電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

最近のNHK朝ドラ、見てますか?やたらとごはんをほおばるシーンが出てくるのですが、そのごはん、電気釜で炊いてるんですよ。家にもあった、あの懐かしい電気釜が登場してました。


黒い台所に、白い電気釜が光っていた。

朝ドラの時代設定は東京オリンピックの昭和39年前後。奥茨城の田舎で育った主人公が集団就職で上京するところから始まっています。かなりの田舎であろう奥茨城でも台所に電気釜が置いてあります。ちょっと調べてみたら、昭和38年における電気釜の保有率は53%ですから、奥茨城の農家にあっても不思議はなさそうです。
我が家はどうだったか、思い出してみます。私が京都に引っ越したのは小学校1年の時だから昭和33年。引っ越した当時にはまだ電気釜は台所にいませんでしたが、冷蔵庫・洗濯機に続いて翌年ぐらいには電気釜が台所デビューしていたように思います。当時の家電三種の神器は「テレビ・冷蔵庫・洗濯機」でしたが、我が家ではテレビの登場が一番遅く、確か小学校3年の頃だった気がします。
家電は「白物」と言われますが、たしかに冷蔵庫も洗濯機も電気釜もみんな白でした。黒い五徳が付いたガスコンロや黒に近い灰色の流し台など、当時の台所は今のように明るくはありませんでした。ダークな色調の台所に置かれた電気釜はその白さでひときわ光って見えていました。

自動でスイッチが切れる、それだけで文明だった。

家にあったのは最初に電気釜を発売した東芝製のもの。父親は「あたらしもん好き」だったようで、発売間もない話題の新製品に飛びついたんじゃないでしょうか?それとも母親がおねだりしたのかな?当時の価格は3200円。朝ドラの主人公と同じ高卒女子社員の初任給が13000円弱ですから、現代の値段感覚で言えば、5万円ほどってとこでしょう。決して安い買い物ではなかったと思います。
写真は数年前にグリコのおまけで付いていた“タイムスリップ・グリコ”第2弾シリーズにあった「ちゃぶ台と朝ごはん」。横に置かれているのが東芝製の電気釜です。これと同じものが家にもあったんです。

夕方になると、お米を研いで内釜に入れてスイッチ・オン。黒く四角いスイッチをカチンと入れるのは僕の仕事。30~40分後に、パチンと音がして自動的にスイッチが切れると炊き上がり。洗濯機のようにタイマーを回してもいないのに何故スイッチが切れるのか、不思議でなりませんでした。後にサーモスタットという言葉を知りましたが、小学生の僕にとって近代テクノロジー初体験だったかもしれません。

ごはんが食卓の主役だった時代。

昭和30年代はコメの生産量も消費量も現代のほぼ2倍ありました。日本人が一番たくさんお米を食べた年は昭和37年で、ひとり当たり年間消費量は118.3kg。なんと月に5kg袋ほぼ2袋分の米をひとりで食べていた勘定です。カップ麺もハンバーガーもまだ世の中にはなく、家でパスタを食べる習慣もなかった時代ですから、主食は間違いなく「ごはん」だったのです。
まだ炊飯ジャーはありませんでしたから、ごはんは毎日炊くものでした。だからこそ、電気釜の存在価値は大きかったに違いありません。

その時代から半世紀。我が家の電気釜は四角くて黒い電子炊飯ジャーに変身しています。日本の自動炊飯器は、ついこの間まで中国人の爆買いの対象でした。あちらではまだまだごはんが主食の座を保っているのでしょうか。

この記事のライター

関連するキーワード


電気釜 家電 ごはん

関連する投稿


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

[代々木八幡/リトルバード]グルテンフリーカフェで米粉の可能性について考えた

代々木八幡の「リトルバード」は外国人観光客に圧倒的な支持を得ているグルテンフリーカフェ。メインだけでなくスープや副菜もグルテンフリーという徹底ぶりがその人気の秘密です。今回Daisyはリトルバードで食事を楽しみながら、改めてグルテンフリーと米粉について考えてみました。


女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

女子1人でも入れる!おいしい土鍋/かまどごはんランチのお店まとめ

土鍋やかまどで炊いた炊き立てごはんは、ふっくらつやつやで格別の美味しさ。今回は全国の土鍋/かまどごはんのランチが楽しめるお店をご紹介します。お昼休みや旅先で、女子1人でも楽しめるお店を集めました♪


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング