「石井食品の栗ごはん」や野菜を食べる玄米おかゆ「potayu(ぽたーゆ)」など売上の一部を、被災地支援の活動金として寄付

「石井食品の栗ごはん」や野菜を食べる玄米おかゆ「potayu(ぽたーゆ)」など売上の一部を、被災地支援の活動金として寄付

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、2016年熊本地震をきっかけに設立した「クリエイティブの力で社会課題に挑む」「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」をミッションとして掲げる一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOとともに、熊本豪雨災害による被災地支援に向けて新たな取り組みをスタートしました。熊本県の食材を使用した石井食品の栗ごはん「今年採れた熊本やまえ村の栗 栗ごはん 2合用」や、野菜を食べる玄米おかゆ「potayu」などの売上の一部を、熊本県被災地支援の活動金として寄付を行います。 (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


令和2年(2020年)7月、熊本県南部を中心とした熊本豪雨災害により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

2020年7月の熊本県南部を中心とした熊本豪雨災害より、約2か月を迎えますが、長期間におよんだ大雨と新型コロナウイルスの影響もあり、復興に向けての活動はまだまだ続いています。
石井食品は2012年より、東日本大震災で被災された方のご意見を基に「非常食セット」の開発をスタートいたしました。それを皮切りに、2016年の熊本地震の際も現地へ足を運び、現地の方々の声とともに登場したのが、自然災害のためだけの非常食ではなく、日常的に感じる「災い(ストレスなど)」を防ぐ新しい食事“potayu(ぽたーゆ)”です。この商品開発の橋渡し役として参画いただいたのがBRIDGE KUMAMOTOです。
今後も、このような取り組みをとおし、生産者や地域のみなさまの思いを伝えられる架け橋となるべく活動していきます。

取り組みの概要

熊本県の食材を使用した「石井食品の栗ごはん:今年採れた熊本やまえ村の栗 栗ごはん 2合用」や、野菜を食べる玄米おかゆ「potayu」などの売上の一部を、熊本県被災地支援の活動金として寄付を行います。

対象商品

2020年11月下旬(※商品の在庫がなくなり次第終了)までに対象商品をご購入いただくと、その一部の売上を熊本県被災地支援の活動金として寄付を行います。

(1)石井食品の栗ごはん

・今年採れた熊本やまえ村の栗 栗ごはん 2合用
・地域の栗ごはん三種詰め合わせセット(熊本やまえ村の栗、京都京丹波の栗、茨城笠間の栗)

石井食品の栗ごはん | 石井食品株式会社

https://cp.directishii.net/kurigohan

収穫したての国産の新栗だけを使用した、ホクホクの栗ご飯ができました。ご飯にまぜて炊くだけで、手軽に本格的な栗ごはんをいただけます。味付けには砂糖不使用。石井食品の無添加調理だからこそわかる、栗本来の風味をお楽しみください。

(2)potayuシリーズ

・potayu pumpkin、potayu tomato、potayu corn 単品
・potayu 各種セット

potayu -ぽたーゆ-|石井食品株式会社

https://campaign.ishiifood.co.jp/potayu2018

potayu(ぽたーゆ)は日常にある「困りごと」により、傷ついたり、悩んだり、疲れたりした心や体を癒す、ほんの小さな工夫です。平時も災害時も関係なく生きていくために、わたしたちの日常に寄り添う新しいお粥をご提案します。

寄付先

一般社団法人BRIDGE KUMAMOTO

BRIDGE KUMAMOTO|創造力は奪えない。

http://bridgekumamoto.com/

創造力は奪えない。平成28年熊本地震をきっかけに誕生したBRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)は、熊本のクリエイティブの力を結集して未来を創造する、産業復興支援活動チームです。

石井食品の栗ごはん

「石井食品の栗ごはん」は、今年採れた国産の栗を使用。市販されている栗ごはんの素は、昨年収穫した栗を保存して使われていることが多いですが、石井食品では産地直送の栗をそのまま使い、シンプルな無添加調理を実現しています。また産地ごとに異なる栗の特性に合うように、こだわりの調味料や味付けを研究。栗がもつ自然本来の風味を引き出せるように、砂糖を使わず、それぞれの生産地の自然の力蓄えた、どこか懐かしい自然な甘みをお楽しみいただけるような味付けに、仕上げました。気になった産地や応援したい産地のものを買ってもよし、いくつか購入して食べ比べてみるもよし。シンプルな栗ごはんだからこそ、是非産地の違いに着目して、お楽しみください。

また、熊本山江村の栗については、石井食品公式noteやYouTubeにて、「やまえ栗」を育ててくれている農家のみなさまのお声などを収録したコンテンツを公開していますので、あわせてご覧ください!

石井食品公式 note

#01 豪雨災害からの復興を目指す。”皇室献上栗”として栄えた熊本県 山江村の「やまえ栗」

#01 豪雨災害からの復興を目指す。”皇室献上栗”として栄えた熊本県 山江村の「やまえ栗」 #イシイのパートナー農家|石井食品|note

https://note.com/directishii/n/n7bada2585af1

イシイのnote担当メンバーです。 とうとうイシイの栗プロジェクトが始動しました。 初回の今日は「熊本県 球磨郡 山江村」で生産されている栗をご紹介します! 山江村の1番の特産品が「栗」。 栗を使った村おこしなどに長年力を入れてきた土地です。 その歴史は1977年に遡ります。 皇室献上栗に選定!全国でその名を轟かせる 山江村の栗が一躍有名になったのは、今から40年以上前の1977年(昭和52年)。昭和天皇へと献上される「皇室献上栗」に選ばれ、「やまえ」の名は一躍有名に。 山江村で生産される様々な品種を総称し「やまえ栗」と呼ばれるようになりました。その強い甘みが評判とな

石井食品公式YouTube

熊本県やまえ村の栗ごはん | 無添加調理の石井食品

石井食品の栗ごはん 「今年採れた熊本やまえ村の栗」商品詳細

熊本やまえ村の栗は、盆地特有の寒暖の差、赤土の肥沃な土壌、南向きの丘陵という恵まれた環境で育まれ、大粒で甘みが強く、ホクホクとした食感の栗です。

詳しくはこちら

今年採れた熊本やまえ村の栗 栗ごはん 2合用

https://shop.directishii.net/shop/g/g8210151/

大粒で甘みが強く、ホクホクとした食感の熊本やまえ村の栗を使用した栗ごはんの素です。

野菜を食べる玄米おかゆ「potayu」

作ったのは「あなたの日常をちょっと良くする」ための、新しいおかゆです。気の合わない上司との関係、このままでいいのか何となく不安な毎日、恋人とのぼんやりとした会話、友人と別れた後にやってくるわけもない寂しさ。なんだかハッキリとしない正体のわからない「モヤモヤ」を抱えながら、毎日をひたむきに過ごしているあなたへ。「何を選ぶか」を選ぶことさえ難しいこの時代に、あなたの日常をちょっと良くする無添加調理で、新しいおかゆをつくりました。potayu(ぽたーゆ)は、無添加調理で作られた素材本来の味わいや美味しさ、色鮮やかな野菜のおいしさをあなたに届ける熊本県産の玄米を使ったおかゆです。あなたの困りごとや気分に合わせて選べる3つの味をご用意しました。

詳しくはこちら

potayu -ぽたーゆ-|石井食品株式会社

https://campaign.ishiifood.co.jp/potayu2018

potayu(ぽたーゆ)は日常にある「困りごと」により、傷ついたり、悩んだり、疲れたりした心や体を癒す、ほんの小さな工夫です。平時も災害時も関係なく生きていくために、わたしたちの日常に寄り添う新しいお粥をご提案します。

一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOについて

2016年熊本地震をきっかけに設立された団体です。「クリエイティブの力で社会課題に挑む」「寄付するクリエイティブ・エージェンシー」をミッションとして、メンバーのそれぞれが本業を持ちながら、プロボノとして参加している団体です。熊本地震の被災地の屋根を覆った、廃棄ブルーシートを回収・洗浄してトートバッグにアップサイクルし、売り上げの一部を被災地に寄付する「ブルーシードバッグ(R)」は、これまでに3500個を売り上げ、寄付金は300万円を超えました。また、この活動は西日本豪雨の岡山県や、南房総台風の千葉県でも活動が広がり、被災地への寄付は増え続けています。

BRIDGE KUMAMOTO|創造力は奪えない。

http://bridgekumamoto.com/

創造力は奪えない。平成28年熊本地震をきっかけに誕生したBRIDGE KUMAMOTO(ブリッジクマモト)は、熊本のクリエイティブの力を結集して未来を創造する、産業復興支援活動チームです。

石井食品について

1946 年千葉県船橋市にて佃煮製造を開始し、真空包装品・煮豆小袋を発売。その後1970年には業界初の調理済みハンバーグ 『チキンハンバーグ』 を発売。1974年には 『イシイのおべんとクン ミートボール』でおなじみの「ミートボール」を発売。素材本来の美味しさを最大限に引き出すため、「無添加調理」に取り組んでおり、味や色そして食感など素材のもつ本来の力を生かす調理と技術・本物の美味しさの追究を行っています。

会社概要

■名称 :石井食品株式会社
■所在地:〒273-8601 千葉県船橋市本町 2-7-17
■代表者:代表取締役社長執行役員 石井 智康
■設立 :1945 年(昭和 20 年)5 月
■資本金:9 億 1,960 万円 (東京証券取引所第二部上場)

関連リンク

■石井食品ホームページ:https://www.ishiifood.co.jp
■石井食品公式 Twitter:https://twitter.com/ishii_official
■石井食品公式 Facebook:https://www.facebook.com/ishiifood.co.jp
■石井食品公式 Instagram:https://www.instagram.com/ishii_official/
■石井食品公式 note: https://note.com/directishii
■石井食品公式 YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCa5gIvP992AvAR5RwxSPnOQ
■石井食品公式 オンラインストア 無添加調理専門店「イシイのオンラインストア」:https://shop.directishii.net/
■石井食品直営店ISHII SHOKUHIN 365: https://365.ishiifood.co.jp/

石井食品株式会社

https://www.ishiifood.co.jp

イシイの本気は、裏に出る。「無添加料理だから」石井食品株式会社のウェブサイトです。会社情報・企業理念・IR情報・採用情報・商品情報、アレンジレシピや工場見学のご紹介など、様々なイシイの情報をお届けします。

この記事のライター

関連する投稿


石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

無添加調理※による加工食品の製造販売を展開する石井食品株式会社は、昨年に引き続き、バスケットボールB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツふなばし」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの2020-21シーズンオフィシャルパートナーとなりました。 新しい生活様式に寄り添って装いも新たに開発した『千葉ジェッツお正月料理』を千葉ジェッツのオフィシャルオンラインショップにて10月1日(木)より予約を開始します。(※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


購入すると病児を育てるお母さんを応援できるチャリティ商品、野菜を食べる玄米おかゆ 新商品「potayu chef」数量限定発売!

購入すると病児を育てるお母さんを応援できるチャリティ商品、野菜を食べる玄米おかゆ 新商品「potayu chef」数量限定発売!

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社と、「入院中の子どもに付き添う家族の生活環境の改善」を目的に活動してきたNPO法人キープ・ママ・スマイリングは、ヴィーガン料理の新旗手として活躍する米澤文雄シェフ監修による、新商品ヴィーガン対応の野菜を食べる玄米おかゆ「potayu chef(ぽたーゆ シェフ)」を、数量限定で発売します。本商品は、売上の一部がKMSの活動へ寄付されるチャリティ商品。10月1日(木)より、石井食品の公式オンラインストアで予約販売開始です。 (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

3種の栗ごはんを楽しむことのできる「地域の栗ごはん食べ比べセット」日本各地の旬な「栗」を食べながら旅気分を感じよう!

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、日本各地の旬な選りすぐりの“新栗”を使った石井食品の栗ごはんに、京都京丹波、熊本山江村、そして茨城笠間の3種の栗ごはんをお楽しみいただける「地域の栗ごはん食べ比べセット(やまえ・京丹波・笠間)」を、石井食品の公式オンラインストア 「イシイのオンラインストアにて、数量限定発売しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

京都京丹波の栗や、岐阜山県の栗など、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な“新栗”を7種そろえ、「石井食品の栗ごはん」をお届け

無添加調理※で商品作りを進めている石井食品株式会社は、今年これから収穫をむかえる日本各地の旬な栗を素材とした「石井食品の栗ごはん」の発売を、2020年9月下旬より、順次スタートいたします。また、石井食品の公式オンラインストア「イシイのオンラインストア」では、2020年8月26日(水)より先行予約を開始しました! (※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


【お米クイズ】第101回:白米と玄米の違い

【お米クイズ】第101回:白米と玄米の違い

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第101回は白米と玄米の違いについてです。


最新の投稿


【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

【新潟デザイン専門学校】新潟県出雲崎町の新たなブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作

NSGグループの新潟デザイン専門学校の学生が、この度 出雲崎町が10月に販売を始める町内産コシヒカリの独自ブランド米「出雲崎の輝き」のパッケージデザインを制作しました。


秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

秋深まる神無月「二十四節気七十二侯」神無月の暦

10月の声を聞くと同時に、季節は一気に秋へと加速。朝晩は肌寒さを感じるほどになりました。ついこの間まで青々としていた田んぼが黄金色に色づき、あちこちで稲刈りが始まります。実りの季節を経て季節が冬へと移り行くのを肌で感じる頃、自然と共に生きる智恵が詰まった「二十四節気七十二侯」を目安に、地に足をつけて日々を暮らしていきましょう。


石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

石井食品×千葉ジェッツ『2021千葉ジェッツお正月料理』を数量限定で10月1日より予約販売開始!!

無添加調理※による加工食品の製造販売を展開する石井食品株式会社は、昨年に引き続き、バスケットボールB.LEAGUEに所属する「千葉ジェッツふなばし」を運営する株式会社千葉ジェッツふなばしの2020-21シーズンオフィシャルパートナーとなりました。 新しい生活様式に寄り添って装いも新たに開発した『千葉ジェッツお正月料理』を千葉ジェッツのオフィシャルオンラインショップにて10月1日(木)より予約を開始します。(※)製造過程においては食品添加物を使用していません。


10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」開催。今年のテーマは「お米を極める」!

今年もやってきた新米の季節!10月16日(金)より、AKOMEYA TOKYOの「新米祭り」が開催します。「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

【お米クイズ】第109回:お米袋の表示

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第109回はお米袋の表示についてです。