ごはんと癒し:小豆と蓮の実ごはんで、梅雨の憂鬱をのり切る。

ごはんと癒し:小豆と蓮の実ごはんで、梅雨の憂鬱をのり切る。

今回は薬膳の考え方に基づいた梅雨どきの養生や、憂鬱をのり切るためのごはんレシピ「小豆と蓮の実ご飯」を紹介します。梅雨は大気に含まれる水分が身体の働きに影響し、メンタルの不調も起こりやすくなる季節。風通しを良くし、楽しむことを心がけて生活したいものです。


梅雨の季節になりました。以前に、薬膳の世界では、「自然界で起きていることが、体内でも起きていると考える」と紹介しましたが、梅雨の時期はまさにその通り。大気に含まれる水分が身体の働きに影響し、重だるさを感じたり、食欲がなくなったり、浮腫みとなって表れたりします。それによりメンタルの不調も起こりますから、風通しを良くし、楽しむことを心がけて生活したいものです。

中医学の6つの邪気

中医学では、季節や環境の変化が原因となる次の6つの邪気が存在すると言われています。
風邪(ふうじゃ)、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、熱邪、の6つですが、梅雨は、湿邪の季節です。
湿邪は臓腑の機能の低下を招き、体内の水の代謝が悪くなるため、むくみなどの症状を招きやすくなります。湿邪は水分が多く、低いところに流れる特徴があるので、

  • 頭や身体が重い、だるい
  • 下半身の浮腫み(血液や体液の流れが滞る)、帯下
  • 皮膚のトラブル、分秘物が多くじゅくじゅくする
  • 排尿・排便後にスッキリしない

このような状態がよく見られます。
「湿」が体内に溜まっていないかは、便の形や色が正常か、舌がぼってりして舌の周囲に歯形がついていないか、などでチェックできます。気を付けてみてください。

梅雨の暮らしと養生

それでは、湿邪が溜まってしまう前に気をつけることを紹介します。皆さんが普段やっていることも幾つかあると思いますが、おさらいしてみてください。

  1. 梅雨の晴れ間に、乾燥を心がける
  2. 利尿作用のある食べ物、飲み物、香りの食材で「身体の余分な水分」を発散する
  3. 胃腸を労わる、お腹を冷やさない、食材は加熱して食中毒を回避する
  4. ストレスを溜めない
  5. 急激な気温の変化に気を付ける(身体の水分バランスを意識する)

梅雨時によく用いる食薬

効果意味/食薬
辛温発散体内を温め汗により余分な水分を発散させる
生姜、葱、紫蘇、香草、茗荷、三つ葉
芳香化湿香りがある食薬により熱を取り、余分な水分をとる
香草、グリーンピース、ミカン、山椒、ジャスミン茶、らっきょう、陳皮(みかんの皮を干したもの)
清熱利湿苦味、涼性の食薬により熱を取り、尿として余分な水分を排泄する(※梅雨の寒い時や普段から冷え性の人は取りすぎないよう注意)
セロリ、芹、胡瓜、緑豆、豆腐、金針菜、しじみ、はまぐり、緑茶
利尿去湿利尿作用により、余分な水分の排泄を促進
はと麦、とうがん、金針菜、とうもろこし、赤小豆、黒豆、大豆、空豆、こい、フナ、はも、白魚、冬瓜皮
補益脾胃脾胃の働きを強くして、余分な水分をためないようにする
米、とうもろこし、長芋、ジャガイモ、かぼちゃ、いんげん、キャベツ、豆類、大棗、干椎茸、鶏肉、牛肉、たら、いわし、カツオ、いしもち、すずき、鮭
生津止渇体内の水分を補い喉の渇きを解消する
胡瓜、トマト、豆腐、メロン、スイカ
行気消食気を巡らせ、消化を助ける
らっきょう、グリーンピース、ジャスミン茶、サンザシ、大麦、蕎麦、ミカン
養心安神気持ちをリラックスさせる
小麦、ゆり根、なつめ、蓮の実
※食べ物が傷みやすくカビが生えやすい時期なので、取扱いや保管に注意が必要です。

最後に、梅雨の憂鬱をのり切るためのごはんレシピ、「小豆と蓮の実ご飯」を紹介します。
今回も、薬膳の講義とレシピは、国際薬膳師の渋谷久恵先生にご指導頂きました。

レシピ:小豆と蓮の実のごはん

蓮の実は、栗のような食感ですがあっさりしていて風味があります。小豆との相性もバッチリ。蓮の実ごはんをモリモリ食べて、憂鬱な梅雨に負けないようにしましょう。

ポイント

浮腫み、胃もたれを改善しイライラを鎮めます。
小豆には、利尿除湿、蓮の実には、心を落ち着かせる効能があります。

材料

4~5人分
  • 米・・・・・・2カップ
  • 小豆・・・・・30g
  • 蓮の実・・・・30g
  • 小豆茹で汁・・適量
  • 塩・・・・・・小さじ1

作り方

  1. 米は炊く30分前に洗いザルにあげておく。
  2. 蓮の実は前の晩から水に戻し、固めに茹でておく。
  3. 小豆は2カップの水で固めに茹でておく。
  4. [1]に[2][3]及び小豆のゆで汁を加えて水加減し、
    塩を加えて炊き、炊き上がったら全体を混ぜ合わせる。

この記事のライター

関連するキーワード


梅雨 薬膳 蓮の実ごはん

関連する投稿


【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

じめじめした梅雨の季節がやってきました。イヤですねえ。梅雨から食べ物を連想すると何に繋がりますか?梅雨→梅→梅干しでしょうか?この梅干し、梅雨時には欠かせない食材、かもしれません。


ごはんと癒し:富貴寄せご飯で、夏の疲れをいたわる。

ごはんと癒し:富貴寄せご飯で、夏の疲れをいたわる。

今年の夏は、猛暑と多雨多湿が繰り返される、とても厳しい季節でした。 そのせいか、心身の不調を訴えている方が大勢。今回は、「夏の疲れ」を上手に癒し、深まる秋に備える方法について考えてみたいと思います。


ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

ごはんと癒し:夏バテのしくみと苦瓜(ゴーヤ)の涼味ちらし寿司

今年の夏は、いつまでも湿度が高くムシムシで、既に夏バテ気味の方も多いと思います。そもそも夏バテのしくみってご存知ですか?今回も、薬膳料理の視点から、夏の養生について考えてみたいと思います。


ごはんと癒し:薬膳粽(ちまき)に、母の願いをこめる。

ごはんと癒し:薬膳粽(ちまき)に、母の願いをこめる。

4月は始まりの季節、よい機会なので薬膳料理の基礎を少し話したいと思います。 春になると植物が芽吹く、それはなぜだか知っていますか?


ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

ごはんと癒し:薬膳ちらしで、春のイライラを鎮める。

薬膳の視点から、春の不調やイライラを鎮めるごはんのレシピについてお話しします。薬膳における春とは、立春(2月4日)~立夏(5月6日)までの3ヶ月。冬からの陰気が弱まり、陽気がだんだん強くなる時期とされています。


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。