見た目も美味しい、素敵なふりかけまとめ

見た目も美味しい、素敵なふりかけまとめ

ごはんのお供の代表選手・ふりかけ。栄養補助の役目もかねた、日本の食卓に欠かせないアイテムです。今回は見た目も素敵でキッチンやテーブルを盛り上げてくれそうなふりかけをまとめました。


ふりかけの起源

ふりかけの始まりは、鎌倉時代にさかのぼるそうです。

起源をたどれば、ふりかけの始まりは遅くとも鎌倉時代にさかのぼり、『厨事類記』にはタイ・サケ・サメの肉を細かく切り塩干しにした「楚割(すわやり)」、「はなかつほ(花鰹)」すなわち削り節の名が見い出される。これら飯にかけるふりかけの先行者としては、ほかに佃煮や田麩の名があげられる。

それでは私たちが普段イメージする、あのシャカシャカ「ふりかけ」第1号は...?気になって調べてみました。
「ふりかけグランプリ」を毎年開催している『国際ふりかけ協議会』によると、熊本県の『御飯の友』が元祖だそうです。ふりかけのルーツは熊本県でした。

ふりかけの起源については、美味滋養を目的として大正時代から昭和にかけて数ヵ所で考案されたといわれており、業界団体の『全国ふりかけ協会』では、熊本県で売り出された『御飯の友』を、ふりかけの元祖として認定しています。

今や日本国内のみならず、海外でも人気が高いふりかけ。今回はちょっとした贈り物にぴったりの、見た目も素敵なふりかけをまとめました。

糀屋団四郎「味噌漬ふりかけ しその実」

瓶の取手が可愛らしい「味噌漬ふりかけ しその実」。味噌蔵を営む糀屋団四郎のふりかけです。
団四郎は旨味を逃さないよう、先祖より受け継いだ和釜で煮るという伝統製法で味噌作りをしています。しかも蔵に住み着く酵母によって味噌を発酵させているので、団四郎オリジナルの風味を醸しだしてくれます。
そんなこだわりの味噌から作った味噌漬けのジューシーさはふりかけだけではなく、おにぎりやお茶漬けにもよく合います。しその実の上品な香りも食欲をそそる、ごはん好きにはたまらない一品です。

ミツハシライス「胚芽の大きな胚芽米」

ふりかけごはんの栄養をさらにアップしたいときは、白ご飯を胚芽米に替えるのもよいですね。
ミツハシライスの「胚芽の大きな胚芽米」は、胚芽の大きい新品種「はいごころ」を100%使用しているので通常の胚芽米より栄養がさらにアップ。通常の胚芽米に比べて胚芽の重量が約2倍、GABAも約2倍、ビタミンEも豊富です。プチプチした歯ごたえも心地よいので美味しく食べて栄養を取り入れたい方にぴったりです。

株式会社通宝「惣海菜ふりかけ 納豆」

「惣海菜(そうかいな)」は、熊本の海苔専門会社・通宝のオリジナルブランド。こちらのふりかけは見た目もスタイリッシュで、全種類揃えたくなるデザインが特徴です。もちろんベースとなる味付けにもこだわり、国内産の厳選素材をふんだんに使用してダシを取っています。
写真の「惣海菜ふりかけ 納豆」は、ひきわり納豆と有明海産の海苔を中心に乾燥おくらとやわらかなわさび風味をミックスしています。納豆とおくらの粘りとパリパリサクサクの食感が楽しめる、納豆好きの方には特にオススメのふりかけです。
他にも梅、鰹、海老、高菜、椎茸があります。

牡蠣屋株式会社「牡蠣屋のふりかけ」

「ふ」のタイポグラフィーがとても格好いいふりかけ。こちらを作った牡蠣屋は宮島で唯一の牡蠣料理専門店で、ミシュランガイド広島2013年の牡蠣料理のカテゴリーにも掲載されています。
ふりかけは化学調味料や保存料など一切使用しておらず、牡蠣を数時間低温オーブンにかけ乾燥させ、旨味を凝縮させています。全ての工程を牡蠣屋の職人が行い、牡蠣とトリュフをふんだんに使用した贅沢なふりかけです。
ごはんにそのままかけて食べる他に、野菜にふりかけ贅沢なサラダのトッピングとしても楽しめます。

三島食品「オリジナルギフトFURIKAKE」

「ゆかり」で有名な三島食品からは、カラフルなスティックタイプのギフトふりかけが通販限定で出ています。5種類の1食ふりかけをおしゃれなパッケージ缶に詰合せている楽しい仕掛けで、中身は三島食品の人気の味、梅ふりかけ・瀬戸風味®・いわしふりかけ・ごまふりかけ・ゆかり®が10袋ずつ。手さげ袋に入れて届けてもらえるそうです。毎日のお弁当や食卓の鮮やかなアクセントに、楽しみ方が広がります。

しまんと百笑かんぱに「カツオのフルフルドレッシング」

インスタ映えしそうな色合いが素敵なふりかけを見つけました。しまんと百笑かんぱにの「カツオのフルフル」は、鰹節と宗田鰹節の粉をベースに昆布・胡麻・青のり・梅しそ・あられをミックスしたパウダードレッシングです。カラフルな食材の層が瓶の中に透けていて、見ているだけでも楽しくなります。
ただ、使うときになったら中栓のビニールを取りだして、一生懸命振りましょう。あたたかいごはんにかけて美味しく食べるのはもちろん、お醤油やお酢、オリーブオイルとあわせても楽しめます。

この記事のライター

関連する投稿


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

認定資格「玄米マイスター」は、玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座。しかも食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える食育リーダーの育成までを視野にいれた学びの深い講座でもあります。基礎から応用まで玄米を学びたい方、資格を取りたい方はまたとないチャンスです。ぜひご参加くださいね!


【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

お茶漬けの中のあられのファンに朗報です!永谷園は、きざみのりとあられを好きな量だけ追加できる「海苔・あられ増し増し お茶づけ海苔」を、2018年9月5日(水)よりAmazon限定で発売。世界で一つのお茶づけも夢じゃない!?


【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング