給食で何を食べたか、で歳がわかる。:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

給食で何を食べたか、で歳がわかる。:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

あなたは小学校の給食で何を食べていましたか?あの懐かしいメニューを思い出してみてください。毎週の献立に必ず登場していたメニューは、年代ごとに大きく変わっているので、何を食べたかであなたの歳がわかりますよ。


学校給食の歴史はおにぎりで始まった。

小学校での給食は、明治22年に山形県の私立小学校で始まったのが日本で最初といわれています。その頃の主食はもちろんお米でしたから、給食のメニューもおにぎりに焼き魚、みそ汁という純和風のものだったそうです。戦前の給食はずっと和食だったようです。

団塊の世代は脱脂粉乳で育った。

その後、第二次世界大戦に敗れて、日本は大変な食糧難に陥りました。そんな中、復活した学校給食にはアメリカからの支援物資だった粉ミルクが使われました。それが有名な脱脂粉乳と呼ばれたミルクです。団塊の世代の人たちは必ず口にしています。
アメリカやユニセフからは小麦粉の援助もあったため、主食はお米ではなく食パンやコッペパンが配膳されました。僕が小学校に入った昭和33年ごろは脱脂粉乳+食パン+ジャムまたはマーガリンという組み合わせが多く、欠席した日には友達が紙袋にパンを入れて家まで届けてくれました。

写真はまた「タイムスリップ・グリコ」のオマケですが、なかなかリアルなミニチュアでしょう?脱脂粉乳が給食メニューから完全に姿を消したの昭和38年ごろらしいので、瓶牛乳になっている下のメニューのほうがそれでしょうね。僕らの頃には先割れスプーンはありませんでしたよ。

ソフト麺の登場は高度成長期らしい。

ものの本によると、給食メニューにソフト麺が初めて登場したのは昭和40年で、学校給食でしかお目にかかれなかったソフト麺のことを憶えておられる方が多いようですね。その後はパンの種類も増え、麺類も焼きそばなどが給食メニューになるなど、日本経済の成長がメニューの豊富化に反映されていたと言えそうです。

ごはん給食の復活が、高度成長の終焉を飾った。

戦前は主食の座を占めていたごはんが学校給食に返り咲いたのは意外なほど遅く、昭和52年からでした。オイルショックを経て日本経済は高度成長を終えており、お米も生産過剰といわれる時代になったので、学校給食にも利用されるようになったのかもしれません。一躍カレーが人気メニューになったと聞きます。
最近の学校給食はますますバラエティ豊かになっています。今年の冬、北陸の小学校では地元名産の越前ガニを丸ごと給食に出したというニュースを見ました。地産地消の意味もありますが、「カニの食べ方を教える」という教育目的もあったとか。いいなあ、美味しいカニが給食で食べられるなんて。

ごはん給食が復活した年に生まれた人が今年40歳を迎えます。周りの人の給食の思い出メニューを聞いてみると、年代の違いがわかって面白いかもしれませんよ。

この記事のライター

関連するキーワード


ごはん 給食 おにぎり

関連する投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


【七むすび 自由が丘店】奇跡の農園の有機米で作るおむすび

【七むすび 自由が丘店】奇跡の農園の有機米で作るおむすび

銘柄や、産地にこだわったおむすびをいただけるお店は増えていますが、七むすびは、さらにその枠を絞り生産農園を限定したおむすび屋さんです。 群馬県浦部農園産の有機米を使用し、お米のおいしさを味わって欲しいという思いから、塩むすびを提供しているそうです。


女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

土鍋やかまどで炊いた炊き立てごはんは、ふっくらつやつやで格別の美味しさ。今回は全国の土鍋/かまどごはんのランチが楽しめるお店をご紹介します。お昼休みや旅先で、女子1人でも楽しめるお店を集めました♪


最新の投稿


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。


【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

【お米クイズ】第27回:お米を研ぐ、とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第27回はお米を研ぐことについてです。


【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

【糀屋 伊勢】お取り寄せで楽しめるヘルシースイーツ「糀ぷりん」

三重県伊勢市にある伊勢神宮のおひざ元に位置する、創業江戸文化13年という老舗の「糀屋」。醤油や味噌の醸造をしていた糀屋さんが作る糀を使ったこだわりのプリンはお取り寄せしてでも食べておきたいおすすめ糀スイーツです。 甘いものが苦手な方でも食べやすい甘さで、まるで和菓子のようなプリンです。手土産にも、自分へのご褒美にもおすすめの糀ぷりんをご紹介します。