胚芽米---白米の美味しさと玄米の栄養。一膳両得です。

胚芽米---白米の美味しさと玄米の栄養。一膳両得です。

玄米の栄養分はたっぷり摂りたいけれど、ごはんの味はやっぱり白米が一番、という欲張りなあなたにピッタリのお米があります。米つぶの胚芽部分を80%以上残して精米してある胚芽米です。


栄養素のかたまり、胚芽はしっかり残っています。

普通の白米は玄米からぬか層と胚芽を全部取り去ってしまいますが、胚芽米はぬか層はきれいに取ってありますが、胚芽は80%以上残った状態にしてあります。胚芽は米つぶがイネとして成長する時に必要とされるエネルギー源となる栄養素をたっぷり貯めこんでいる部分です。胚芽米が玄米と比べても見劣りしない栄養分を保っているのは、栄養素のかたまりとも言える胚芽がちゃんと残っているからなのです。

炊き上がりの味は白米並みのおいしさです。

ただしぬか層は白米と同じように取り去られていますから、炊き上がりは普通の白米とおなじ、ふっくらおいしい白いごはんになります。玄米のボソボソ感やちょっと茶色いごはんはどうも・・・と言われる方でも気にせず食べられるおいしさです。
しかも胚芽米で炊いたごはんには、食物繊維は白米の2倍以上、ビタミンB1は約3倍含まれ、白米にはほとんどないビタミンEも入っています。
特にビタミンB1が不足すると人間はイライラしたり乱暴になったりするという研究結果もあるそうで、単に体の健康だけでなく、心の健康にもビタミンB1は重要な役割を果たす栄養素と言えそうです。

冷めてもおいしく食べられる新しい胚芽米も登場。

胚芽米は玄米の持つ栄養素と、白米の持つ食感の両方を備えたすぐれもののお米です。よく食べられているうるち米にはアミロースというでんぷんが17~19%程度含まれていますが、このアミロースがもっと少ない低アミロース米から作った胚芽米は、もちもち感が強く冷めてもおいしく食べられます。冷めてもおいしいから、お弁当に入れたり、おにぎりにして出かけたりする時に最適なお米です。
最近では品種改良も進んでいます。「はいごころ」という品種は、胚芽の部分が普通のお米よりも大きくなっています。ですから「はいごころ」で作った胚芽米は、胚芽の栄養素をより多く含んだ胚芽米になります。
見かけは普通のお米と大きな違いはありませんが、胚芽米は着々と進化する最先端のお米と言えるかもしれません。

はいごころ。胚芽が大きい

この記事のライター

関連するキーワード


胚芽米

関連する投稿


精白米・玄米・発芽玄米・胚芽米のおもな栄養成分比較

精白米・玄米・発芽玄米・胚芽米のおもな栄養成分比較

精白米・うるち米、玄米、発芽玄米、はいが精米のおもな栄養成分の一覧表です。食生活に取り入れたい栄養の参考にどうぞ。


知って便利な胚芽米まとめ-白米との違いから新品種「はいごころ」まで-

知って便利な胚芽米まとめ-白米との違いから新品種「はいごころ」まで-

”胚芽米”という言葉は知っているけれでも、具体的に白米と何が違うか知っていますか? 玄米よりも炊飯のハードルは低く、そしてその栄養は白米と比べてとっても高い。これは、ぜひ使ってみたい!そんな胚芽米の魅力に迫ってみました。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。