秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二侯」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


撮影「Takashi Maki」

二十四節気「白露」9月7日~9月22日

野の草に露が宿って白く輝き、秋が感じられる頃という意味を持つ「白露」。昼間の太陽に温められた空気が夜になって冷やされ、朝露を結ぶようになるというわけです。
気がつけば、この間まで降るように鳴っていた蝉の声がふっつりと途切れ、交代するように涼しげな虫の声が響き始めます。

初候は「草露白(くさのつゆしろし)9月7日~11日)」。次候は「鶺鴒鳴(せきれいなく)9月12日~16日」。末候は「玄鳥去(つばめさる)9月17日~21日」。夏に子育てを終えたツバメも南の空へ。ツバメが去っていく空高くには、いつの間にか絹のような雲が流れています。

「白露」のごちそう 梨の甘酒コンポート

この季節、市中に出回るのが梨。薬膳の世界では、喉の渇きを癒し呼吸器の粘膜を潤して咳や喉の痛みを抑える働きがあると言われます。また利尿作用があり、夏の暑熱を冷ましてくれるとも。

梨は、そのまま生で食べるのはもちろんおいしいのですが、コンポートにしても美味。カットした梨に甘味を加えて火を通すのですが、この時甘酒を使うとほんのり優しい味わいに。
旬の果物とお米生まれの発酵食で、体の内側から健やかになりましょう。

二十四節気「秋分」9月22日~10月7日

秋分の日には太陽が真東から昇り真西に沈みます。この日、昼と夜は同じ長さに。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、夏から続いていた残暑とも、そろそろお別れ。ひんやりと静かな空気の中には金木犀の甘い香り。田のあぜ道には真っ赤な彼岸花が咲き、赤トンボが行き交います。

秋分の初候は「雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)9月22日~27日」。夏の間、大気を震わせていた雷が影を潜め、気候も安定してきます。次候は「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)9月28日~10月2日」。末候は「水始涸(みずはじめてかるる)10月3日~7日」。夏を謳歌していた虫が鳴りを潜め、水を抜いた田では稲穂が黄金色に色づきはじめていきます。

撮影「Takashi Maki」

「秋分」のごちそう お彼岸のおはぎ

秋分の日を境に、昼の時間は短くなる一方。「秋の日はつるべ落とし」の言葉通り、日暮れはあっという間。秋の夜長を楽しむ季節となっていきます。
そんな澄んだ秋空に浮かぶのが白く光る月です。2020年の中秋の名月は10月1日。旧暦8月15日にあたるこの日は里芋の収穫期にもあたり、月見団子と一緒にお芋を供える地域も。そこから中秋の名月は「芋名月」とも呼ばれるのです。

この時期、急な朝夕の冷え込みに体調を崩す人が少なくありません。来たる冬に向かって体力免疫力をつけるために、体を温めながら乾きがちな呼吸器を潤す食べ物を。
もち米やくるみ、黒ごまを使ったおはぎは、秋の食養生にぴったり。昔からの食の智恵は理にかなったものなのだと、今更ながらに実感しますね。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の旬な選りすぐりの“新栗”を使った石井食品の栗ごはんに、京都京丹波、熊本山江村、そして茨城笠間の3種の栗ごはんをお楽しみいただける「地域の栗ごはん食べ比べセット(やまえ・京丹波・笠間)」を、石井食品の公式オンラインストア 「イシイのオンラインストアにて、数量限定発売しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な栗を素材とした「石井食品の栗ごはん」の発売を、2020年9月下旬より、順次スタートいたします。また、石井食品の公式オンラインストア「イシイのオンラインストア」では、2020年8月26日(水)より先行予約を開始しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


『期間限定 松茸釜めしの素・栗きのこ釜めしの素・かに貝柱釜めしの素・穴子釜めしの素』期間限定販売!!

『期間限定 松茸釜めしの素・栗きのこ釜めしの素・かに貝柱釜めしの素・穴子釜めしの素』期間限定販売!!

丸美屋食品工業株式会社より、「期間限定 松茸釜めしの素」「期間限定 栗きのこ釜めしの素」「期間限定 かに貝柱釜めしの素」「期間限定 穴子釜めしの素」が2020年8月6日(木)から2021年3月31日(水)までの期間限定で販売されます。 秋という釜めしの最盛期に、旬の素材や特別感のある素材を使った釜めしの素で、贅沢な味わいが楽しめます。


葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


最新の投稿


【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

NSGグループの新潟デザイン専門学校の学生が、この度 出雲崎町が10月に販売を始める町内産コシヒカリの独自ブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作しました。


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

無添加調理※による加工食品の製造販売を展開する石井食品株式会社は、昨年に引き続き、バスケットボールB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツふなばし」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの2020-21シーズンオフィシャルパートナーとなりました。 新しい生活様式に寄り添って装いも新たに開発した『千葉ジェッツお正月料理』を千葉ジェッツのオフィシャルオンラインショップにて10月1日(木)より予約を開始します。(※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

今年もやってきた新米の季節!10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」が開催します。「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第109回はお米袋の表示についてです。