睦月「二十四節気七十二侯」1月の暦

睦月「二十四節気七十二侯」1月の暦

稲作を中心とした日本の農事の目安とされ、暮らしの暦としても親しまれてきた「二十四節気七十二侯」。もとは古代中国で生まれたものですが長い年月を経て日本の気候風土に馴染み、四季の移り変わりを肌で感じられるものに進化してきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ、「二十四節気七十二侯」を学んで暮らしを見直してみませんか?


撮影「Takashi Maki」

二十四節気「小寒」1月5日~1月19日

「小寒」と「大寒」の1カ月間は、一年で最も寒い頃。「小寒」の初日を「寒の入り」と呼び、この日から立春前日までを「寒中」と呼びます。地上のすべてが凍てつき、雪がすべてを覆う季節、田んぼも眠りにつき、春が来るまで雪の下で英気を養います。
寒に入って九日目は「寒九」と呼ばれ、この日に降る雨は豊作のしるしとされました。また、この日に汲んだ水は「寒九の水」と呼ばれ、薬にもなると尊ばれたとか。

撮影「Takashi Maki」

「小寒」の初候は「芹乃栄(せりすなわちさかう)」1月5日~9日。春の七草のひとつ、セリが凍てつく水辺で競り合うように伸びる頃。手を切るほどに冷たい水に育まれたセリは香り高く滋味豊か。鍋の具としても好まれます。ことに秋田の三関セリは根が白く長く、きりたんぽ鍋には欠かせません。
ベータカロテンなどビタミン類を豊富に含むセリは免疫力アップにも役立ちます。セリたっぷりのあたたかい鍋で、寒い冬を乗り切りましょう。

次候は水泉動(しみずあたたかさをふくむ)」1月10日~15日。地上では万物がかたく凍る一方で、地中の泉がゆるやかに融けて動きはじめるといいます。極寒の中で春を待ちわびる人の心を思わせる言葉。凛とした空気の中で咲き、甘い香りを漂わせる蝋梅の花に通じるものを感じます。

撮影「Takashi Maki」

この頃、日本各地では左義長、とんど焼きと呼ばれる小正月の行事が地区ごとに行われます。門松や注連飾りを焚き上げるもので、この炎にかざして焼いた餅を食べれば向こう一年を無病息災で過ごせるとも。
末候は「雉始雊(きじはじめてなく)」1月16日~19日。ピンと張った冬の空気を割いて、キジの甲高い声が響きます。寒さはいよいよピークへ。季節は「大寒」へと進みます。

「小寒」のごちそう かきもち

松の内も明けて歳神さまを送ったら、鏡餅を神棚から下げて皆でいただきます。これが「鏡開き」の行事。鏡餅に宿る歳神さまの力を分け合い無病息災を祈ります。
ここで注意すべきは、鏡餅を小さくするのに刃物は使わないこと。昔の人は縁起を担いで、切腹を連想させる刃物を避けたのでしょう。木槌を使って小さく分けます。
定番のぜんざいやきな粉餅も美味しいものですが、オススメはシンプルなかきもち。一口大にしたら160度ほどの油で素揚げしましょう。揚げたてに塩や醤油をまぶすだけで、香ばしいご馳走に! 小さなかけらまで余すことなく、歳神さまの力をいただけます。

二十四節気「大寒」1月20日~2月2日

冬の最後、寒さ極まる「大寒」。一年のうちで最低気温が観測されるのがこの頃。江戸時代、天明年間に出版された「暦便覧」にも「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と記されています。
しかし、この厳しい寒さあってこそ成り立つ美味もあるのです。気温が低く雑菌が繁殖しにくいことからこの時期に行われる酒や味噌の仕込み、氷点下の気温が生み出す凍り豆腐や寒天がそれに当たります。

初候は「欸冬華(ふきのはなさく)」1月20日~24日。フキノトウが冷たい雪を割って顔を出す頃。寒さの中にも、ほんの少しだけ春の気配が芽生えてきます。
1月20日は「二十日正月」とも呼ばれ、古くは正月の祝い納めの日とされて、邪気を払う小豆の粥を食べたり、正月に身を食べ尽くしたブリやサケの骨や頭を大根などの野菜と炊いて食べたとか。そこで「二十日正月」は「骨正月」とも「頭正月」とも呼ばれたのです。

撮影「Takashi Maki」

次候は「水沢腹堅(さわみずこおりつめる)」1月25日~29日。流れ降る沢にさえ氷が厚く張る寒さが訪れます。冬と春がせめぎ合う「三寒四温」を繰り返し、春がゆっくり近づいてきます。
末候は「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」1月25日~2月2日。寒さはまだまだ厳しいものの、日照時間が目に見えて長くなってくる頃。近づきつつある春の気配を感じて、ニワトリが鳥屋に入り卵を産みはじめます。

