【お米クイズ】第116回:稲作とドローン

【お米クイズ】第116回:稲作とドローン

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第116回は稲作とドローンについてです。


【第116回】問題:稲作とドローン

稲作においても最近は様々な技術が、如何にお米の品質を向上させるか、如何に作業の省力化を図るか、といった場面で活用されています。
その中で比較的活用されているのがドローンです。

問題
さてここで問題です。ドローンを活用してどのようなことが出来るのでしょうか?
当てはまらないものを次のア~エから選び、記号でお答えください。

ア.肥料を散布する。

イ.農薬を散布する。

ウ.稲の生育状況を見る。

エ.害虫を追い払う。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
エの「害虫を追い払う。」でした!

ドローンはアやイのように田んぼに何かを撒くという作業でよく活用されます。但し従来のようにラジコンヘリコプターや人間が噴霧器等で散布する作業と比べると一度に散布できる量が少ないため、いきおい活用される場面も限られてくるようです。

ウは上空から稲の葉っぱの色(葉色(ようしょく))を見ることにより稲の生育具合を見ることが出来ます。その色の濃淡に応じて肥料の散布を行います。

エの代表的なものはカメムシですが、基本的には畔の草刈り等で対応しているケースが多いようです。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第134回:米の栄養素

【お米クイズ】第134回:米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第134回は米の栄養素についてです。


【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第133回は流通における米屋の仕事についてです。


【お米クイズ】第131回:粒の大きい品種の話

【お米クイズ】第131回:粒の大きい品種の話

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第131回は粒の大きい品種の話です。


【お米クイズ】第130回:お米の家系図

【お米クイズ】第130回:お米の家系図

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第130回はお米の家系図についてです。


【お米クイズ】第129回:お米と加工食品

【お米クイズ】第129回:お米と加工食品

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第129回はお米と加工食品についてです。


最新の投稿


日本人も意外と知らない、日本食の常識をイラストと漫画で楽しく解説!【日本食文化を決定づけた風土や歴史を学べる一冊】

日本人も意外と知らない、日本食の常識をイラストと漫画で楽しく解説!【日本食文化を決定づけた風土や歴史を学べる一冊】

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年4月13日(火)に、『マンガでわかる日本料理の常識』を発売します。 日本の自然、風土や民俗、科学、歴史の視点で、食文化の原点から日本料理をひもとき、なぜ?という疑問にマンガやイラストも交えて楽しく解説しています。


【お米クイズ】第134回:米の栄養素

【お米クイズ】第134回:米の栄養素

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第134回は米の栄養素についてです。


第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」開催!

第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」開催!

株式会社タニタは、日本の食文化の継承や地域活性化などを目的としたアレンジレシピコンテスト、第4回「ご当地タニタごはんコンテスト-ヘルシー郷土料理で健康まちおこし-」を実施します。3月26日(金)よりアレンジレシピの募集を特設サイトで開始します。募集締切は6月30日(水)まで! 全国大会は10月~11月開催予定です。


【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

【卯月の開運ごはんI】春の訪れを寿ぐ、小さくて愛らしい手毬寿司

お花見はもともと、桜の木に宿る田の神に豊作を祈る行事が起源。待ちに待った春の訪れを祝う気持ちや、これからを実りあるものにしたいと願う気持ちは、今も昔も変わりありません。可憐な桜にぴったりの手毬寿司でお花見気分を堪能、新たな季節に向かう気持ちも盛り上げていきましょう。


【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

【お米クイズ】第132回:流通における米屋の仕事

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第133回は流通における米屋の仕事についてです。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング