『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』浮世絵師たちによって描かれた「江戸の食」の展覧会

『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』浮世絵師たちによって描かれた「江戸の食」の展覧会

浮世絵師たちによって描かれた「江戸の食」をテーマに『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』が、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)で7月15日(水)から9月13日(日)まで開催されます。色彩豊かな浮世絵と、当時の人々が舌鼓をうった江戸の味を楽しみましょう!


おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~

東京の文化、すなわち江戸の文化への国内外からの関心が高まる中、江戸文化を生き生きと描き今に伝え、高い評価を得ているのが「浮世絵」です。
世界に稀に見る奥深い美しさのみならず、豊かな江戸の風物詩として「日本の食」は浮世絵の世界に度々描かれてきました。

「和食」が無形文化遺産へ登録され注目を集めている今、「浮世絵」と「食」を掛け合わせた展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』が六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで開催されます。

本展では、描かれた食のシーンを追いながら、食を描いた浮世絵そのものの魅力と、現代のくらしにもつながる江戸の食文化がひもとかれます。
実際に当時どのような料理法が存在したか、再現料理の写真やレシピの解説を通じて紹介されます。

音声ガイドのナビゲーターは江口拓也さん!

本展での音声ガイドナビゲーターは、アニメやゲームなどの声優のほか、ラジオパーソナリティを務めるなど幅広く活躍中の江口拓也さんが務め、浮世絵の魅力をたっぷりご紹介いただきます。

【音声ガイド情報】
■ ナビゲーター: 江口拓也さん(声優)
■ 内 容   : 声優・江口拓也さんによる見どころ紹介。ボーナストラックには
       展覧会サポーターのナイツさんが弥次喜多に扮して登場
■ 監 修 : 安村敏信
■ 企画制作 : TBS、アートアンドパート
■ 貸出価格 : 1 台600 円

おいしい浮世絵展

https://oishii-ukiyoe.jp/

北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい「おいしい浮世絵展」 森アーツセンターギャラリーにて開催

“食”を楽しむ展覧会 ~観覧前後に、コラボメニューも!~

展覧会を観て江戸の食文化への想像を広げた後は、江戸時代の食文化と現代の食材を融合させたメニューを楽しめます。
会場に隣接する「Cafe THE SUN」ではコラボレーションメニューが登場。
また、グランド ハイアット 東京や六本木ヒルズ内の対象店舗では、趣向を凝らした様々なタイアップメニューや商品を展開予定。
目だけでなく五感で、江戸の食を堪能しましょう。

Cafe THE SUN

江戸食の再現料理メニューが登場

Cafe THE SUN では、豆腐田楽、海老の天麩羅などを取り入れた江戸の食づくし「おいしい浮世絵展 御膳」や歌川国芳の「名酒揃 志ら玉」の白玉を再現した「白玉」(料理とセット注文のみ)など、様々なメニューがスタンバイ。

1)おいしい浮世絵展 御膳(1,680 円) 町人文化が花開いた文政年間に登場したといわれる握りずし。卵とじ丼、豆腐田楽、海老の天麩羅、水菓子のスイカまで江戸の食づくしの御膳。

2)「春の虹蜺」御膳(1,880 円) 歌川国芳の「春の虹蜺」に登場する串付きの鰻のかば焼きが主役の御膳。

その他「鰹の膾 御膳」(1,480円)「ひじきと鶏肉の捏ね煮 御膳」(1,450円)も。

3)江戸風情をチョイ足ししたいならば、「白玉セット」 (+400 円)がおススメ(フード・デザートのどちらかを 注文の場合のみ追加でオーダー可能、+400 円)。

4)利き酒セット 3 種(1,300 円) 東海道五十三次に関連する日本酒 7 種から 3 種を チョイス。“チョイ飲み”にどうぞ。

※価格はすべて税込

詳細は、こちらでご確認ください。

Cafe THE SUN ×「おいしい浮世絵展」

≪Cafe THE SUN≫
11:00~19:00(フード 18:00LO、ドリンク 18:30LO)

  • カフェの利用には「おいしい浮世絵展」もしくは、展望台、森美術館いずれかの入場券が必要です。
  • 各メニュー数量限定となります。

六本木ヒルズで「おいしい浮世絵展」の世界へタイムトリップ!

江戸のご馳走から和のおやつ、手土産まで―。六本木ヒルズ内のタイアップ店でオリジナルメニューや商品が登場。
対象メニューを注文、購入すると展覧会オリジナルのポストカードが手に入る特典つき!

  • ※グランド ハイアット 東京のタイアップレストランも対象。
  • ※Cafe THE SUN と Restaurant THE MOONは対象外。
  • ※ポストカードの絵柄はお選びいただけません。
  • ※先着順、なくなり次第終了となります。

タイアップメニューと手土産の一部をご紹介!

詳細は、こちらでご確認ください。

Roppongi Hills ×「おいしい浮世絵展」

おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~ | 森アーツセンターギャラリー - MORI ARTS CENTER GALLERY

https://macg.roppongihills.com/jp/exhibitions/oishii-ukiyoe/index.html

展望台と隣接するアートスペース。世界の著名な美術館のコレクションから、国内外の漫画・アニメや映画、ファッション、デザインまで、幅広く多彩なテーマで、質の高い展覧会を開催します。

グランド ハイアット 東京

グランド ハイアット 東京では、館内レストランやバー6店舗で、江戸時代の食文化と現代の食材を融合させたメニューや浮世絵に度々登場する寿司や天麩羅など江戸の食文化を再現したメニューが登場。

ジャイアント浮世絵抹茶バーガーやアフタヌーンティーセットが登場

ジャイアント浮世絵抹茶バーガー
(20,000 円/税サ別)
※3 日前予約

ステーキハウス「オーク ドア」では、抹茶を使ったグルメバーガー「ジャイアント浮世絵抹茶バーガー」が登場。その名のとおり、直径 23 ㎝、総重量 2 キロの巨大バーガーは 6~8 名様でシェアしていいただけるスペシャルメニューです。
このほか、唐揚げバーガーやフィッシュバーガー、3 種類の和風チーズケーキなどが楽しめるアフタヌーンティーセットなどユニークかつバラエティーに富んだ内容が揃います。

店舗名:オーク ドア(6 階 ステーキハウス)
営業時間:
(ランチ)11:30~14:30(土・日・祝は 15:00 まで) (ディナー)18:00~21:30 (バー)11:30~21:30
提供期間:2020年7月15日(水)~ 9月13日(日)

ネタや調理法を忠実に再現した本格江戸前寿司

浮世絵握りランチセット
(4,200 円/税サ別)
※展覧会観覧券チケットのご提示で食後にお抹茶を一杯プレゼント

職人の確かな腕による旬の握りを楽しめる江戸前寿司「六緑」では、江戸時代の“ファストフード”ともいえる寿司を当時も好まれていたネタや調理法で本格的に再現。寿司屋で定番の玉子焼きには、「おいしい浮世絵展」のオリジナル焼き印を押しています。

店舗名:六緑(6 階 江戸前寿司)
営業時間:(ランチ)11:30~14:30(土・日・祝は 15:00 まで)
提供期間:2020年7月15日(水)~ 9月13日(日)

その他のメニューは、こちらをチェック!

『おいしい浮世絵展』開催記念!日本文化の魅力を堪能できる特別メニュー

https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/restaurants/recommended/oishi-ukiyo-e/

「和食」が無形文化遺産に登録され、国内外からの関心が集まるなか、「浮世絵」と「食」を掛け合わせたオリジナル展覧会『おいしい浮世絵展 ~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~』が六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにて開催いたします。グランド ハイアット 東京のレストランでは、『おいしい浮世絵展』の開催を記念した期間限定のメニューをご用意いたします。

開催概要

□展覧会名 : 「おいしい浮世絵展~北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい~」
□会期 :2020年7月15日(水)~ 9月13日(日)
□休館日:8月14日(金)
□会場 : 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52 階)
□開館時間 : 10 時~ 20 時
 ※7月21日(火)・7月28日(火)・7月30日(火)・8月28日(金)は17時閉館
 ※入館は閉館の 30 分前まで ※会期中展示替えがあります
□主催 : 博報堂 DY メデイアパートナーズ、産経新聞社、TBS、森アーツセンター
□後援 : BS-TBS、JAPAN Forward、TBSラジオ
□特別協賛 : くら寿司株式会社
□協賛 : カンロ、JR 東日本、NISSHA
□企画協力 :林綾野(アートキッチン)
□特別協力 : 公益財団法人味の素食の文化センター
□協力 : 全国鰻蒲焼商組合連合会、東京都麺類協同組合
□監修 : 安村敏信(北斎館館長、萬美術屋)
□お問い合わせ : 03-5777-8600(ハローダイヤル)
□公式サイト : https://oishii-ukiyoe.jp

※新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについてはこちらをご確認ください

新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて(必ずお読みください) | 森アーツセンターギャラリー - MORI ARTS CENTER GALLERY

https://macg.roppongihills.com/jp/news/2020/06/4117/index.html

展望台と隣接するアートスペース。世界の著名な美術館のコレクションから、国内外の漫画・アニメや映画、ファッション、デザインまで、幅広く多彩なテーマで、質の高い展覧会を開催します。

おいしい浮世絵展

https://oishii-ukiyoe.jp

北斎 広重 国芳たちが描いた江戸の味わい「おいしい浮世絵展」 森アーツセンターギャラリーにて開催

この記事のライター

関連する投稿


【江戸のお花見フェア】桜の香りを感じる純米吟醸酒も。銀座 蔦屋書店

【江戸のお花見フェア】桜の香りを感じる純米吟醸酒も。銀座 蔦屋書店

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)は、2018年3月1日(木)から4月1日(日)まで、「江戸のお花見」フェアを開催します。「食」と「ファッション」の切り口で、江戸時代のお花見を再現します。また、関連イベントとして、生産家と一緒に、桜煎茶と桜樽酒の試飲イベントも。


最新の投稿


葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


【お米クイズ】第100回:もち米の加工品

【お米クイズ】第100回:もち米の加工品

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第100回はもち米の加工品についてです。


土鍋で炊いたご飯を混ぜやすく、よそいやすい「土鍋専用しゃもじ」新発売

土鍋で炊いたご飯を混ぜやすく、よそいやすい「土鍋専用しゃもじ」新発売

生活雑貨メーカー株式会社マーナは、『土鍋しゃもじ』を2020年8月7日より新発売しました。土鍋ご飯の「ふっくら」と「香ばしい」の両方をより楽しめる『土鍋で炊いたご飯を混ぜやすく、きれいによそえる』土鍋のためのしゃもじです。


【お米クイズ】第99回:ササニシキの子孫

【お米クイズ】第99回:ササニシキの子孫

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第99回はササニシキの子孫についてです。


rebake グルテンフリーのパン・焼き菓子の定期便開始

rebake グルテンフリーのパン・焼き菓子の定期便開始

パンの廃棄をなくすお取り寄せプラットフォームrebake(運営:合同会社クアッガ)は、地産地消を推し進めるべくグルテンフリーのパン,焼き菓子の定期便を開始します。