ちょっと贅沢で美味しいお茶漬け・お取り寄せまとめ

ちょっと贅沢で美味しいお茶漬け・お取り寄せまとめ

暑い夏でもお茶漬けならサラサラと食がすすみますね。今日はお茶漬けのルーツや、お取り寄せしてでも食べたい、ちょっと贅沢なお茶漬けをご紹介します。


お茶漬けの歴史

お茶漬けの代名詞・永谷園のホームページによれば、お茶漬けの起源は平安時代にさかのぼるそうです。

平安時代の文献にしばしば登場する「水飯」や「湯漬け」は、ご飯に水やお湯をかけた、
手軽な食事のことで、お茶づけのルーツであるといわれています。

やがて室町時代に入り、お茶が庶民のものになるに従って、お茶漬けにお湯ではなくお茶をかける習慣が広がっていったそうです。
しかし、当時人々が飲んでいたのは、色が赤黒く味も香りも薄いお茶でした。
現在のような緑色で味のよい煎茶の製法は、江戸時代中期に完成したものです。

江戸時代に入ってお茶づけは庶民の日常生活にすっかり浸透しました。
当時の炊飯は一日一回が基本。江戸では朝にご飯に炊き、夜はお茶を沸かして冷やご飯にかけて食べていました。一方、上方では昼にご飯を炊き、翌朝は冷やご飯にお茶をかけて食べる、という食生活が一般的だったようです。

そして、現代。江戸時代に定着したお茶漬け文化はさらに進化し、たくさんの種類や味が楽しめる時代になりました。ここからは、お取り寄せができるちょっと贅沢なお茶漬けを紹介していきます。

永谷園「一膳の贅沢」

永谷園の「一膳の贅沢」は、老舗ならではのこだわりで作ったちょっと贅沢なセットです。
メニューは 「鶏柚子こしょう」「かに【味噌仕立て】」「紅鮭【抹茶仕立て】」「桜えび【鰹だし仕立て】」「鶏ごま」「梅干【抹茶仕立て】」の全部で6種類。
中でも「鶏柚子こしょう」はほぐした蒸し鶏に、刻み柚子とねぎを散りばめた見た目に上品なお茶づけで、スープも柚子こしょうを鶏の旨味と醤油で伸ばした、すっきりなのにクセになる味わいです。

金の穂銀の水「天然真鯛の鯛茶漬け」

金の穂銀の水の定番人気商品「天然真鯛の鯛茶漬け」は新鮮な国産真鯛の旨味がお口の中にじんわりと広がる、本格派のお茶漬けです。玄界灘の荒波にもまれた九州産天然真鯛を、上質の練りごま・昆布の旨味が利いた特製ごまダレで食す、なんとも贅沢な一膳が味わえます。セットの旨だしも、水には京都宇治の地下水を使用するというこだわりよう。ハレの日に器もよそ行きで味わいたい、見た目も味もリッチなお茶漬けです。

巣鴨のお茶屋さん山年園「高級お茶漬けセット」

巣鴨とげぬき地蔵通りで60年以上もの間、訪れるお客様に愛されている「巣鴨のお茶屋さん山年園」の「高級お茶漬けセット」は、乾燥茶漬けではなく、ふっくらしっとり、本来の食感と風味を活かした丸ごと具材が入ったお茶漬け。なんと年間6万セットも売れている人気商品だそうです。
中身は1パックにつき、丸ごと具材+具材+だしつゆ(液体)入りという豪華さです。金目鯛茶漬け、鮭茶漬け、鰻茶漬け、あぶりふぐ茶漬け、はまぐり茶漬け、磯海苔茶漬けの6種類がセットになっていて、お茶漬けはもちろん、炊き込みご飯としても楽しめますよ。

勝僖梅「梅干専門店の贅沢茶漬け 紀州南高梅添え」

「梅干専門店の贅沢茶漬け 紀州南高梅添え」の名前通り、高級梅干しを加工販売している勝喜梅の「特A級」梅干しを使用した本格的な梅茶漬けです。だしは北海道産昆布をベースに海鮮から贅沢にとり、あとのせ梅干しはごはんによく合う勝喜梅自慢の「甘仕立て」。梅好きなら一度は食べてみたい、こだわりのお茶漬けとなっています。夏は冷やし茶漬けもおすすめです。

お茶漬けに合わせたいこだわり米

ミツハシライス「特別栽培米 つや姫マイスターのお米」

せっかくこだわりのお茶漬けを食べるなら、お米にもこだわりたい!という方には「特別栽培米 つや姫マイスターのお米」はいかがでしょう。

「つや姫」は米どころ・山形県を代表する品種銘柄ですが、その中でも、特に米づくりに適した土地として有名な置賜(おきたま)地区でつや姫マイスターたちがミツハシライスお米マイスターと協力して作ったのが「特別栽培米 つや姫マイスターのお米」です。
炊き上がりの白さや噛めば噛むほど味が出る旨味は、お茶漬けでも楽しめることでしょう。

※つや姫マイスターとは?
つや姫マイスターは、「つや姫生産者」の中でも、地域の栽培指導役として、 山形県から『マイスター』として委嘱された生産者の事です。

この記事のライター

世田谷区在住のWEBクリエイターです。
出産を機にご飯のおいしさに目覚め、正月を除く364日朝はごはんと味噌汁です。

関連するキーワード


お茶漬け ごはん 歴史

関連する投稿


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

【Amazon限定】海苔とあられを好きなだけ追加できる永谷園お茶漬け 新発売!

お茶漬けの中のあられのファンに朗報です!永谷園は、きざみのりとあられを好きな量だけ追加できる「海苔・あられ増し増し お茶づけ海苔」を、2018年9月5日(水)よりAmazon限定で発売。世界で一つのお茶づけも夢じゃない!?


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?