有色米 - いにしえの色あいを受け継ぐ彩りの米

有色米 - いにしえの色あいを受け継ぐ彩りの米

赤いお米や黒いお米があるのはご存じですか?田んぼに色の違うイネを植え分けて描いた巨大アートをご覧になった方もいらっしゃるでしょう。赤米や黒米は古代に先祖を持つ伝統のお米なのです。


有色米は神様に捧げるお米だった。

左:赤米 右:黒米

米の皮が赤や濃い紫の色がついたお米を有色米と呼びます。
赤米はタンニン系、黒米や紫黒米はアントシアニン系の色素を含んでいるため玄米の色が普通のお米とは違って見えます。野生のイネの多くは米粒が赤いので赤米は現在のお米のルーツになっていると考えられています。

赤米で炊いたごはんは赤飯の起源だという説もありますし、黒米はおはぎの材料とも考えられますから、赤米や黒米はずっと昔から祝い事や神事の時に食べられていたという話もなるほどと思えます。こうしたことから有色米は古代米と呼ばれることもあります。普通に食べる白米とはひと味違う神聖なお米が有色米のご先祖だったのです。

巨大アートにもなる有色米

緑の田んぼに黒い絵の具で絵を描いたような巨大アートをご覧になったこと、ありませんか?
1993年に青森県田舎館村の村おこしイベントとして始まった「田んぼアート」は21世紀に入ってから全国各地でも描かれるようになり、今では「全国田んぼアートサミット」が開かれるほどの広がりを見せています。
ちなみに2017年のサミットは福井県越前町で7月6日から開催される予定になっています。

2017年全国田んぼアートサミットin越前町
http://www.town-echizen.jp/event/detail.php?89

現代の有色米は栄養的にもひと味違う。

巨大アートに使われる有色米は食用の品種とは異なりますが、現在でも食用の赤米や黒米も生産されています。赤米は「ベニロマン」(うるち米)「つくし赤もち」(もち米)、黒米は「おくのむらさき」(うるち米)「朝紫」(もち米)などの銘柄です。
「朝紫」や「紅衣」といった有色米の玄米には、食物繊維・鉄分・ビタミンB2が多く含まれていることが知られています。また「紅衣」の玄米からは一般米からは検出されないカテキンが含まれています。食物繊維や各種のミネラルが不足がちな現代人には有色米が適しているのかもしれませんね。

炊き方ひとつでおいしくなる有色米

有色米の豊富な栄養分を活かしたままで食べるには、玄米で少しぬかが残っている状態で炊くのがいいようです。赤米はアミロースというでんぷんを多く含んでいるのでそのままではパサついた炊き上がりになってしまいます。白米150gに赤米を大さじ2杯ほど加えて炊くと、ごはんがほんのりとした桜色に炊き上がります。同じく黒米を小さじ1杯ほど加えれば、ご飯はきれいな紫色になります。味覚だけでなく、目でも味わう有色米をぜひ召し上がってください。

この記事のライター

関連する投稿


資料:新形質米

資料:新形質米


お米の種類

お米の種類

店頭に並んでいる白いお米だけがお米ではありません。「玄米」「分つき米」「胚芽米」など、加工の仕方によって米つぶはさまざまな種類に分かれます。中には赤いお米や黒いお米もありますよ。含まれる栄養や味わいもそれぞれに個性がいっぱい。おもちや日本酒などにも変身して、お米は多彩な表情を見せてくれます。


最新の投稿


無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災の行事食・夏越ごはんが日本中に拡大中!

無病息災を願い、6月30日に行われている神社の伝統行事「夏越の祓」。これに合わせて2015年誕生した「夏越ごはん」が日本中で人気急上昇中です!


[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

[OMUSUBI CAFE] 代官山でほおばる、ふっくら優しいふるさとの味

人や神様、そして自然とを「むすぶ」おむすびを、トレンド発信地でもある代官山「OMUSUBI CAFE」で食してきました。「おにぎり」と「おむすび」という言い方は諸説あるようなのですが、個人的には、漢字にすると「御結び」になり、お米の神様と塩の神様とむすんで「おむすび」とする、というお話が好きです。


【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

【夏の極上ソトごはん】夏だ、カレーだ、アウトドアだ。スパイシー&バリエ豊かなカレーパーティー!

暑い夏こそ太陽の下、スパイシーな料理でいい汗をかきたいもの。そんな時にぴったりなのがカレーです。「ごはん屋便」で炊き立てごはんや雑穀ごはん、ターメリックライスをオーダーして、日本各地のご当地カレー&エスニックカレーをお取り寄せ。大勢で食べれば、なお美味しい! ごはんとカレーの組み合わせ、あれこれ楽しみましょう。


おだあし 田植えレポート 2018

おだあし 田植えレポート 2018

水を張った一面の田んぼに、まだ若い苗がそよそよとゆれる季節となりました。 ここ山北町谷峨(神奈川県足柄上郡)の田んぼでも、小さな子供から大人まで大勢が参加して田植えのイベントが行われました。


【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

【お米クイズ】第23回:お米の購入ルートは?

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第23回はお米の購入ルートについてです。