そして立春前日2月2日、この日をもって暦の冬は終わりを迎えます。新たなシーズンを前に厄を祓い邪気を遠ざけるのが節分です。
もともと「節分」は雑節のひとつで、古くは立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日が冊分とされていました。それが江戸時代以降、主に立春前日の節分を指すようになったと言います。
この日は破邪の力をもつ豆をまいて鬼を追い出す豆まきが日本各地で行われます。

「大寒」のごちそう 福豆ごはん

厄除けや無病息災の祈りを込めた節分の炒り大豆を炊き込みごはんに。
作り方はごく簡単。節分の豆をフライパンで軽く炒ってから、普段より少しだけ水を多めにして、お米と一緒に炊き込むだけ。香ばしい福豆ごはんができあがります。
昆布1片と梅干し1~2個を一緒に炊き込むと、風味がアップ。豆と昆布、梅干の旨味のおかげで食欲も倍増です。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


春待つ如月「二十四節気七十二侯」2月の暦

春待つ如月「二十四節気七十二侯」2月の暦

「二十四節気七十二侯」は瑞穂の国・日本の暦。もともとは古代中国で生まれたものですが、長い年月を経て我が国の気候風土に馴染み、稲作を中心としたの農事の目安や暮らしの暦とされてきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ「二十四節気七十二侯」に親しんで日々の暮らしを大切にしてみませんか?


寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二侯」12月の暦

寒さも忙しさも増す師走「二十四節気七十二侯」12月の暦

稲作を中心とした日本の農事の目安とされ、また暮らしの節目として親しまれてきた「二十四節気七十二侯」。もとは古代中国で生まれたものですが長い年月を経て日本の気候風土に馴染み、四季の移り変わりを肌で感じられるものに進化してきました。季節感を失いがちな今の時代だからこそ、「二十四節気七十二侯」を意識して、日本の自然の豊かさを見直してみませんか?


霜月「二十四節気七十二侯」11月の暦

霜月「二十四節気七十二侯」11月の暦

収穫された稲が天日干しを経て食卓にのぼる季節、新米のうまさを噛み締めながら自然の恵みに思いを馳せ、生かされていることに感謝の念を。 日本人の自然や気候風土に寄り添い、農事の目安として親しまれてきた「二十四節気七十二侯」を知って、暮らしを心豊かなものにしていきましょう。


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二侯」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


最新の投稿


【お米クイズ】第128回:お米の香り

【お米クイズ】第128回:お米の香り

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第128回はお米の香りについてです。


~W(ダブル)栄養機能食品 × 加熱調理にも使える!~『米油あまに油ブレンド320g』新発売!

~W(ダブル)栄養機能食品 × 加熱調理にも使える!~『米油あまに油ブレンド320g』新発売!

ボーソ―油脂株式会社は、国産米ぬかを使用したビタミンEたっぷりな『米油』とn-3脂肪酸(オメガ3)を含む『アマニ油』をブレンドした『米油あまに油ブレンド320g』を2021年3月1日より全国の取り扱い各店にて発売しました。用途が制限され、最後まで使い切ることが困難であったアマニ油に米油をブレンドすることで、加熱調理にも利用できるようになりました。


【お米クイズ】第127回:お米の品質管理

【お米クイズ】第127回:お米の品質管理

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第127回はお米の品質管理についてです。


「液体塩こうじ×大豆ミート」オリジナルメニューを、日本を代表するヴィーガンレストラン「PEACE TABLE」にて期間限提供開始

「液体塩こうじ×大豆ミート」オリジナルメニューを、日本を代表するヴィーガンレストラン「PEACE TABLE」にて期間限提供開始

味噌・醸造製品メーカーのハナマルキ株式会社は、ヴィーガンレストラン「PEACE TABLE(ピーステーブル)」とコラボレーションし、「液体塩こうじ×大豆ミート」をテーマとした月替わりのランチメニューを、2月1日(月)より3ヶ月連続で提供開始しました。また、「PEACE TABLE」のグランシェフ・大平哲雄氏のインタビューを収録したスペシャルムービーも公開中です!


【健康ごはん食】玄米食に新提案「玄米スティック」が2/1クラウドファンディング開始

【健康ごはん食】玄米食に新提案「玄米スティック」が2/1クラウドファンディング開始

お米の卸や商品開発を行う株式会社穀彩庵は、トースターで3分熱するだけで食べられる「玄米スティック」を開発しました。また、2月1日(月)より、米文化の復活を目的とするクラウドファンディングを開始しました。 バリエーションは玄米の風味を味わえる「プレーン」、食物繊維たっぷりな「もち麦入り」、お祝い事に最適な「お赤飯」の3種類。それぞれ注目の自然素材である米胚芽とアマランサスを配合しています。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング