【お米クイズ】第95回:稲穂の成長と田んぼの様子

【お米クイズ】第95回:稲穂の成長と田んぼの様子

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第95回は稲穂の成長と田んぼの様子の時期についてです。


【第95回】問題:稲穂の成長と田んぼの様子

この時期になると田んぼの稲は50センチほどに伸びてきているところがほとんどです。あと数週間で穂が出てきますので、そうなると田んぼの景色もまた変わって見えることでしょう。

この時期はまだ穂が出ていないので稲はまっすぐに伸びています。通常、同じ田んぼであれば同時期に田植えをしているので稲の高さは揃っているのが普通です。ところが同じ田んぼでも時々高さが異なる箇所が見られることがあります。それは1本や2本のレベルではなく、田んぼの一部が明らかに盛り上がっていたりするのですが…。

問題
さて、ここで問題です。この時期に特に目立つ「田んぼの一部の盛り上がり」の原因について正しく述べたものを次のア~エから選び、記号でお答えください。

ア.その箇所だけ品種が異なるから。

イ.その箇所だけ水が来ていないから。

ウ.その箇所だけ肥料をたくさん撒いてしまったから。

エ.その箇所だけカメムシが少なかったから。

正解

答えは、ページをスクロールしてくださいね!







正解は…
ウの「その箇所だけ肥料をたくさん撒いてしまったから。」でした!

最近の田植え機は田植えと同時に肥料も散布できます。その際に誤って設定した量よりも多く撒いてしまうことがあります。そうするとその箇所だけ栄養過多で稲が成長してしまうのです。稲が成長すること自体はいいのですが、味の面からすると肥料を与えすぎると一般的にたんぱく質が増えてしまい、味が損なわれる場合が多いのです。

アのようなケースは滅多にありませんが、意図的に混植を行っている生産者さんもいます。但しこの場合は一部というよりも条ごとに高さが異なるイメージです。

エのカメムシは稲穂に吸い付く害虫ですが、稲そのものを食べるわけではありません。

この記事のライター

お米ファンの更なる増大に向け、今日もせっせと精米・配達・情報発信に務めてます。モットーは「楽しくなければお米ではない!」

関連する投稿


【お米クイズ】第114回:生産者の技術

【お米クイズ】第114回:生産者の技術

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第114回は生産者の技術についてです。


【お米クイズ】第112回:田植えの間隔

【お米クイズ】第112回:田植えの間隔

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第112回は田植えの間隔についてです。


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

ついこの間、梅雨に入ったと思ったのに気がつけばもう7月。今年の梅雨明けは平年よりも少し早く、しかも梅雨明け早々から猛暑になる模様。新型コロナウィルスの感染もまだまだ油断ならない状況下で迎える今年の夏は、今までにない心構えを求められそうです。 とはいえ、人間社会がどんな状況にあろうとも季節は移り、自然も営みを止めることはありません。古くから農事や暮らしの目安とされてきた暦「二十四節気七十二侯」に親しんで、この夏を充実したものにしていきましょう。


最新の投稿


【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

【毎日でも食べたいお餅】ホットな夜を演出するお酒に合う大人のお餅『もっちりナイト』「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始

有限会社川田餅本舗は、お餅には珍しい刺激の強い香辛料や具材を搗きこみ、お酒に合うお餅、そしておかずにも夜食にもなるお餅『もっちりナイト』を2020年11月20日より「ロコの星みーっけ!マルシェ」にて販売開始しました。お正月だけじゃもったいない、毎日でも食べたくなる刺激強めなお餅の詰合せです。


【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

【お米クイズ】第115回:日本の食料自給率

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第115回は日本の食料自給率についてです。


発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

発酵文化と蔵元ならではの醸造技術から生まれた、 自然由来の化粧品ブランド『reint(れいんと)』が誕生

八海醸造株式会社より新たな化粧品ブランド「reint(れいんと)」が誕生しました。第1弾は、米の栄養素と天然の雪解け水でつくった高保湿フェイスマスク3種を発売。開発理念に掲げている「米・麹・発酵」をテーマに開発され、保湿力に優れ、肌に優しい成分で敏感肌の人も使いやすい処方です。


【お米クイズ】第114回:生産者の技術

【お米クイズ】第114回:生産者の技術

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第114回は生産者の技術についてです。


コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

コロナに負けない!生産者と贈り手の愛を「寒天米」で見える化

寒天育ちのコシヒカリと山岡細寒天の新コラボ! 岐阜県恵那市山岡町の寒天生産者 水野寒天は、2020年10月21日より、日本一のブランド寒天「山岡細寒天」の肥料で育ったコシヒカリとカット細寒天のコラボ商品【水野寒天米(みずのかんてんまい)】を開発・新発売致しました。同時に、ギフト向けオンラインショップ『水野寒天ギフトショップを新設し、ワクワクするギフトに最適な商品の販売をスタートしました。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング