食べて無病息災を祈る「夏越ごはん」に注目

食べて無病息災を祈る「夏越ごはん」に注目

6月30日に行われている神社の行事「夏越の祓」に合わせて、無病息災を願う新たな行事食として「夏越ごはん」が注目されています。夏越ごはんには、邪気を祓うといわれている旬な食材と雑穀ごはんが使われています。一年の半分となる節目の時期に夏越ごはんを食べて、残り半年を元気に過ごしてみませんか?


毎年6月30日に行われる神事の「夏越の祓(なごしのはらえ)」に合わせて「夏越ごはん」と名付けた行事食が話題になっています。
2015年から夏越ごはんの普及活動が始まり、今年も多くの神社をはじめ、関東近郊の飲食店などで夏越ごはんのメニューが登場します。今回は注目の行事食「夏越ごはん」についてご紹介しましょう。

行事食「夏越ごはん」とは

「夏越ごはん」とは、毎年6月30日に全国の神社で行われる大祓の神事「夏越の祓」に合わせて、一年の前半の罪や穢れを祓い、残りの半年間を新たな気持ちでスタートする時に食べる料理として開発された新しい行事食です。
2015年から公益社団法人米穀安定供給確保支援機構が新たな行事食として「夏越ごはん」を提唱し、今年も6月30日には神社や飲食店の協力で夏越ごはんが提供される予定です。

夏越ごはんの3つの特徴

夏越ごはんには3つの特徴があります。
・雑穀米のごはんを使う。
・緑や赤い夏野菜を使った「丸いかき揚げ」がごはんの上に乗っている。
・旬の生姜を使ったおろしタレがかかっている。
雑穀入りのごはんの「かき揚げ丼」というと分かりやすいですね!

夏越ごはんで使う食材には意味がある

夏越ごはんには邪気を払うとされる食材が使われています。
かき揚げの具材の赤い夏野菜と緑の夏野菜。雑穀ごはんに入っている豆。百邪(ひゃくじゃ)を防ぐといわれている旬のしょうがを使ったおろしダレ。
こうした食材を食べることで夏を元気に過ごし、残り半年の無病息災を祈る邪気祓いができます。

「夏越ごはん」は、「夏越の祓」の茅の輪の由来になった、蘇民将来(そみんしょうらい)が
素盞嗚尊(すさのおのみこと)を「粟飯」でもてなしたという伝承にならった「粟」、
邪気を祓う「豆」などが入った雑穀ごはんや五穀ごはん、小豆ごはんに、
茅の輪をイメージした緑や、邪気を祓う赤の旬の夏野菜を使った
丸いかき揚げをのせ、百邪(ひゃくじゃ)を防ぐといわれる旬のしょうがを
効かせたおろしだれをかけたごはんです。

夏越ごはんの気になるお味は?

彩り鮮やかな夏野菜のかき揚げに、醤油、みりん、ショウガなどが加わったタレがかかってさっぱりとした味付けになっています。雑穀ごはんとの相性も良く初夏にぴったりの料理です。
ご家庭でも簡単に作れる行事食なので、お好みの夏野菜を入れて6月30日に食べてみませんか?

6月30日の「夏越の祓(なごしのはらえ)」

「夏越の祓」は、一年の折り返しにあたる6月30日にこれまで半年間のケガレを落とし、残り半年の健康と厄除けを祈願する大切な節目となる神社の行事です。

「夏越の祓」での茅の輪くぐり(赤坂氷川神社)

夏越の祓の厄祓い

夏越の祓では、神社内の鳥居の下や拝殿の前などに茅や藁で作った「茅の輪」と呼ばれる大きな輪を設置します。その輪の中を宮司さんが先頭になって歩き始め、次に一般の参拝者がくぐる「茅の輪くぐり」の行事を行い、一年の前半の罪や穢れをお祓いして残りの半年の無病息災を祈ります。
この茅の輪くぐりは、古歌をお唱えしながら8の字を描くように茅の輪を3回くぐります。

茅の輪のくぐり方
(1) 先ず、茅の輪の前に立って軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、
  左回りに回って元の位置に戻ります。

(2) 茅の輪の前で軽く礼をします。右足からまたいで輪をくぐり、
  右回りに回って元の位置に戻ります。

(3) 茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、
  左回りに回って元の位置に戻ります。

(4)茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、
  ご神前まで進みます。二拝二拍手一拝の作法でお詣りします。

形代流しで厄祓い

また、茅の輪くぐり以外にも「形代(かたしろ)流し」で厄を祓います。
形代とは、お祓いや祈祷の際に、人間の身代わりとなる人形のこと。
形代流しの厄祓いでは、人形に自分の名前と年齢を書いて体の悪いところを撫でます。そして人形に息を吹きかけ、自分の罪や穢れを付着させ清流に流します。
この行事も全国の神社で古くから行なわれているもので、6月の「夏越の祓」と12月の「年越しの祓」の年に2回行われています。

この記事のライター

日本全国のお米の銘柄を食べるのが夢。おにぎりが大好き!具は鮭推し。1児のパパ。息子にもごはん好きになってほしいな!

関連する投稿


日本の国菌「オリゼー」って? 和食をささえるふしぎなカビを探る児童向けノンフィクション、発売!

日本の国菌「オリゼー」って? 和食をささえるふしぎなカビを探る児童向けノンフィクション、発売!

「オリゼー」をご存じでしょうか?私たち日本人の暮らしにとても大切な「カビ」なのです。そんな楽しい児童向けノンフィクション『ふしぎなカビ オリゼー 千年の物語-和食をささえる微生物』が、株式会社岩崎書店から2018年10月26日に発売されました。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

日本の伝統食・おみそ汁の専門店「MISOJYU」が浅草にオープン

earth grace株式会社は、書道家の武田双雲氏が結成した「TEAM地球」がプロデュースする創作おみそ汁専門店「MISOJYU」(ミソジュウ)を2018年6月5日、浅草にオープンしました。おしゃれなお店で美味しいおにぎりと味噌汁が楽しめます。


【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

【ごはん歳時記 4月】桜が咲いたら、桜餅。

そろそろお花見の季節ですね。桜を愛でながらの一献も粋ですが、「花より団子」とおっしゃる方も多いことでしょう。桜といえば「桜餅」。今月はごはんからちょっと寄り道をして和菓子の世界へ。


最新の投稿


お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

お米と水だけでできた新しい食品素材「ライスジュレ」のフィナンシェが発売。地域農業の活性化に貢献

ヤンマー株式会社のグループ会社であるヤンマーアグリイノベーション株式会社は、「ライスジュレ」によって主食米の需要低迷など全国の米生産者、農業団体が抱える課題を解決する取り組みとして、「JAぎふ」とコラボレーションし、岐阜県産の米粉を使用したオリジナルのグルテンフリーフィナンシェ「お米でできたフィナンシェ」を発売しました!


「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒 二〇一九」 新発売

福光屋より、毎年好評の「福正宗 酒歳時記 吟醸新酒」から来年の干支「亥」と、西暦「二〇一九」の2種類のラベルが発売中です!


日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

日本人好みのパエリアを楽しむ。パエリア専門店「PAEZO」2018年クリスマスディナーの予約受付開始

本場スペインの技術と、和の要素を取り入れた、日本人好みのパエリア専門店「PAEZO(パエゾー)」にて、2018年クリスマスディナーの予約受付スタート! 銀座の極上の夜景を楽しみながら至福のひとときを過ごすことができる、毎年大好評の特別プランでクリスマスの夜をお楽しみください。


【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

【おむすび Shibaraku 渋谷モディ】筋隈が目印!渋谷でこだわりのおむすびを味わおう

最先端を行く渋谷という街で、おむすびという伝統的な食を専門とした、おむすび専門店「shibaraku」(しばらく)が渋谷モディにオープンしました。印象的な歌舞伎をイメージさせるロゴが目印です。使用するお米、海苔、塩にこだわって作られたおむすびは定番から変わり種までどれも制覇したくなる魅力が満載!そんなおすすめのおむすび屋さん「shibaraku」をご紹介します。


【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

【ごはん歳時記 12月】お雑煮のおもちは、丸い?四角い?

12月になればそろそろ気になるお正月。そしてお米+お正月すぐに思いつくものといえば、お雑煮におもち。お雑煮の中身は地域によって実に様々なバリエーションがあるようですが、おもちの入らないお雑煮はありません。 ところであなたのお家のお雑煮、おもちは丸いですか?四角いですか?