どんぶり飯に罪はない。:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

どんぶり飯に罪はない。:ごはんいろいろ、想いいろいろ。

どんぶりに山盛りされた「どんぶり飯」。肥満のもととか、ダイエットの敵とか、とかく悪者扱いされているけど、ほんとに人は「どんぶり飯」で太るのだろうか?


どんぶり飯で健康改善?

一昨年、1か月余りの入院生活を送った。呼吸器系の病気だったので、食事には制限がなかった。ごく普通の病院食が出てくる。入院初日、運ばれてきた昼食を見て驚いた。ごはんがどんぶりに山盛りなのである。若い人でもとても食べきれる分量ではない。家でいつも使っているお茶碗だと優に2杯分といった感じだ。トレーに置かれていたレシピを見ると「通常食 白飯200g」と書かれてあった。おいおい、ここは相撲部屋かよ、と突っ込みたくなる盛り付けである。少ないおかずをちょっとずつつまみながら一生懸命ごはんをかき込んだけれど、1/3ほどは残してしまった。もったいないので、看護師さんに「ごはんを減らしてほしい」とお願いしたら、夕食からは150gになった。それでも立派にどんぶり飯である。

おかず次第で太らない。

では病院でどんぶり飯を食べ続けて太ったかというと、そんなことはなかった。運動もしないのに体重は減り、血液検査のデータからは入院前にはいっぱいあった異常値が姿を消した。どんぶり飯を食っても太りはしなかったのである。もちろん、食事はごはんだけじゃなくておかずも一緒に食べるわけだから、太る太らないはおかずの種類や分量でも大きく変わるに違いない。

証拠の写真をご覧に入れよう。ある日の朝ごはんである。ほとんど塩味のしないおひたし。底が見えるほど薄いみそ汁。超薄味のがんもどき。(入院していたのががんセンターだったので、がんもどきの煮付けは洒落にしてはきついよね)そしてメインは150gのどんぶり飯である。きちんとカロリー計算された薄味の食事を規則正しく食べていれば、どんぶり飯でも健康になるということではないか。

パスタよりごはんのほうが低カロリー。

しかしダイエットというと、ごはんは目の敵にされる。逆に言えば「ごはんの量さえ減らせばダイエットできる」と信じている人もいるかもしれない。しかしながら、150gの白飯のカロリー数はせいぜい250kcalほど。それに対してパスタ100gのカロリーは軽く350kcalを超す。しかも米つぶをそのままの形で食べるごはんと、小麦を粉にして加工してから食べるパスタとでは、粉になったパスタのでんぷんの方が消化・吸収が早いらしい。つまり体重を気にするお嬢さんたちが「ごはんは太るから食べない」と言いつつ「ランチには軽くパスタとパン」を召し上がっていれば、元の木阿弥になっちゃうって話。ごはんは見かけほど高カロリーではないし、それだけで太るというものではないということだ。

せっかく和食ブームなのに。

日本人が食べるごはんの量は、この50年ほどの間に半分ほどに減っている。和食が全世界的なブームになり、日本人の食生活が健康食として注目されるようになってきたのに、和食のベースにあるごはんを日本人が食べなくなっているのはどういうわけだろう。むしろごはんを食べなくなった日本人の食生活の変化が、さまざまな形で肥満やオーバーカロリーを招くようになってきたと言えそうだ。どんぶり飯だけで太るわけではないのだ。大食漢・肥満といった過食イメージの代名詞のように扱われてきたどんぶり飯。でもそれは根拠のない誤解であり、冤罪である。どんぶり飯には何の罪もないのである。

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

【期間限定オープン】『炎舞炊き 象印食堂 表参道』に行ってきました!

象印の最上位モデルの炊飯ジャー『炎舞炊き』。このジャーで炊き上げた甘み豊かなごはん(白米・玄米)を堪能できる『炎舞炊き 象印食堂』が表参道に期間限定でオープンしたので早速レポートしましたよ!ごはんが美味しくて、ついお代わりしちゃいます。お腹をすかせて行ってくださいね♪


【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

【お米クイズ】第32回:炊飯器の進化

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第32回は炊飯器の進化についてです。


地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

地元愛!ご当地レトルトカレーまとめ

平年より高い気温が続き、全国的に猛暑となっている日本列島。食欲を刺激するスパイシーなカレーを食べて、夏バテも吹き飛ばしたいですね。最近のレトルトカレーは種類が豊富で味も本格的!今回はスーパーでも手に入る名店の味から、こんなカレーもあるの?!と驚きの地元愛あふれる一品まで。日本各地のご当地カレーをご紹介します。


【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

【ごはん歳時記 7月】土用の丑の日、なぜウナギ?

暑さに負けないごはんといえば、やっぱりうな丼。でもどうして「土用丑の日」=「ウナギ」になったんでしょうね?由来はともかく、夏のスタミナ食の元祖かも。


最新の投稿


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

米粉を主原料とし、従来のごはんと比べて糖質77.9%オフ、カロリー40%オフを実現し低糖質なお米型の無添加食品「TRICE」(トライス)が発売です。調味シーズニング3種(とり釜飯、ドライカレー、海鮮)とのセットを専用販売サイトにて取り扱われています。糖質を気にしてごはんを避けてきた方には、注目の商品ですね!


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング