大人も子供も大好き!日本の国民食・カレーを引き立てるごはんまとめ

大人も子供も大好き!日本の国民食・カレーを引き立てるごはんまとめ

今や日本の国民食となった、カレーライス。今回は明治時代ごろに幕を開けた日本のカレーの歴史や、カレーにあうお米、食材などを改めてまとめてみました。


日本のカレーの歴史

今や日本の国民食とも言える、カレーライス。元はインドの料理であることは誰もが知っていますが、日本に浸透したのは明治時代ごろだったようです。

日本で初めて「カレー」という料理の名を紹介したとされる書物は福沢諭吉の「増訂華英通語」(1860年、万延元年)で、「Curry コルリ」という表記がある。(wikipedia)

1870年(明治3年)
[日本人、カレーライスに出会う。]
日本最初の物理学者となる山川健次郎が米国留学への船上でライスカレーに出会いました(ただし「食う気になれず」との記録があります)。-ハウス食品ホームページより引用

やがて、陸軍幼年生徒隊の食事として、調理が手軽で肉と野菜の両方がとれる栄養バランスのよいライスカレーが採用されました。これがいわゆる「海軍カレー」の始まりです。その数年後有名なクラーク博士が来日し、北海道に開校した札幌農学校では、クラーク博士の指示により全寮制の食事は1日おきにライスカレーが配されていたそうです。

1876年(明治9年)、当時、札幌農学校の教頭として来日していたウィリアム・スミス・クラークが、「生徒は米飯を食すべからず、但しらいすかれいはこの限りにあらず」という寮規則を定める。

そして現代。日本のカレーは多岐に進化をとげ、さまざまなお米で楽しむことができます。今日は改めて、カレーに人気のごはんをまとめてみました。

ターメリックライス

鮮やかな黄色を生み出すターメリック=ウコンは、ショウガ科の植物。インドでは紀元前から栽培されています。日本では二日酔い対策のドリンクなどで有名ですね。カレールウの黄色もターメリックの色が由来しています。ターメリックライスは、パウダーを使えばお手軽に作ることができます。

ターメリックライスの炊き方:
米3カップをといで水加減して30分以上おき、炊く直前にターメリック(パウダー)小さじ1/4とバターまたはサラダ油大さじ2を加えて炊く。-ハウス食品ホームページより引用

がばい農園「有機栽培 秋ウコン粉末」 100g

がばい農園の「有機栽培 秋ウコン粉末」は、日本国内で栽培された良質な秋ウコンを100%使用。日本各地の良質で信頼ある生産者に栽培から収穫までをお願いしています。栽培する土、良質な原材料に徹底的にこだわった商品です。

サフランライス

同じく鮮やかな黄色が食卓を彩るサフランライス。サフランは西南アジア原産のアヤメ科の植物で、めしべが香辛料にされています。サフランは高価なため、サフランの代用としてターメリックが使われることも多いそうです。サフランライスはカレーだけでなく、パエリアを作るときにも活躍しています。サフランもお気軽に使えるパウダーが便利です。

サフランライスの炊き方:
米3カップをといで水加減し、サフランひとつまみを軽くもんで加えて30分以上おき、炊く直前にさっと混ぜて、バター大さじ2を加えて炊く。 -ハウス食品ホームページより引用

朝岡スパイス株式会社「サフラン粉末」

朝岡スパイス株式会社のサフラン粉末 。サフランを粉末状にしたものです。水に浸して、色素を浸出させる手間が省けます。ブイヤベース、パエリアなどにも活躍しますよ。瓶が透明で中身がわかりやすいのも良いですね。

雑穀米

雑穀米は、キビ、アワ、ヒエ、など加えられた雑穀で栄養分をプラスできるのが嬉しいお米。ヘルシーさに加えインスタ映えもするので、ルウの具材の彩りに気を配ってワンプレートスタイルのカレーにするとさらに楽しめます。

はくばく「おいしさ味わう十六穀ごはん」

雑穀で有名なはくばくの「おいしさ味わう十六穀ごはん」。身体に大切な食物繊維やミネラルをぎゅっと詰め込んだ、人気商品です。洗ったお米に混ぜるだけなので、調理もとても簡単です。日本雑穀アワードおいて2011年から3年連続で【金賞】を受賞し、殿堂入りを果たしています。

玄米

玄米は白米に比べ、栄養価が高いことが注目されていることから、健康志向の高い方に人気です。
カレールウも素材にこだわった自然派なものと合わせることが多いようです。

玄米の胚芽にはビタミンB1が豊富に含まれています。胚芽を取り去った白米に比べると玄米に含まれるビタミンB1の量は約5倍。人間は自分の体内でビタミンB1を作りだすことはできませんから、玄米を食べれば効率的にビタミンB1を摂取できます。

ミツハシライス「美食玄米」

玄米なのに白米に近い食感を実現したミツハシライスの「美食玄米」。無洗米タイプで、炊飯器で白米のように簡単に炊けるので気軽に玄米カレーを楽しみたいときに便利です。精白米に比べビタミンB1・ビタミンEや食物繊維、GABAが多く含まれているので、栄養を意識している方にオススメの商品です。

白ごはん

日本のカレーごはんの代表、白米。カレーの美味しさが引き立つ味わいと美しい白さが根強く愛されています。ご家庭で日本米をカレー用に炊くときは、水加減を少し減らすとべちゃべちゃにならず、カレールウに絡めて美味しく食べることができます。

大嶋農場「カリー米」

カリー米は、ジャポニカ米とインディカ米から生まれた新しい品種です。日本のお米の味わいはそのままに、パラパラした食感を実現するために開発されました。カレーやチャーハンとの相性が抜群の国産米です。開発したのは株式会社大嶋農場さん。筑波山を仰ぎ見る大自然の中で、稲作文化を守るため、お米の品質に徹底的にこだわった生産者です。
炊き方は、カップでお米を量り、普通のお米と同じように洗った後、15%〜20%程度水を控えて炊きます。

http://item.rakuten.co.jp/3284rice/10000040/

みんなが美味しく食べられるように。カレールウも進化中!

カレーで多様化しているのはご飯だけではありません。さまざまな環境の人がカレーを楽しめるような商品がどんどん開発されています。

ハウス食品株式会社「特定原材料7品目不使用 バーモントカレー 中辛」

カレーは大好きだけど、アレルギーが心配で食べることができない・・・。ハウス食品株式会社の「特定原材料7品目不使用 バーモントカレー 中辛」はそんな悩みを持つ方の強い味方。特定原材料7品目を使用せずに作ったバーモントカレーなので、「小麦」「乳」アレルギーの方もまろやかでコクのあるカレーを家族みんなで楽しめます。特定原材料7品目を使用しない専用ラインで製造しています。

この記事のライター

世田谷区在住のWEBクリエイターです。
出産を機にご飯のおいしさに目覚め、正月を除く364日朝はごはんと味噌汁です。

関連する投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

【SNSで大人気!】とうもろこしごはんの季節です♪

SNSを中心に話題沸騰中のとうもろこしごはんをご存知ですか? インスタ映えするビジュアルに加え、甘いお米と旬のとうもろこしがこんなにも合うのか!とファンが増殖中。Daisyが今一番好きなお米料理、まだ試していない方にぜひお勧めします!


玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育連盟は「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を2018年5月19日(土)に開催します。便秘にお悩みの方や玄米の栄養・医学的な側面からの疑問をお持ちの方は、この機会にどうぞご参加ください!医師の佐野正行先生が講義と質問への回答をいたします。


【お米クイズ】第17回:お米の生産量と消費量どちらが多い?

【お米クイズ】第17回:お米の生産量と消費量どちらが多い?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第17回は「お米の生産量と消費量」はどちらが多いか?についてです。


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。