手軽で美味しい「中華ちまき」4選

手軽で美味しい「中華ちまき」4選

もち米を使っている代表的な料理で「ちまき」があります。日本では、平安時代の書物にちまきの製法が記載されていることから、大変古くから庶民に親しまれてきた料理のひとつだといえます。 今回は人気の「中華ちまき」を中心に4品ピックアップ!横浜中華街の名店のちまきから、素材にこだわったものまでご紹介します。


ハスの葉チマキ(大珍食品公司)

中華まんじゅう・飲茶・中華菓子専門メーカー「大珍食品公司」が作る、ハスの葉チマキをご紹介します。
味付けされたもち米の中には鶏肉が入っています。周りを包むハスの葉の風味が良く食欲をそそります。
※本来中国では5月の限られた期間でしか食べないものですが、この「ハスの葉チマキ」は香港で簡単にチマキが食べられるように改良されたものとして販売しています。

台湾チマキ(横浜中華街 ちまき屋)

横浜中華街の路地裏にある「ちまき屋」の人気の台湾チマキ。
一般的には、ちまきは蒸すものが多いのですが、ちまき屋のちまきは茹でるタイプです。
程よく水分を含み、もち米本来の食感を味わえます。具材は豚角煮、しいたけ、干し海老、ピーナッツなどが入っています。
20年前に中華街で開業していた台湾家庭料理店「真澄」のチマキを、真澄の店長の息子さんが味を再現し台湾本場のチマキの味を作り続けています。
現在は火曜日〜金曜日限定で店頭販売しており、週末は予約の受付、予約済み分の引取りのみとなっています。

三崎港まぐろトロちまき

神奈川県三崎漁港で水揚げされたマグロを使った「トロちまき」をご紹介します。
横浜中華街の名店「重慶飯店」の元料理長が、トロちまきの味の開発に関わったこだわりのちまきです。純国産のもち米を使用し、マグロの旨味や成分を閉じ込める為に、一度素揚げにしたものに味付けをしています。このトロちまきは、2016年日本ギフト大賞の神奈川賞を受賞しています。

大和屋敷 和のちまきお土産セット 5個

テレビや雑誌などで多く紹介されている大和屋敷のちまき。厳選した素材のみをたっぷりと使用していて、味も見た目もインパクトのある中華ちまきが味わえます。
北海道産の大きな貝柱を入れた「特選海鮮ちまき」のほか、国産ブランド豚の角煮が入った「肉ちまき」などメニューが豊富です。

この記事のライター

日本全国のお米の銘柄を食べるのが夢。おにぎりが大好き!具は鮭推し。1児のパパ。息子にもごはん好きになってほしいな!

関連する投稿


日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

日本初!創業330年の老舗酒蔵が朝食専用のあま酒『あさあま』を発売開始

元禄元年創業、佐賀県の合資会社光武酒造場が、4月3日(火)より、佐賀県のもち米を使用した朝専用あま酒『あさあま』を新発売します。『あさあま』は、「時間がない朝、朝食代わりに!!~コップ一杯のあさあまを~」をコンセプトに、今までになかった朝に飲む専用の甘酒です。


【お米クイズ】第16回:もち米と○○米について

【お米クイズ】第16回:もち米と○○米について

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第16回はもち米と○○米についてです。


ヴィーガンおすすめ・美味しい癒しごはんどころまとめ

ヴィーガンおすすめ・美味しい癒しごはんどころまとめ

今、ベジタリアンでなくてもベジフード店が大好きな人がたくさんいます。人気の理由は素材にこだわったヘルシーさと自然な美味しさ。今回は旅好きヴィーガン・Hitodeが実際に訪れた中から選りすぐってgohanに教えてくれた、美味しくて身体を優しいエネルギーで満たしてくれるおすすめ店をご紹介します。


米麹で作ったおすすめの「甘酒」7選

米麹で作ったおすすめの「甘酒」7選

最近注目されている発酵食品ですが「甘酒」も人気です。米麹のみを使用した、無添加、砂糖不使用のノンアルコールの甘酒は特に栄養価が高く、健康飲料として昔から親しまれています。今回ご紹介した全国の甘酒は、ネットでお取り寄せが可能なものをピックアップしています。皆さんも様々な甘酒を飲み比べてみてくださいね。


お米の種類

お米の種類

店頭に並んでいる白いお米だけがお米ではありません。「玄米」「分つき米」「胚芽米」など、加工の仕方によって米つぶはさまざまな種類に分かれます。中には赤いお米や黒いお米もありますよ。含まれる栄養や味わいもそれぞれに個性がいっぱい。おもちや日本酒などにも変身して、お米は多彩な表情を見せてくれます。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング