発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

発芽玄米 - 健康志向で脚光を浴びる発芽玄米

玄米は白米に比べてさまざまな栄養素を多く含んでいることはよく知られています。その玄米の中でも「発芽玄米」は高齢化社会で関心が高まるさまざまな病気の予防に役立つと言われる成分を含むお米として、健康面への効果に注目が集まっています。


芽吹くエネルギーは生命力の根源。

玄米は収穫したモミからモミ殻を取り去っただけですから、すべての栄養分を蓄えたまま休眠状態を保っています。ですから水分や温度の条件が整うと芽を出します。
発芽のために細胞分裂が盛んになり、酵素が活性化して胚乳に含まれたでんぷんを分解、各種のアミノ酸が遊離され機能を発揮する形になります。発芽をきっかけにして、米つぶに蓄えられていたエネルギーや栄養分が一気に解放されるのです。
発芽玄米は芽が0.5mm~1mm出た状態で発芽を止める処理をした玄米で、健康に関係する栄養素が多く含まれています。

GABAの効果が特に注目される理由。

その中でも玄米に含まれるグルタミン酸が酵素の働きで変化してできるGABA(ギャバ:γ-アミノ酪酸)がストレスの多い現代社会を生き抜く力になるのではないかと、注目を集めています。
GABAは人間の脳内にも存在する天然アミノ酸の一種で、脳や神経の興奮を鎮める機能を持っていると言われています。そこでストレスを和らげたり、よく眠れたりする効果が期待できます。脳内の血流を良くなれば酸素を多く供給できるようになるため、記憶力や学習能力を高め、アルツハイマー病の予防も目指す研究も進められています。また肝臓や腎臓の働きを改善するとも言われ、高血圧など成人病の予防面でも注目されています。

ストレスの多い生活を送っていると脳内のGABAが消費されて少なくなるため、GABAを補給することが健康を保つうえで重要になります。GABAの含有量が白米はもちろん、玄米に比べても大幅に多い発芽玄米が脚光を浴びる理由はここにあるのです。

抗酸化作用を持つ成分なども吸収されやすい形に。

発芽玄米の中には、GABAの他にも活性酸素を抑制すると言われるフェルラ酸、抗がん作用が期待されるフィチン酸などが、遊離されて体に吸収されやすい形で含まれています。
マグネシウム・カリウム・カルシウム・亜鉛・鉄といった健康に欠かせないミネラル分も発芽玄米ではフィチン酸との結合が解けているので、玄米に比べても吸収されやすい形になっています。

食物繊維が多いのも健康的。

発芽玄米は必須アミノ酸であるリジンやその他の遊離アミノ酸も白米に比べて豊富に含まれていますが、食物繊維の含有量が多いことでも健康志向の強い人たちに人気があります。
発芽玄米の食物繊維は白米の3倍以上と言われています。食物繊維が多いと消化のスピードが遅くなり、血糖値の上昇も緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかになれば、血糖を抑えるために膵臓から分泌されるインスリンの量も減りますから結果的には体内に蓄えられる脂肪分が減り、肥満を防ぐ効果があると言われています。血糖値の上昇速度はGI値(※1)という指標で表されますが、発芽玄米のGI値は白米の60%程度という低さ。GI値が低ければ低いほど、血糖値の上昇スピードが緩やかな食品ということになります。

  • ※1:GI値とはGlycemic Indexの略で、その食品が体内で糖になって血糖値を上昇させる速度で比較。ブドウ糖を摂取した時の上昇率を100としています。

この記事のライター

関連する投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

【子育てママの玄米レシピ】夏のお昼ご飯「まめまめ丼」

夏の子どもたちの食事、気になりませんか?栄養的バランスを考えて日々のメニューを考えるのも一苦労。そんな時、玄米さえ炊いていれば簡単で栄養満点なお丼ぶりができますよ。夏でも子どもが嫌がらないお味噌汁とあわせて、簡単に。短時間でできるから、夏休みのお昼ご飯におすすめです!


玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育講座「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を開催

玄米食育連盟は「便秘と玄米~医師に学ぶ玄米の栄養学」を2018年5月19日(土)に開催します。便秘にお悩みの方や玄米の栄養・医学的な側面からの疑問をお持ちの方は、この機会にどうぞご参加ください!医師の佐野正行先生が講義と質問への回答をいたします。


ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ヘルシー郷土料理で健康まちおこし「ご当地タニタごはんコンテスト」開催 !

ご当地タニタごはんコンテスト実行委員会が、日本全国に点在する郷土料理にフォーカスし、地域の伝統的な調理法や調味料を生かしつつ、健康的な食事の目安に則ってアレンジしたレシピを募集しています。優勝者にはなんと賞金50万円が授与されるそうですよ!


最新の投稿


【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

【子育てママの玄米活用法】消化吸収良く、玄米をおいしく食べやすい食べる方法

メリットも多い玄米ですが、調べると気になるデメリットもでてきますね。よく言われるのは、白米に比べて消化吸収が悪く、胃腸に負担がかかる為、幼いこどもにたべさせるのは心配。ということ。子どもに玄米をたべさせるコツをつかむことで、栄養豊富な自然の恵みがおいしくいただけますよ。


玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

玄米の精米時に出る「ぬか」から「胚芽」を取り出す胚芽抽出器が発売!

これまで精米時に「ぬか」と一緒に削り取られていた「胚芽」に着目した「胚芽ごはん(YE-HG18A)」が発売されました。豊富な栄養素を含んでいるにも関わらず、これまでほとんど廃棄されていた胚芽。「胚芽ごはん(YE-HG18A)」はふるいによって「ぬか」と「胚芽」を分離させ、「胚芽」を無駄なく活用することができます。


おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

おにぎりで出会う食文化!「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクール

日仏交流160周年にあたる2018年。「味覚の一週間」第7回インターナショナルBENTOコンクールでは、ユニークで美味しいおにぎりのレシピをワールドワイドに募集します!


【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

【お米クイズ】第28回:佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係とは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第28回は佐渡島の朱鷺(トキ)とお米の関係についてです。


【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

【リズラボキッチン 裏参道ガーデン】無農薬米粉100%のぷるふわパンケーキ

パンケーキブームが続き久しいですね。昨今の人気は、たっぷりホイップをトッピングしたハワイアン系ではなく、日本発のぷるぷるふわふわ生地のパンケーキが主流になっているように感じます。表参道にある米粉を使ったパンケーキ店「リズラボキッチン」が話題となっていると知り、早速取材してきました。