカラフル酢飯を利用してはいかがでしょう?こちらは2017年9月の記事ですが、参考にどうぞ♪


カラフルフードが流行している理由

今、女性の間で人気のカラフルスイーツ。使われている色数が多く、ひとつひとつの色が食べ物に見えないほど鮮やかなことが特徴です。
「インスタ映えする」のが流行の要因といわれている一方で、色の深層心理を刺激している(コントラストが強い鮮やかな色彩は、自己表現やパワーアップに潜在的につながっているらしい)ので、女性が自然と欲しくなるのでは?という説もあります。
そう考えると、カラフルな食品が女子に流行っているのもうなずけますね。

「カラフルでかわいいカップ寿司」!

カラフル酢飯

このカラフル寿司の酢飯は、お米の一貫メーカー・ミツハシライスが提供しています。

担当者に商品開発で苦労した点を伺ってみたところ、
「もっとたくさんの色数を扱いたかったのですが、商品化にあたって色数を絞るのが大変でした。」とのこと。国産米のみでふっくら炊き上げ、着色は「クチナシ」を使用。味はやや甘めです。

味も見た目もかわいくて親しみやすいので、女性や子供が思わず手にとりそうな商品です。これからのシーズン、ハロウィンやクリスマスに向けてパーティごはんとしても楽しい盛り上げ役になりそうですね。

ミツハシライス
【住所】神奈川県横浜市金沢区幸浦2-25
【TEL】045-285-3284(代)
【ホームページ】http://www.3284rice.com/

カラフルごはんケーキは、ちらし寿司、押し寿司?! 和と洋の融合

以前から、「ごはんケーキ」というジャンルが存在しています。
異なる色のごはんを層のように積みかさね、その上にアクセントとして錦糸たまごやいくらなどをトッピングして飾りつけするものです。まさに和の食材を、ケーキのように見立てています。昔であれば、押しずしやちらし寿司がその原型といえるでしょう。
カップ寿司はあたかも、カップケーキやパフェのように見えますね。今年のカラフルスイーツのブームにあわせて、カラフルごはんケーキがさらに増えるのではないでしょうか。

今回、gohan編集部ではカラー酢飯を使ってホームパーティ用のカラフルごはんケーキを作ってみました。

パッケージサラダの上にカラフル酢飯をトッピングしたサラダごはん

グラスに盛り付けたカラフル酢飯

カラフルごはんのカラーの意味を考えてみた。

パーティ用カラフルごはん

料理の色は、そもそも食材の色です。究極の料理人たちは、食の芸術への探求心から、まず色を選んで料理することも多いそうです。四季にあわせた食材や色から作られた料理を目で楽しみ、舌で味わう。それが贅沢な一品であることは間違いありません。ごはんは栄養をとったり、食欲を満たすためにだけに食べるものではないのですね。
芸術的な食は日常の食事とはちがうかもしれませんが、ここぞという時には、彩り豊かなこだわりのごはん —おめでたい日、うれしい日に食べる、まさに「ハレの日のごはん」— を目と口で楽しみたいものです。

そう考えると、カラフルごはんは「ハレの日」ごはんに近いのかもしれません。
ごはんに綺麗な色を混ぜ込むことで、味わうだけの料理から、色からも元気をもらう料理にパワーアップできます。カラフルごはんは、めでたいハレの日にさらに自分なりの意味づけをして遊びにできる料理。自分を励まし、料理からパワーをもらうカラフルごはん。まさに、心も体も特別な元気をもらうことができるごはんです。 

今年のハロウィンに食べたい、カラフルごはん。

さて、ハロウィンは毎年10月31日。日本で年々盛り上がりをみせているこのお祭りにも、定番カラーがあります。そこでハロウィンでよく登場する3つの色の意味を調べてみました。

カラー意味
オレンジかぼちゃの色という意味もありますが、本当は収穫の色からきているようです。
本来の意味としては「サービス精神」。
ハロウィンでいう黒は、「死と闇」。
色としてはクリエィティブカラ―。
月明かりの夜空をさしているそうです。
色の意味としては、「上品、美的センス」。

1年に1度のハロウィンの日、仮装だけでなく料理こそ、この3つの色を使ってちょっと奇抜な想い出に残るカラフルごはんにチャレンジしてみませんか?

えっ、そんな奇抜な色の料理は食べられない、って?

gohan編集部でもそう思っていたのですが、試しにカラフル酢飯を使ってハロウィンカラーのカップ寿司を作ってみたら、とても楽しいパーティーメニューになりました。これからは、パーソナルカラーを食べて運気も上昇!なんておまじないも、ごはんでできるなあ、なんて感じています。

最初に自分に意味のある色を見つけてから、料理に活かしてみる。
これからは、そんな「色から入る料理」がもっと増えるかもしれませんね!

ハロウィン用カラフルごはん 下から紫、黒、オレンジ

この記事のライター

関連する投稿


子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

子ども主体の自宅料理体験サービス「かぞくごはん」でハロウィンパーティを

「かぞくごはん」は、子どもの右脳と心の成長を目的とした“キッチン学”を自宅で体験できる「料理の家庭教師派遣サービス」。普段忙しくてゆっくりと料理を教えてあげられないパパ・ママに代わり、料理を子どもと楽しみながら教えます。期間限定でお得なハロウィンキャンペーンも開催中!


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

【春の極上ソトごはん】お花見にお節句に。春を詰め込んだお重をおともにピクニック!

待ちに待った春到来!日を追うごとに暖かくなって木々が芽吹き、サクラのつぼみもほころんで、気持ちもワクワクと浮き立ちます。こんな時こそ、青空の下でピクニック。「ごはん屋便」でおいしいごはんを用意したら、お好みの具材をプラスオン。さあ、みんなでお花見やお節句を楽しみましょう!


【Instagramキャンペーン】ハロウィンごはんとミツハシくんの似顔絵投稿でお米が当たる!

【Instagramキャンペーン】ハロウィンごはんとミツハシくんの似顔絵投稿でお米が当たる!

今年もハロウィンの季節がやってきました。株式会社ミツハシではInstagramキャンペーン「ミツハシくんとハロウィンごはん2017」を開催中。楽しい写真をアップして美味しいお米がもらえるチャンスです。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング