発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

玄米は白米に比べてさまざまな栄養素を多く含んでいることはよく知られています。その玄米の中でも「発芽玄米」は高齢化社会で関心が高まるさまざまな病気の予防に役立つと言われる成分を含むお米として、健康面への効果に注目が集まっています。


芽吹くエネルギーは生命力の根源。

玄米は収穫したモミからモミ殻を取り去っただけですから、すべての栄養分を蓄えたまま休眠状態を保っています。ですから水分や温度の条件が整うと芽を出します。
発芽のために細胞分裂が盛んになり、酵素が活性化して胚乳に含まれたでんぷんを分解、各種のアミノ酸が遊離され機能を発揮する形になります。発芽をきっかけにして、米つぶに蓄えられていたエネルギーや栄養分が一気に解放されるのです。
発芽玄米は芽が0.5mm~1mm出た状態で発芽を止める処理をした玄米で、健康に関係する栄養素が多く含まれています。

GABAの効果が特に注目される理由。

その中でも玄米に含まれるグルタミン酸が酵素の働きで変化してできるGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)がストレスの多い現代社会を生き抜く力になるのではないかと、注目を集めています。
GABAは人間の脳内にも存在する天然アミノ酸の一種で、脳や神経の興奮を鎮める機能を持っていると言われています。そこでストレスを和らげたり、よく眠れたりする効果が期待できます。脳内の血流を良くなれば酸素を多く供給できるようになるため、記憶力や学習能力を高め、アルツハイマー病の予防も目指す研究も進められています。また肝臓や腎臓の働きを改善するとも言われ、高血圧など成人病の予防面でも注目されています。

ストレスの多い生活を送っていると脳内のGABAが消費されて少なくなるため、GABAを補給することが健康を保つうえで重要になります。GABAの含有量が白米はもちろん、玄米に比べても大幅に多い発芽玄米が脚光を浴びる理由はここにあるのです。

抗酸化作用を持つ成分なども吸収されやすい形に。

発芽玄米の中には、GABAの他にも活性酸素を抑制すると言われるフェルラ酸、抗がん作用が期待されるフィチン酸などが、遊離されて体に吸収されやすい形で含まれています。
マグネシウム・カリウム・カルシウム・亜鉛・鉄といった健康に欠かせないミネラル分も発芽玄米ではフィチン酸との結合が解けているので、玄米に比べても吸収されやすい形になっています。

食物繊維が多いのも健康的。

発芽玄米は必須アミノ酸であるリジンやその他の遊離アミノ酸も白米に比べて豊富に含まれていますが、食物繊維の含有量が多いことでも健康志向の強い人たちに人気があります。
発芽玄米の食物繊維は白米の3倍以上と言われています。食物繊維が多いと消化のスピードが遅くなり、血糖値の上昇も緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかになれば、血糖を抑えるために膵臓から分泌されるインスリンの量も減りますから結果的には体内に蓄えられる脂肪分が減り、肥満を防ぐ効果があると言われています。血糖値の上昇速度はGI値(※1)という指標で表されますが、発芽玄米のGI値は白米の60%程度という低さ。GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇スピードが緩やかな食品ということになります。

  • ※1:GI値とはGlycemic Indexの略で、その食品が体内で糖になって血糖値を上昇させる速度で比較。ブドウ糖を摂取した時の上昇率を100としています。

この記事のライター

関連する投稿


【結わえる 蔵前】身体が喜ぶごはんとおかず。寝かせ玄米のおいしさに感動すること間違いなし!

【結わえる 蔵前】身体が喜ぶごはんとおかず。寝かせ玄米のおいしさに感動すること間違いなし!

浅草やスカイツリーのおひざ元、蔵前にある「結わえる」は、おいしい寝かせ玄米が食べられるお店。日本の伝統的文化の知恵を現代に楽しく豊かに、身体にも環境にも負荷がかからない持続可能なライフスタイルを提案することをモットーにしているんだそう。身体にやさしいごはんを最近食べられてないな~と感じているなら、まずは「結わえる」へ行ってみませんか?


【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

【玄米マイスター】2018年秋・資格養成講座が今年もスタートします!

認定資格「玄米マイスター」は、玄米の基礎知識や、食生活への上手な取り入れ方を学ぶことができる人気の講座。しかも食の大切さ、日本食文化や地域の料理を伝える食育リーダーの育成までを視野にいれた学びの深い講座でもあります。基礎から応用まで玄米を学びたい方、資格を取りたい方はまたとないチャンスです。ぜひご参加くださいね!


砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

砂糖不使用なのに、チョコレートスイーツのよう!オーガニックな甘酒美容ドリンクが限定販売

“11種類の雑穀”と“自然栽培米”を、「天然麹菌」で発酵させる日本古来の製法にこだわった、アムリターラの美容ドリンク甘酒にプレミアムなカカオをプラスした<玄米・雑穀 美養甘酒 カカオ>が期間・数量限定で発売中!そのままで味わい深いチョコレートスイーツを食べているかのような味わいです。


【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

【子育てママの玄米活用法】玄米おはぎはいかが?

「おはぎ」は秋の七草の「萩」の花が小豆の粒に似ていることからそう呼ばれるようになりました。今年は玄米でも作ってみませんか?子どもたちと楽しみながら作りましょう。玄米の味がいい仕事をしていて、甘味の量をおさえてくれます。うるち米の玄米でもつくれますし、精白していないもち米だとお米の甘さがさらに感じられるおはぎになりますよ!


【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

【子育てママの玄米活用法】玄米を消化吸収良く、おいしく食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


最新の投稿


【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

【下北沢 イニングプラス】とにかく美味しいグルテンフリーレストラン

下北沢の「イニングプラス」は、かつてヤクルト・西武・日本ハムに在籍されていた元野球選手米野智人さんが引退後にオープンされたグルテンフリーのお店。こだわり食材を使ったお料理がとても美味しいので、グルテンフリーに興味のある方も、そうでない方もぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか♪


【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

【お米クイズ】第33回:レジスタントスターチとは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第33回はレジスタントスターチについてです。


【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

【ごはん歳時記 11月】秋の実りに感謝をささげる日だった「勤労感謝の日」

11月23日は「勤労感謝の日」ですが、戦前は「新嘗祭」という収穫に感謝する神道のお祭りが行われる日だったんです。秋は実りの季節。その中でも収穫を象徴するのはお米。「新嘗祭」のお供え物でも、お米は主役です。


ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

ごはんと比べ、糖質77.9%オフを実現!米粉由来の無添加食品「TRICE」(トライス)発売

米粉を主原料とし、従来のごはんと比べて糖質77.9%オフ、カロリー40%オフを実現し低糖質なお米型の無添加食品「TRICE」(トライス)が発売です。調味シーズニング3種(とり釜飯、ドライカレー、海鮮)とのセットを専用販売サイトにて取り扱われています。糖質を気にしてごはんを避けてきた方には、注目の商品ですね!


『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

『こめの家』五つ星お米マイスター厳選の新米×モンドセレクション最高金賞の天然水のごはんを堪能!

おこめディアにも参加してくれている、五つ星お米マイスター・小池理雄さんがセレクトした全国各地のお米を鰹節の一番出汁で贅沢に味わう『こめの家』目黒店が、10月25日(木)より、新米の提供を開始しました。 お米を食べて育った純和鶏(じゅんわけい)の鶏料理、ライスワインやお米のビールなど、“お米づくし”の『こめの家』で、旬の味覚を使ったおつまみやおかずと共に、全国各地の厳選した「お米」を存分に楽しんではいかがでしょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング