最期の晩餐メニュー : ごはんいろいろ、想いいろいろ。

最期の晩餐メニュー : ごはんいろいろ、想いいろいろ。

死ぬと決まってしまったら、最期に何が食べたいですか?やっぱり自分の好物でしょう。私はタケノコごはんに決めています。


タケノコは季節の便りだった。

小さいころからタケノコは大好物だった。父の実家は京都・丹波の山奥。古い茅葺の家の裏には小さな竹林があった。遊びに行くと祖父が鍬を持って竹林に連れて行ってくれた。タケノコ掘りである。手入れのしてある竹林ではないので、数m伸びた竹も折れて倒れた竹もある。その中から頭の先がちょっとだけ見えている若竹を探し、周りの土をどけてから根元に鍬を入れる。
ざくっと音がして、根元が真っ白のタケノコが顔を出す。竹籠にいっぱいタケノコを入れて、家に帰ると祖母が大きな鍋でタケノコを茹でてタケノコごはんを炊いてくれる。やや濃いめでちょっと甘みの強いタケノコごはんがおばあちゃんのタケノコごはんだった。
遊びに行けない年にはタケノコが家に届いた。祖父が掘ったタケノコを叔父が新聞紙にくるみ、竹籠に入れて送ってくれたのだ。笹の葉が入った小荷物は、田舎から届く季節の便りだった。

母の炊くタケノコごはんだけは必ずお代わりした。

家に届いたタケノコを今度は母が調理する。母が炊くタケノコごはんは祖母の炊くのよりも少し薄味、そのかわりタケノコも油揚げもたくさん入っていた。おかずになったタケノコの煮物の上には、玄関先に生えていた木の芽の葉っぱがちょんと乗っていた。
それほどごはんをよく食べる子ではなかった私だったが、タケノコごはんだけは例外だった。必ずお代わりをした。年に一度、この季節にしか食べられないタケノコごはんだからお代わりした。母の炊くタケノコごはんだけは特別のごちそうだった。
今でこそタケノコの水煮は年がら年中手に入るし、居酒屋のメニューにはいつでも若竹煮がのっているが、昭和30年代、タケノコごはんは春の旬の時期にしか食べられないメニューだったのだ。

私の最期の晩餐はタケノコごはん。

死ぬ前に最期の晩餐に何を食べたいかと聞かれたら、タケノコご飯と答える。以前はマツタケごはんと答えていたが、今は迷わずタケノコごはんだ。
マツタケは秋のほんの短い時期にしか手に入らない。しかもこのごろでは国産はほとんどない。従って値段もびっくりするほど高い。あんな高いマツタケを食べたら喉が詰まって死期が早まってしまう。それに死にかけの人間から季節外れにマツタケご飯を食べたいと言われたら、周りの人間は困惑するだろう。だからタケノコご飯に乗り換えた。
さて、最期の晩餐である。タケノコご飯に味付け海苔をたっぷり散らして食べる。お茶碗にてんこ盛りである。最低でも一膳はお代わりをする。若竹煮が付いていればなお良い。最後にお茶碗の底に張り付いたタケノコを丁寧に取って口に入れて一巻の終わり。食べ残すことも思い残すこともない最期の晩餐である。
最期の晩餐を迎えるまであと何膳、タケノコごはん食べられるだろうか。春の楽しみだ。

この記事のライター

関連する投稿


【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

【ごはん歳時記 4月】春は新米の季節?

春はフレッシュな新入社員や新入生がやってくる季節。 いろんな分野で新米さんがデビューします。 でも、どうして新人やルーキーのことを「新米」と呼ぶんでしょうか? 私たちが日ごろよく使う言葉には お米やごはんを語源にする言葉が意外とたくさんあるようです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

【ご馳走!おみそ汁レシピ第3回】年に一度の「新わかめ」をおみそ汁で

わかめは一年中いつでも手に入る食材ですが、実は旬の時期があります。海水温が上昇する春に収穫された「新わかめ」は、塩蔵や乾燥などの加工をせず、生のままで市場に出回ります。この時期だけの若々しい味わい、ぜひ美味しいおみそ汁で堪能してください。


【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

【ごはん歳時記 3月】 お彼岸は「おはぎ」?それとも「ぼたもち」?

お彼岸が近づくと、春がやって来た感じがしますね。 お墓参りして、お花をお供えして、ご先祖様に手を合わせる。 さて、そのあとは「おはぎ」ですか?「ぼたもち」ですか? 諸説あるようです。


今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

今年も下北沢カレーフェスティバル2018が開催されます!

下北沢カレーフェスティバルは毎年10月に10日間、カレーの街下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り。飲食店の多い下北沢のカレー専門店はもちろん、さまざまなお店がこの10日間しか食べられない特別カレーを用意して、カレー三昧で過ごそう!という街おこしイベントなのです。下北沢カレーフェスティバル初体験のDaisyが、開催前にすでに思いっきり楽しんだレポートをお届けします♪


【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


最新の投稿


米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

米麹からつくった、天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」新発売

福光屋より、醗酵滋養飲料「糀甘酒」の特長と独自の米醗酵技術を生かした 天然素材の経口補水ゼリー「KOJI POWER JELLY」 が4月25日(木)より新発売です。軽快な甘味と麹由来のクエン酸による爽やかな酸味、すっきりとした後味で日常の水分補給におすすめです。


【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

【お米クイズ】第49回:ごはんの専門用語

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第49回はごはんの専門用語についてです。


【お米クイズ】第48回:お米の相場

【お米クイズ】第48回:お米の相場

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第48回はお米の相場についてです。


【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】ミツハシ×女子大生コラボの期間限定米粉スイーツでおしゃれカフェタイム

鎌倉女子大学家政学部管理栄養学科調理科学の「Yahho」(ヤッホー)の愛称で活動しているゼミナールの学生とミツハシの新規商品開発課の女性社員で「グルテンフリー」を意識して開発された米粉スイーツが2019年5月6日まで期間限定で販売されており、米粉好きとしては是非食べておきたい!ということでGOHANYA' GOHANへ行ってきました。


【お米クイズ】第47回:インディカ米の呼び名は?

【お米クイズ】第47回:インディカ米の呼び名は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第47回はインディカ米の呼び名についてです。