玄米 --- 噛めば噛むほど、いい味を出してくれるすぐれもの。

玄米 --- 噛めば噛むほど、いい味を出してくれるすぐれもの。

玄米と聞くと、「ボソボソして食べにくい」というイメージを持っておられる方が多いかもしれませんね。でも玄米はとても栄養豊富なすぐれものなんです。噛めば噛むほど、いいことあるお米です。


昔はみんな玄米を食べていた。

玄米は脱穀した米つぶからもみ殻だけを取り去ったお米です。現代の日本人は主に玄米をさらに精白した白米を食べていますが、白米が一般的になったのは精米技術が発達した明治時代以降と言われています。映画やテレビで見る時代劇のころにはほとんどの人が玄米を口にしていたはずです。

胚芽やぬかも、栄養の宝庫。

玄米はお米の中心部にある白い胚乳を包んでいる「ぬか層」が表面に残っていますから、玄米で炊いたごはんはやや茶色っぽく見えます。また米つぶがイネに成長するための胚芽と呼ばれる部分もそのまま残っています。白米では取り去られてしまう胚芽やぬか層には食物繊維やビタミン・ミネラルが多く含まれているため、玄米で炊いたごはんは白米のごはんよりも栄養豊富と言えます。

玄米は水に浸けておくとちゃんと芽を出します。次の世代のイネになる生命を蓄えている「生きた米つぶ」だからです。食物をありのままの姿でいただく考え方を「一物全体」と言いますが、お米の持つ栄養素をまるごと食べられる玄米はまさに「一物全体」を実現できる生命力あふれる食材と言えるでしょう。

食物繊維でお腹の具合にもGood!

玄米には多くの食物繊維が含まれています。その量は白米の5~6倍と言われます。食物繊維は消化されにくく、それだけでは栄養になりませんが、体にいい効果をもたらしてくれます。例えばよく噛んで食べなければならないので、食物をかむ回数が増え、消化器や脳に刺激を与えます。消化速度が遅いので腹もちがよく、血糖値の上昇も緩やかになります。繊維分は消化されずに腸まで届き、腸を刺激して動きを活発にします。また大腸で発酵・分解されると善玉菌を増やす働きを助けます。食物繊維が多い玄米を食べれば、お腹の調子を整えるさまざまな働きが活発になることが期待できるのです。

健康に欠かせないビタミンB1も豊富。

また玄米の胚芽にはビタミンB1が豊富に含まれています。胚芽を取り去った白米に比べると玄米に含まれるビタミンB1の量は約5倍。人間は自分の体内でビタミンB1を作りだすことはできませんから、玄米を食べれば効率的にビタミンB1を摂取できます。ビタミンB1は疲労回復に効果があると言われますが、不足すると脚気になることがよく知られています。明治時代、日本人に脚気が増えたのはそれまで玄米主体だった食生活が白米中心に変わったせいで、玄米から摂取していたビタミンB1が不足したのではないか、という研究結果もあるそうです。それほど玄米のビタミンB1は欠かせないものなのです。このほかにも玄米にはビタミンEやマグネシウムなどが白米よりもずっとたくさん含まれています。

「玄米はちょっと・・・」と言わず、試してみてください。

玄米は白米に比べて栄養分が豊かなお米であることは確かです。でも玄米はぬか層が付いているので水分を吸いにくいため、炊く前には白米よりも長く水に浸けておく必要があります。最短でも4時間、理想的には8時間程度水に浸けておくことがお奨め。水の分量は玄米の重さの約2倍と覚えてください。(玄米1カップ=150gに水を300ccが目安)
最近では白米とほぼ同じように炊けて、食感も玄米っぽくない加工玄米も売り出されています。健康を意識した食生活をお考えなら、玄米をしっかり噛んで食べるのがいいかもしれませんね。

この記事のライター

関連する投稿


【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

認定資格「玄米マイスター」は、玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座。しかも食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える食育リーダーの育成までを視野にいれた学びの深い講座でもあります。基礎から応用まで玄米を学びたい方、資格を取りたい方はまたとないチャンスです。ぜひご参加くださいね!


砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

“11種類の雑穀”と“自然栽培米”を、「天然麹菌」で発酵させる日本古来の製法にこだわった、アムリターラの美容ドリンク甘酒にプレミアムなカカオをプラスした<玄米・雑穀 美養甘酒 カカオ>が期間・数量限定で発売中!そのままで味わい深いチョコレートスイーツを食べているかのような味わいです。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


最新の投稿


これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

これまでにない新しい「爽やかにしびれる辛さ」が加わった、今年見逃せないブーム鍋『しびれ鍋』が続々登場!!

「花椒(ホワジャオ)」の柑橘系の爽やかさと後からビリビリとしびれる味わいにとりこになる人が増殖中。今年はこの「しびれる鍋=しびれ鍋」が多数登場!  もつや餃子、海鮮やカレーなど、バリエーションも豊富にさまざまな「しびれ鍋」をDDグループで楽しめます!


新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟プレミアム米「新之助」を食べに、いざ表参道へ!

新潟のプレミアム米「新之助」は新潟県が約20万の候補から選抜した銘柄。「新しい」「新潟」を意味する「新」を用いて、「誠実で芯が強く、スタイリッシュな現代的日本男児」をイメージして名づけられた注目米なのです。今回新米が期間限定で表参道で実際に食べられる!と聞きつけ、早速Daisyがレポートしましたよ!


【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

【秋の極上ソトごはん】実りの秋が到来!澄んだ空の下、ハイキングや行楽に季節を感じるまぜごはんを!

雲が高く、空気が澄んだ秋は、野山へのお出かけにぴったりの季節です。きのこや栗、銀杏などの山の幸、サンマや牡蠣、秋鮭などの海の幸も市場に出回って食欲倍増。そんな秋の味覚を「ごはん屋便」のごはんに合わせておいしい行楽ごはんに! 混ぜるだけ、乗っけるだけのカンタンクッキングでOK。わっぱや竹カゴに詰めて、みんなと一緒に出かけましょう!


イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

イベント続々!「おにぎりアクション2018」おにぎりの写真でアフリカに100万食の給食を

おにぎりの写真を投稿するだけで、開発途上国の子どもたちに給食が届く取り組み「おにぎりアクション」が今年も始まりました!アクションを盛り上げる参加企業の取り組みも熱気を帯びています。各企業が工夫を凝らした取り組みやイベント、ぜひご参加くださいね。


日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

日本の収穫祭は、お米で祝おう。米で楽しむハロウィーン「Oh!米(マイ)ハロウィーン」

「小さなこどもがいて繁華街に行けない」「仮装には抵抗がある」などの理由から、ハロウィーンに参加すること自体を断念している方も多いようですが、ハロウィーンの楽しみ方は仮装だけではありません。そごう・西武では、秋の収穫物の代表格である「米」をテーマとしたハロウィーン限定ごはんやおやつが登場、先着でかわいいお化け手ぬぐいがもらえるなど、老若男女問わず楽しめるハロウィーンを提案中です!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング