加工米飯 - すぐに使えて便利なごはん、さまざま

加工米飯 - すぐに使えて便利なごはん、さまざま

冷凍・パック・レトルト・チルド・アルファ・缶詰。みなさんのキッチンにはいくつ置いてありますか?保存がきいて、しかも食べる時には調理の手間がぐっと省ける便利なごはんはすっかり暮らしの必須アイテムになりましたね。


おなじみ、冷凍食品の定番です。

スーパーやコンビニの冷凍ケースには欠かせない定番商品と言えば、冷凍のチャーハンやピラフ。
最近では冷凍おにぎりも揃っていますね。調理後のごはんを零下40℃まで急速冷凍してあるので、零下18℃以下なら約1年間保存がききます。食べる時は解凍して温めるだけ。技術の進歩で味も高級店並みです。

売上急上昇中の包装米飯。

冷凍ごはんと同じように電子レンジで加熱するだけで食べられて、しかも常温保存できる包装米飯は急速に売り上げが伸びています。
特に無菌状態で炊いたごはんを密閉容器に詰めた無菌包装米飯(いわゆるパックごはん)は保存食としてだけでなく、お年寄りや単身家庭の常食として売上が伸びています。

同じように調理したごはんを密閉包装した後に加熱殺菌したものがレトルト米飯です。
レトルトは加熱殺菌しているので無菌包装よりも長く保存できます。逆に無菌包装は加熱されていないのでビタミン類の成分がそのまま含まれています。

宇宙食にも使われるアルファ化米。

ちょっと聞きなれないかもしれませんが、アルファ化米というごはんも注目され始めています。
炊いたごはんを熱風乾燥もしくは冷凍乾燥させた乾燥米飯のことです。お米に含まれるでんぷんを糊化(アルファ化)させて保存するのでアルファ化米とも言われます。長期保存がきき、水やお湯で戻すだけで食べられるので、災害時の非常用備蓄食として使えます。
この特徴を生かして「白飯」「赤飯」「山菜おこわ」「おにぎり」4種のアルファ化米食品が宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙日本食として認証を受けています(※1)。

長期保存が得意な缶詰米飯。

保存食と言えば、缶詰を忘れてはなりません。
ごはんの缶詰はあまりなじみがありませんが、製法の一例としては調理後のごはんを缶に詰めて密閉、その後高温で殺菌します。食べる時には熱湯に15分ほど浸けて温めます。缶詰は常温で3年程度は保存できますから、非常用備蓄食品にも向いています。

保存性や利便性だけでなく、味やメニューの面でもどんどん充実してきた加工されたごはん類は、私たちの食生活の幅を広げるのに大きく役立っています。

この記事のライター

関連する投稿


ラクラク朝ごはんおにぎり♪「冷凍おにぎり」まとめ

ラクラク朝ごはんおにぎり♪「冷凍おにぎり」まとめ

忙しい朝に冷凍のおにぎりを朝ごはんにする人が増えてきたという情報をキャッチ!手軽で美味しく食べられる美味しい「冷凍おにぎり」をまとめました。 電子レンジで調理することで、炊きたてのようにふっくらとしたおにぎりが食べられますよ。


最新の投稿


『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』の研究結果発表!

ハナマルキ株式会社は、AuB株式会社、慶應義塾大学SFC研究所ランニングデザイン・ラボとの共同で、塩こうじの腸内環境への効果およびスポーツパフォーマンスへの効果を研究する『液体塩こうじ・アスリート腸内環境向上プロジェクト』を発足。研究の結果、液体塩こうじの摂取によって、免疫力の向上に貢献すると多数報告されている、酪酸、乳酸、酢酸などの短鎖脂肪酸を作る腸内細菌が増加し、腸内に対して有効に作用したことが示唆された研究結果を得たことを発表しました!


毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

毎日のご飯を低糖質に変える!糖質33%OFF炊飯器より新色発売!

ヒロ・コーポレーションから、あなたの健康を保つ、糖質OFFのご飯がいつものお米で簡単に炊ける。自宅で簡単にできる糖質33%OFF炊飯器のブラックが新たに発売されます!


国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

国産米由来の米発酵液配合「プレミアムプレサ スキンコンディショニングマスク」新発売

株式会社ウテナの、ワンランク上のシートマスクブランド「プレミアムプレサ」から、2019年1月21日に「スキンコンディショニングマスク」2アイテムが新発売です!豊富なアミノ酸を含む国産米由来の「米発酵液(保湿成分)」を配合し、忙しい女性の肌環境を整えます。


奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良県初!奈良市東部地域が「どぶろく特区」に認定

奈良市は、東部地域を対象に地域振興の観点から、構造改革特別区域計画「奈良市東部地域どぶろく特区」(通称:「どぶろく特区」を申請し、平成30年12月20日に内閣総理大臣により認定されました。


お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

お米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」に、カレーの日(1/22)はじめ様々なカレーコンテンツ掲載中!

日本で唯一のカレー研究情報発信機関である、株式会社カレー総合研究所は農林水産省が展開するお米の消費拡大情報配信サイト「やっぱりごはんでしょ」の『1月22日カレーの日特集』に情報掲載中です。1月22日のカレーの日はカレーとお米を食べて盛り上げましょう!