玄米 --- 噛めば噛むほど、いい味を出してくれるすぐれもの。

玄米 --- 噛めば噛むほど、いい味を出してくれるすぐれもの。

玄米と聞くと、「ボソボソして食べにくい」というイメージを持っておられる方が多いかもしれませんね。でも玄米はとても栄養豊富なすぐれものなんです。噛めば噛むほど、いいことあるお米です。


昔はみんな玄米を食べていた。

玄米は脱穀した米つぶからもみ殻だけを取り去ったお米です。現代の日本人は主に玄米をさらに精白した白米を食べていますが、白米が一般的になったのは精米技術が発達した明治時代以降と言われています。映画やテレビで見る時代劇のころにはほとんどの人が玄米を口にしていたはずです。

胚芽やぬかも、栄養の宝庫。

玄米はお米の中心部にある白い胚乳を包んでいる「ぬか層」が表面に残っていますから、玄米で炊いたごはんはやや茶色っぽく見えます。また米つぶがイネに成長するための胚芽と呼ばれる部分もそのまま残っています。白米では取り去られてしまう胚芽やぬか層には食物繊維やビタミン・ミネラルが多く含まれているため、玄米で炊いたごはんは白米のごはんよりも栄養豊富と言えます。

玄米は水に浸けておくとちゃんと芽を出します。次の世代のイネになる生命を蓄えている「生きた米つぶ」だからです。食物をありのままの姿でいただく考え方を「一物全体」と言いますが、お米の持つ栄養素をまるごと食べられる玄米はまさに「一物全体」を実現できる生命力あふれる食材と言えるでしょう。

食物繊維でお腹の具合にもGood!

玄米には多くの食物繊維が含まれています。その量は白米の5~6倍と言われます。食物繊維は消化されにくく、それだけでは栄養になりませんが、体にいい効果をもたらしてくれます。例えばよく噛んで食べなければならないので、食物をかむ回数が増え、消化器や脳に刺激を与えます。消化速度が遅いので腹もちがよく、血糖値の上昇も緩やかになります。繊維分は消化されずに腸まで届き、腸を刺激して動きを活発にします。また大腸で発酵・分解されると善玉菌を増やす働きを助けます。食物繊維が多い玄米を食べれば、お腹の調子を整えるさまざまな働きが活発になることが期待できるのです。

健康に欠かせないビタミンB1も豊富。

また玄米の胚芽にはビタミンB1が豊富に含まれています。胚芽を取り去った白米に比べると玄米に含まれるビタミンB1の量は約5倍。人間は自分の体内でビタミンB1を作りだすことはできませんから、玄米を食べれば効率的にビタミンB1を摂取できます。ビタミンB1は疲労回復に効果があると言われますが、不足すると脚気になることがよく知られています。明治時代、日本人に脚気が増えたのはそれまで玄米主体だった食生活が白米中心に変わったせいで、玄米から摂取していたビタミンB1が不足したのではないか、という研究結果もあるそうです。それほど玄米のビタミンB1は欠かせないものなのです。このほかにも玄米にはビタミンEやマグネシウムなどが白米よりもずっとたくさん含まれています。

「玄米はちょっと・・・」と言わず、試してみてください。

玄米は白米に比べて栄養分が豊かなお米であることは確かです。でも玄米はぬか層が付いているので水分を吸いにくいため、炊く前には白米よりも長く水に浸けておく必要があります。最短でも4時間、理想的には8時間程度水に浸けておくことがお奨め。水の分量は玄米の重さの約2倍と覚えてください。(玄米1カップ=150gに水を300ccが目安)
最近では白米とほぼ同じように炊けて、食感も玄米っぽくない加工玄米も売り出されています。健康を意識した食生活をお考えなら、玄米をしっかり噛んで食べるのがいいかもしれませんね。

この記事のライター

関連する投稿


お手軽・キレイ・健康!ドクターシーラボオリジナルブレンドの寝かせ玄米(R)ごはんパックが新登場

お手軽・キレイ・健康!ドクターシーラボオリジナルブレンドの寝かせ玄米(R)ごはんパックが新登場

白米より玄米や雑穀の方が栄養があるとされていながら、玄米を食べている人はごくわずか。その理由の多くは、調理が面倒であることや美味しくないといったもので、栄養価が高く健康的だと分かっていても白米に代わる主食となっていません。そこで、美容と健康に役立つ原料を独自配合したドクターシーラボオリジナルブレンドの『寝かせ玄米®ごはんパック』が発売されました!


【結わえる 蔵前】身体が喜ぶごはんとおかず。寝かせ玄米のおいしさに感動すること間違いなし!

【結わえる 蔵前】身体が喜ぶごはんとおかず。寝かせ玄米のおいしさに感動すること間違いなし!

浅草やスカイツリーのおひざ元、蔵前にある「結わえる」は、おいしい寝かせ玄米が食べられるお店。日本の伝統的文化の知恵を現代に楽しく豊かに、身体にも環境にも負荷がかからない持続可能なライフスタイルを提案することをモットーにしているんだそう。身体にやさしいごはんを最近食べられてないな~と感じているなら、まずは「結わえる」へ行ってみませんか?


【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

認定資格「玄米マイスター」は、玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座。しかも食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える食育リーダーの育成までを視野にいれた学びの深い講座でもあります。基礎から応用まで玄米を学びたい方、資格を取りたい方はまたとないチャンスです。ぜひご参加くださいね!


砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

“11種類の雑穀”と“自然栽培米”を、「天然麹菌」で発酵させる日本古来の製法にこだわった、アムリターラの美容ドリンク甘酒にプレミアムなカカオをプラスした<玄米・雑穀 美養甘酒 カカオ>が期間・数量限定で発売中!そのままで味わい深いチョコレートスイーツを食べているかのような味わいです。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


最新の投稿


【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

【お米クイズ】第40回:お米由来の工業製品は?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第40回はお米由来の工業製品についてです。


【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

【ご馳走!おみそ汁レシピ第1回】いつもの「お出汁」をワンランクアップ

おいしいお出汁(だし)をマスターしたら、毎日のおみそ汁とごはんがご馳走に。今回はおみそ汁の基本となる、いりこ出汁の超かんたんレシピや、かつお、昆布、しいたけなど、それぞれのお出汁の特徴をご紹介します。お出汁は冷凍保存も可能なので、1回分ずつ分けて冷凍すれば忙しい朝も手間いらずですよ。


Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

Natto & Kimchi Japanese & Korean Combination @ Sendai-ya

”What I Eat Everyday In Japan." I love natto and kimchi. Yes, they are both smelly, fermented foods, which is supposed to be good for you in many ways, for your beauty, for cleansing your blood vessels.....


【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

【カフェコメコ 上石神井店】米粉使用の満腹ヘルシーランチ。まったりできる雰囲気も魅力

西武新宿線の上石神井駅から徒歩3分程の場所にある「カフェコメコ」は、米粉を使用した豊富なメニューを楽しむことができます。ヘルシーでおいしくてボリュームも満点なランチメニュー、米粉スイーツ、キッズメニューや女子会向けのコース料理など、ランチ・カフェ・ディナーと色々な楽しみ方ができるのは魅力的。米粉料理を堪能しに、訪れてみませんか?


nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

nakato「麻布十番シリーズ」から『北海道産かみふらの地養豚のカレー』『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を新発売

手間を惜しまずつくった本格的な味わいが特長の一人前洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」から、春の新商品として『北海道産かみふらの地養豚のカレー』が2019年2月25日(月)に、また、春季限定品として『国産鶏肉桜姫の春色ストロガノフ』を2019年2月1日(金)に発売されます!