【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

【2017年夏】日本のお米を楽しむスポットまとめin東京

日本のお米をもっと知りたい!味わいたい!そんな方のためにこの夏東京で楽しめるイベントやおすすめスポットをまとめました。いつものごはんもいいけれど、違った視点でおいしいお米を楽しんでみるのはいかがでしょうか。予定やお休みが変わることもあるので事前に確認の上、お出かけくださいね。


イベント

グリーンフードフェスタ

2017年で2回目のグリーンフードフェスタ。テーマは「PLANT X PLANET X PEOPLE」。すべてのものとの「共存」を目指しています。商品はすべてヴィーガン(100%植物性 肉・魚・卵・乳・蜂蜜・ウール・革など動物由来の原料不使用)です。近年ヴィーガンスタイルが定着しつつありますが、100%対応のお店はまだ少ない中、気軽に植物性のお料理を楽しめるのがフェスの良いところ。ヴィーガンでない人にもおすすめです。こちらではこだわりの国産玄米食を食べることができますよ。
※写真は2016年の様子

主催:NPO法人 ベジライフ協会
   https://www.greenfoodfesta.jp/
名称:第2回目グリーンフードフェスタ(Green Food Festival)
日時:7月16日(日)17日(月・祝)
10:00~18:00
場所:上野恩賜公園 竹の台広場
入場料:無料
※悪天候の場合、中止となる場合がございます。 詳細はホームページなどからお問い合わせください。

第7回 和酒フェス in 中目黒

日本のお米とくれば、日本酒を連想してしまう人も多いのでは?『和酒フェス』は「季節を感じながら、旬の和酒と食を楽しむ利き酒祭」をテーマに、和酒ファンに3つの出会い(美味しい和酒と食、酒蔵、日本文化)の場を提供するイベントです。和酒とは「日本の風土と文化から生まれた、人と人とをつなぐお酒」のこと。美味しいお酒と美味しい料理とともに、蔵元との交流を楽しんでみてはいかがでしょうか。なお、入場無料のグルメゾーンでは誰でもキャッシュオンで日本酒、クラフトビールを1杯から楽しめます。お土産用の和酒、酒器の即売コーナーもあり、抽選で景品も当たるそうですよ!

名称:第7回 和酒フェス in 中目黒
日時:7月22日(土)
第一部試飲会14:00~16:00 
第二部試飲会17:00~19:00
場所:中目黒GTタワー前広場(東急東横線・東京メトロ日比谷線の中目黒駅直結)
入場料:3,000円  当⽇券は未定
公式ホームページ:http://sakefes.com/event7/
※現在、チケットは売り切れだそうです。追加販売分のチケットがご用意できた場合に、チケットの再販が行われるそうですので、購入方法・詳細は下記のホームページでご確認ください。
http://sakefes.com/washu07-kanbai/

施設・ショップ

-両国- 江戸NOREN

「粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトに12の和食店が両国駅に集結した施設です。土俵撮影会や、元力士による相撲パフォーマンス、舞踊ショーなど、観光客が楽しめるイベントが開催されることもあるのでお出かけ前にホームページでチェックするのがおすすめ。施設内には両国観光案内所もあるので、江戸時代からの伝統、文化を受け継ぐ魅力あふれる両国のまちを知ることができます。

アクセス:JR総武線 両国駅西口隣接
都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩7分
開館時間:10:00~23:30
休館日:1月1日・2日、施設点検日(不定)
公式ホームページ:http://www.jrtk.jp/edonoren/

※店舗により営業時間が異なります。詳しくは店舗一覧よりご確認ください。
※一部店舗につきましてはディナーメニューへの切り替えや仕込み作業により、一時的に閉店している場合がございます。

おいしい山形プラザ

「おいしい山形プラザ」は東京・銀座にある山形県の“おいしい”をいっぱい詰め込んだアンテナショップです。山形を代表するお米・つや姫などブランド米も取り揃えているので、美味しいお米と食材をまとめ買いしてみてはいかがでしょうか。

アクセス:JR有楽町駅より約5分
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」
5番・6番出口より徒歩約1分
営業時間:販売 10:00~20:00
飲食等の営業時間はホームページでご確認ください。
公式ホームページ:http://oishii-yamagata.jp/

表参道・新潟館ネスパス

米どころで有名な新潟県のアンテナショップ・ネスパス。“食”を中心とした新潟県産品の販売・イベントや、観光情報、Uターン情報など新潟の新鮮情報を発信しています。表参道ヒルズのとなりにあり、毎日たくさんの人で賑わっています。特に食イベントがおすすめです。

アクセス:JR山手線原宿駅表参道口より徒歩10分
東京メトロ表参道駅A2出口より徒歩1分
営業時間:販売 10:30~19:30 
飲食等の営業時間はホームページでご確認ください。
公式ホームページ:http://www.nico.or.jp/nespace/

AKOMEYA TOKYO 銀座本店

AKOMEYA TOKYOは、The SAZABY LEAGUE が「一杯の炊き立ての白いごはんからつながり広がるしあわせ」を提案する“お米”に焦点をあてたライフスタイルショップ。このお店では全国から選りすぐられたお米たちを量り売りで買うことができます。センスの良い器やグッズなど、お米を慈しんでいる様々なものが置かれた店内で夏のひと時を楽しんではいかがでしょうか。

アクセス:東京メトロ銀座駅A13 B10出口
銀座一丁目駅4番出口
営業時間:販売
月~木・日・祝日 11:00~20:00
金・土・祝前日 11:00~21:00 
飲食等の営業時間はホームページでご確認ください。
http://www.akomeya.jp/shop/ginza/
公式ホームページ:http://www.akomeya.jp/

この記事のライター

世田谷区在住のWEBクリエイターです。
出産を機にご飯のおいしさに目覚め、正月を除く364日朝はごはんと味噌汁です。

関連する投稿


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

富山米新品種「富富富(ふふふ)」デビュー記念イベントが開催!

印象的なネーミングの富山米新品種「富富富」(ふふふ)。2018年10月11日(木)からの本格デビューにともない、日本橋三越本店にて記念イベントが開催されます。その他首都圏各地での各種イベントや、料理人・中村孝明さんのお店で「富富富」を使った特別メニューが楽しめるなど、色々な企画も目白押し。いち早く味わいたい方は、お見逃しなく。


今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

下北沢カレーフェスティバルは毎年10月に10日間、カレーの街下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り。飲食店の多い下北沢のカレー専門店はもちろん、さまざまなお店がこの10日間しか食べられない特別カレーを用意して、カレー三昧で過ごそう!という街おこしイベントなのです。下北沢カレーフェスティバル初体験のDaisyが、開催前にすでに思いっきり楽しんだレポートをお届けします♪


ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

ここでしか制覇できない!?「47都道府県おにぎり」を『東京ハーヴェスト2018』で

農家・漁師・酪農家など食の作り手への感謝と尊敬の気持ちを伝える、日本を代表する収穫祭・東京ハーヴェスト。今年は10月11日(木)から13日(土)の3日間開催します。たくさんのワークショップから編集部が注目するのは「47都道府県のごはんのお供でおにぎりをつくろう!」です。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング