電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

最近のNHK朝ドラ、見てますか?やたらとごはんをほおばるシーンが出てくるのですが、そのごはん、電気釜で炊いてるんですよ。家にもあった、あの懐かしい電気釜が登場してました。


黒い台所に、白い電気釜が光っていた。

朝ドラの時代設定は東京オリンピックの昭和39年前後。奥茨城の田舎で育った主人公が集団就職で上京するところから始まっています。かなりの田舎であろう奥茨城でも台所に電気釜が置いてあります。ちょっと調べてみたら、昭和38年における電気釜の保有率は53%ですから、奥茨城の農家にあっても不思議はなさそうです。
我が家はどうだったか、思い出してみます。私が京都に引っ越したのは小学校1年の時だから昭和33年。引っ越した当時にはまだ電気釜は台所にいませんでしたが、冷蔵庫・洗濯機に続いて翌年ぐらいには電気釜が台所デビューしていたように思います。当時の家電三種の神器は「テレビ・冷蔵庫・洗濯機」でしたが、我が家ではテレビの登場が一番遅く、確か小学校3年の頃だった気がします。
家電は「白物」と言われますが、たしかに冷蔵庫も洗濯機も電気釜もみんな白でした。黒い五徳が付いたガスコンロや黒に近い灰色の流し台など、当時の台所は今のように明るくはありませんでした。ダークな色調の台所に置かれた電気釜はその白さでひときわ光って見えていました。

自動でスイッチが切れる、それだけで文明だった。

家にあったのは最初に電気釜を発売した東芝製のもの。父親は「あたらしもん好き」だったようで、発売間もない話題の新製品に飛びついたんじゃないでしょうか?それとも母親がおねだりしたのかな?当時の価格は3200円。朝ドラの主人公と同じ高卒女子社員の初任給が13000円弱ですから、現代の値段感覚で言えば、5万円ほどってとこでしょう。決して安い買い物ではなかったと思います。
写真は数年前にグリコのおまけで付いていた“タイムスリップ・グリコ”第2弾シリーズにあった「ちゃぶ台と朝ごはん」。横に置かれているのが東芝製の電気釜です。これと同じものが家にもあったんです。

夕方になると、お米を研いで内釜に入れてスイッチ・オン。黒く四角いスイッチをカチンと入れるのは僕の仕事。30~40分後に、パチンと音がして自動的にスイッチが切れると炊き上がり。洗濯機のようにタイマーを回してもいないのに何故スイッチが切れるのか、不思議でなりませんでした。後にサーモスタットという言葉を知りましたが、小学生の僕にとって近代テクノロジー初体験だったかもしれません。

ごはんが食卓の主役だった時代。

昭和30年代はコメの生産量も消費量も現代のほぼ2倍ありました。日本人が一番たくさんお米を食べた年は昭和37年で、ひとり当たり年間消費量は118.3kg。なんと月に5kg袋ほぼ2袋分の米をひとりで食べていた勘定です。カップ麺もハンバーガーもまだ世の中にはなく、家でパスタを食べる習慣もなかった時代ですから、主食は間違いなく「ごはん」だったのです。
まだ炊飯ジャーはありませんでしたから、ごはんは毎日炊くものでした。だからこそ、電気釜の存在価値は大きかったに違いありません。

その時代から半世紀。我が家の電気釜は四角くて黒い電子炊飯ジャーに変身しています。日本の自動炊飯器は、ついこの間まで中国人の爆買いの対象でした。あちらではまだまだごはんが主食の座を保っているのでしょうか。

この記事のライター

関連するキーワード


電気釜 家電 ごはん

関連する投稿


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?