電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

最近のNHK朝ドラ、見てますか?やたらとごはんをほおばるシーンが出てくるのですが、そのごはん、電気釜で炊いてるんですよ。家にもあった、あの懐かしい電気釜が登場してました。


黒い台所に、白い電気釜が光っていた。

朝ドラの時代設定は東京オリンピックの昭和39年前後。奥茨城の田舎で育った主人公が集団就職で上京するところから始まっています。かなりの田舎であろう奥茨城でも台所に電気釜が置いてあります。ちょっと調べてみたら、昭和38年における電気釜の保有率は53%ですから、奥茨城の農家にあっても不思議はなさそうです。
我が家はどうだったか、思い出してみます。私が京都に引っ越したのは小学校1年の時だから昭和33年。引っ越した当時にはまだ電気釜は台所にいませんでしたが、冷蔵庫・洗濯機に続いて翌年ぐらいには電気釜が台所デビューしていたように思います。当時の家電三種の神器は「テレビ・冷蔵庫・洗濯機」でしたが、我が家ではテレビの登場が一番遅く、確か小学校3年の頃だった気がします。
家電は「白物」と言われますが、たしかに冷蔵庫も洗濯機も電気釜もみんな白でした。黒い五徳が付いたガスコンロや黒に近い灰色の流し台など、当時の台所は今のように明るくはありませんでした。ダークな色調の台所に置かれた電気釜はその白さでひときわ光って見えていました。

自動でスイッチが切れる、それだけで文明だった。

家にあったのは最初に電気釜を発売した東芝製のもの。父親は「あたらしもん好き」だったようで、発売間もない話題の新製品に飛びついたんじゃないでしょうか?それとも母親がおねだりしたのかな?当時の価格は3200円。朝ドラの主人公と同じ高卒女子社員の初任給が13000円弱ですから、現代の値段感覚で言えば、5万円ほどってとこでしょう。決して安い買い物ではなかったと思います。
写真は数年前にグリコのおまけで付いていた“タイムスリップ・グリコ”第2弾シリーズにあった「ちゃぶ台と朝ごはん」。横に置かれているのが東芝製の電気釜です。これと同じものが家にもあったんです。

夕方になると、お米を研いで内釜に入れてスイッチ・オン。黒く四角いスイッチをカチンと入れるのは僕の仕事。30~40分後に、パチンと音がして自動的にスイッチが切れると炊き上がり。洗濯機のようにタイマーを回してもいないのに何故スイッチが切れるのか、不思議でなりませんでした。後にサーモスタットという言葉を知りましたが、小学生の僕にとって近代テクノロジー初体験だったかもしれません。

ごはんが食卓の主役だった時代。

昭和30年代はコメの生産量も消費量も現代のほぼ2倍ありました。日本人が一番たくさんお米を食べた年は昭和37年で、ひとり当たり年間消費量は118.3kg。なんと月に5kg袋ほぼ2袋分の米をひとりで食べていた勘定です。カップ麺もハンバーガーもまだ世の中にはなく、家でパスタを食べる習慣もなかった時代ですから、主食は間違いなく「ごはん」だったのです。
まだ炊飯ジャーはありませんでしたから、ごはんは毎日炊くものでした。だからこそ、電気釜の存在価値は大きかったに違いありません。

その時代から半世紀。我が家の電気釜は四角くて黒い電子炊飯ジャーに変身しています。日本の自動炊飯器は、ついこの間まで中国人の爆買いの対象でした。あちらではまだまだごはんが主食の座を保っているのでしょうか。

この記事のライター

関連するキーワード


電気釜 家電 ごはん

関連する投稿


【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

【ごはん歳時記 6月】梅雨から連想する食材は何?

じめじめした梅雨の季節がやってきました。イヤですねえ。梅雨から食べ物を連想すると何に繋がりますか?梅雨→梅→梅干しでしょうか?この梅干し、梅雨時には欠かせない食材、かもしれません。


【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

【ごはん歳時記 5月】五月晴れに似合う「かやくご飯」の「かやく」は何?

気持ちいい晴れの日が続く五月は、食欲も旺盛。白いごはんにいろいろな具材を加えると、ますますご飯が進みます。炊き込みご飯、お赤飯、チャーハン、ピラフ、おかゆ・・・・。ところで「炊き込みご飯」と「かやくご飯」、何が違うんでしょう?


ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会が、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを募集しています。優勝者にはなんと賞金50万円が授与されるそうですよ!


【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

【ごはん歳時記 3月】ひな祭りとお米の、切っても切れない関係

ひな祭りには欠かせないメニューがいっぱいありますね。 「ちらし寿司」「ひし餅」「雛あられ」「白酒」、これみんな素材は「お米」。 お米の国ニッポンのお祭りとお米の、切っても切れない深い縁です。


【お米クイズ】第5回:「ごはん」の水分量は?

【お米クイズ】第5回:「ごはん」の水分量は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第5回はお米を炊いて「ごはん」となった時の水分量についてです!


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。