電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

電気釜がうちにやって来た頃:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

最近のNHK朝ドラ、見てますか?やたらとごはんをほおばるシーンが出てくるのですが、そのごはん、電気釜で炊いてるんですよ。家にもあった、あの懐かしい電気釜が登場してました。


黒い台所に、白い電気釜が光っていた。

朝ドラの時代設定は東京オリンピックの昭和39年前後。奥茨城の田舎で育った主人公が集団就職で上京するところから始まっています。かなりの田舎であろう奥茨城でも台所に電気釜が置いてあります。ちょっと調べてみたら、昭和38年における電気釜の保有率は53%ですから、奥茨城の農家にあっても不思議はなさそうです。
我が家はどうだったか、思い出してみます。私が京都に引っ越したのは小学校1年の時だから昭和33年。引っ越した当時にはまだ電気釜は台所にいませんでしたが、冷蔵庫・洗濯機に続いて翌年ぐらいには電気釜が台所デビューしていたように思います。当時の家電三種の神器は「テレビ・冷蔵庫・洗濯機」でしたが、我が家ではテレビの登場が一番遅く、確か小学校3年の頃だった気がします。
家電は「白物」と言われますが、たしかに冷蔵庫も洗濯機も電気釜もみんな白でした。黒い五徳が付いたガスコンロや黒に近い灰色の流し台など、当時の台所は今のように明るくはありませんでした。ダークな色調の台所に置かれた電気釜はその白さでひときわ光って見えていました。

自動でスイッチが切れる、それだけで文明だった。

家にあったのは最初に電気釜を発売した東芝製のもの。父親は「あたらしもん好き」だったようで、発売間もない話題の新製品に飛びついたんじゃないでしょうか?それとも母親がおねだりしたのかな?当時の価格は3200円。朝ドラの主人公と同じ高卒女子社員の初任給が13000円弱ですから、現代の値段感覚で言えば、5万円ほどってとこでしょう。決して安い買い物ではなかったと思います。
写真は数年前にグリコのおまけで付いていた“タイムスリップ・グリコ”第2弾シリーズにあった「ちゃぶ台と朝ごはん」。横に置かれているのが東芝製の電気釜です。これと同じものが家にもあったんです。

夕方になると、お米を研いで内釜に入れてスイッチ・オン。黒く四角いスイッチをカチンと入れるのは僕の仕事。30~40分後に、パチンと音がして自動的にスイッチが切れると炊き上がり。洗濯機のようにタイマーを回してもいないのに何故スイッチが切れるのか、不思議でなりませんでした。後にサーモスタットという言葉を知りましたが、小学生の僕にとって近代テクノロジー初体験だったかもしれません。

ごはんが食卓の主役だった時代。

昭和30年代はコメの生産量も消費量も現代のほぼ2倍ありました。日本人が一番たくさんお米を食べた年は昭和37年で、ひとり当たり年間消費量は118.3kg。なんと月に5kg袋ほぼ2袋分の米をひとりで食べていた勘定です。カップ麺もハンバーガーもまだ世の中にはなく、家でパスタを食べる習慣もなかった時代ですから、主食は間違いなく「ごはん」だったのです。
まだ炊飯ジャーはありませんでしたから、ごはんは毎日炊くものでした。だからこそ、電気釜の存在価値は大きかったに違いありません。

その時代から半世紀。我が家の電気釜は四角くて黒い電子炊飯ジャーに変身しています。日本の自動炊飯器は、ついこの間まで中国人の爆買いの対象でした。あちらではまだまだごはんが主食の座を保っているのでしょうか。

この記事のライター

関連するキーワード


電気釜 家電 ごはん

関連する投稿


【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第49回はごはんの専門用語についてです。


【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科調理科学の「Yahho」(ヤッホー)の愛称で活動しているゼミナールの学生とミツハシの新規商品開発課の女性社員で「グルテンフリー」を意識して開発された米粉スイーツが2019年5月6日まで期間限定で販売されており、米粉好きとしては是非食べておきたい!ということでGOHANYA' GOHANへ行ってきました。


【ごはん歳時記 5月】五月は新生活の1合目?

【ごはん歳時記 5月】五月は新生活の1合目?

この春から新生活を始めた人にとっては、 ゴールデンウィークは初めての連休。 山登りに例えれば、やっと1合目を登り終えたところでしょうか? 合(ごう)はお酒やお米の単位のはずなのに、 なぜ登山の目安に使われるのでしょうね? お米の単位「合」について、ちょっと見てみましょう。


【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

【お米クイズ】第45回:炭水化物の吸収スピード

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第45回は炭水化物の吸収スピードについてです。


【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


最新の投稿


米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

福光屋より、醗酵滋養飲料「糀甘酒」の特長と独自の米醗酵技術を生かした 天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」 が4月25日(木)より新発売です。軽快な甘味と麹由来のクエン酸による爽やかな酸味、すっきりとした後味で日常の水分補給におすすめです。


【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第49回はごはんの専門用語についてです。


【お米クイズ】第48回:お米の相場

【お米クイズ】第48回:お米の相場

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第48回はお米の相場についてです。


【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科調理科学の「Yahho」(ヤッホー)の愛称で活動しているゼミナールの学生とミツハシの新規商品開発課の女性社員で「グルテンフリー」を意識して開発された米粉スイーツが2019年5月6日まで期間限定で販売されており、米粉好きとしては是非食べておきたい!ということでGOHANYA' GOHANへ行ってきました。


【お米クイズ】第47回:インディカ米の呼び名は?

【お米クイズ】第47回:インディカ米の呼び名は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第47回はインディカ米の呼び名についてです。