【お米クイズ】第117回:お米の「やり過ぎ」作業とは

【お米クイズ】第117回:お米の「やり過ぎ」作業とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第117回はお米の「やり過ぎ」作業についてです。


【第117回】問題:お米の「やり過ぎ」作業とは

稲の収穫から白米が食卓にのぼるまでの間に、お米には色々な作業がほどこされます。そういった作業を「やり過ぎ」るとお米の味を損ないます。

問題
さてここで問題です。そういった明らかな「やり過ぎ作業」に当てはまらないものを次のア〜エから選び、記号でお答えください。

ア.乾燥で玄米の水分を10%まで下げる。

イ.精米でお米の目方が15%落ちる。

ウ.白米の浸漬を10時間行う。

エ.土鍋炊飯で加熱を60分行う。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「白米の浸漬を10時間行う。」でした!

浸漬時間は長くても、お米はある程度水を吸うと飽和状態になりそれ以上は水を吸わなくなります。但し、夏場は水が傷まないように冷蔵庫に入れることが必要です。

ア…水分を14%から15%程度までに落とすのが良く、それ以下に落とすのは「過乾燥」です。
イ…玄米の糠層は全体の1割ほどなので、精米工程でそれ以上落とすと「過搗精米」になります。
エ…加熱時間は約15-20分くらいで収まります。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第134回:米の栄養素

【お米クイズ】第134回:米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第134回は米の栄養素についてです。


【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第133回は流通における米屋の仕事についてです。


東北六県で獲れた銘柄米だけを100%使用東北の大地の恵みをお届けします厳選素材の玄米茶、『東北六県茶』 3月9日(火)発売

東北六県で獲れた銘柄米だけを100%使用東北の大地の恵みをお届けします厳選素材の玄米茶、『東北六県茶』 3月9日(火)発売

株式会社JR東日本ウォータービジネスは、エキナカを中心に展開しているacure<アキュア>のオリジナル飲料ブランド acure made <アキュアメイド>から、「東北六県茶」を2021年3月9日(火)に発売しました。


【お米クイズ】第131回:粒の大きい品種の話

【お米クイズ】第131回:粒の大きい品種の話

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第131回は粒の大きい品種の話です。


【お米クイズ】第130回:お米の家系図

【お米クイズ】第130回:お米の家系図

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第130回はお米の家系図についてです。


最新の投稿


日本人も意外と知らない、日本食の常識をイラストと漫画で楽しく解説!【日本食文化を決定づけた風土や歴史を学べる一冊】

日本人も意外と知らない、日本食の常識をイラストと漫画で楽しく解説!【日本食文化を決定づけた風土や歴史を学べる一冊】

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年4月13日(火)に、『マンガでわかる日本料理の常識』を発売します。 日本の自然、風土や民俗、科学、歴史の視点で、食文化の原点から日本料理をひもとき、なぜ?という疑問にマンガやイラストも交えて楽しく解説しています。


【お米クイズ】第134回:米の栄養素

【お米クイズ】第134回:米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第134回は米の栄養素についてです。


第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」開催!

第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」開催!

株式会社タニタは、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的としたアレンジレシピコンテスト、第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」を実施します。3月26日(金)よりアレンジレシピの募集を特設サイトで開始します。募集締切は6月30日(水)まで! 全国大会は10月~11月開催予定です。


【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

お花見はもともと、桜の木に宿る田の神に豊作を祈る行事が起源。待ちに待った春の訪れを祝う気持ちや、これからを実りあるものにしたいと願う気持ちは、今も昔も変わりありません。可憐な桜にぴったりの手毬寿司でお花見気分を堪能、新たな季節に向かう気持ちも盛り上げていきましょう。


【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第133回は流通における米屋の仕事についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング