草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二侯」3月の暦

草木が芽吹き冬ごもりの虫も目覚める弥生「二十四節気七十二侯」3月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


草木いよいよ芽吹き、冬ごもりの虫も目覚めて動き出す3月弥生。草木がいよいよ芽ぶき茂る様子を表す「木草弥や生ひ月(きくさいやおいづき)」が詰まって「弥生」となったと言われます。暖かくなったり寒くなったりを繰り返しながら季節は春へと動き出します。
畦に芽吹いたフキノトウもすっかり薹が立って田んぼの景色も春めき、今シーズンの米づくりがいよいよ始動。代かき前の荒起こしが始まります。

二十四節気「啓蟄」3月5日~19日

初候は「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)3月5日~9日」。冬ごもりをしていた生き物が地上に現れ、活動を始める頃となります。この時期は、寒気が上空に流れ込むため大気の状態が不安定で、雷が発生することも少なくありません。この雷鳴が地中の虫に春を告げる合図になるとされ、「虫出しの雷」と呼ばれて春の季語とされています。

撮影「Takashi Maki」

次候は「桃始笑(ももはじめてさく)3月10日~14日)」。まさに桃の花が開く頃。「笑」という文字は古くは「花が咲く」ということを指しました。確かに固い蕾が徐々にほころぶ様子は、やわらかな微笑みを連想させます。桃は古くから邪を払う力があるとされ、今も縁起の良いものとして喜ばれています。

続く末候は「菜虫化蝶 (なむしちょうとなる)3月15~19日」。厳しい冬を越した蛹が羽化し、蝶となって飛びたつ頃。金色に色づいた菜の花畑を白い蝶が飛び交う景色は、見る人の心をのんびりと穏やかなものにしてくれます。

撮影「Takashi Maki」

この時期に巡ってくる雑節のひとつで、農業にとって重要な節目となるのが春の社日です。これは、その土地を守護する産土神を祀る日で、春分の日に最も近い戊(つちのえ)の日に当たります。2020年の春の社日は3月16日。ちょうど種まきや種籾から苗を育てる作業を始める時期に重なることから、産土神に五穀の種をお供えして豊穣を祈る神事や祭りが執り行われます。

この頃になると、本格的な春はすぐそこ。どこからともなく沈丁花の香りが漂い、銀色の産毛をまとっていた白木蓮も蕾を割って真っ白な花を咲かせます。心浮き立つシーズンの到来です。

撮影「Takashi Maki」

撮影「Takashi Maki」

「啓蟄」のごちそう、菜の花ごはん

春の先駆けとして目と舌を楽しませてくれた菜の花も名残の時期。値段も手頃になったところで、花芽をたっぷり使った混ぜご飯を楽しみましょう。
用意するのは、昆布茶で軽く味付けして炊いたごはんと、彩りよく固めに茹でて水気をしっかり切った菜の花。炊き上がったごはんに、ひと口大に切った菜の花を混ぜるだけ。炒り卵を合わせれば、満開の菜の花畑のようなご飯の出来上がりです。春の漁がはじまったシラスの釜揚げや桜エビを一緒に混ぜたら、一層贅沢な春のごちそうに。

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「春分」3月20日~4月3日

昼と夜の時間がほぼ同じ長さになるのが春分。この日を境に昼間の時間が夜よりも長くなります。春分の前後3日間を含む7日間は春のお彼岸。昔から「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、長かった冬もここまで。季節は待ちに待った春へと移ります。
田んぼの畦にも可愛らしい土筆が芽を出し、摘み草を楽しんだ子供の頃を思い出させてくれます。

撮影「Takashi Maki」

初候は「雀始巣(すずめはじめてすくう)3月20日~24日」。雀が巣を作り始める頃。秋に稲穂をついばむ雀は、稲作農家にとって少々困った存在ではありますが、古くから私たちの生活のそばにいて身近な存在。春先にこしらえる「雀の巣」や、春に生まれるひな鳥を指す「雀の子」は春の季語でもあります。

次候は「桜始開(さくらはじめてひらく)3月25日~29日)」。うららかな陽気に誘われて、桜の花が一輪また一輪と咲きはじめます。現在、私たちが最も身近に親しんでいるのはソメイヨシノ。江戸時代の終わりに染井村(現在の東京都駒込近辺)で生み出された品種で、枝いっぱいに霞のように花を咲かせる様は実に見事。明治期から日本全国に広まって、気象庁による開花予想の対象とされています。

撮影「Takashi Maki」

しかしソメイヨシノが桜の代名詞となる以前、桜といえば山桜が主流。もっと古くに遡れば、春の訪れとともに花を咲かせる木々全般をサクラと呼んでいたと言います。まだ冬枯れの色を纏う野や山にあって白い花を咲かせ、農作業のはじまりを告げる木々は、田の神さまが宿る依り代。秋田では辛夷を、岩手県では糸桜を「田打ち桜」と呼んで花が咲いたら田おこしを始めたとか。サクラの開花は米作りにとって大切な物差しでありました。桜を愛する日本人の心の底には、古代から連綿と続いてきた稲作文化があるのかもしれません。

撮影「Takashi Maki」

続く末候は「雷乃発声 (かみなりすなわちこえをはっす)3月30~4月3日」。田畑に恵みの雨を降らせる雷が遠くの空で鳴り始める頃。大空を横切る閃光と大地を揺るがす雷鳴に畏怖を抱かずにはおられない雷ですが、古くから米作りに縁の深いものとされてきました。
雷の別名の「イナヅマ」は古くは「稲夫」と書き、雷が稲穂を実らせると信じられたのだとか。昔から雷の多い年は豊作になると言われ「稲妻ひと光で稲が一寸伸びる」という言葉もあるほど。
実は、この言葉が迷信でないことは最新の研究で裏付け済み。雷の放電により空気中の窒素が雨に溶けて降り注ぎ、稲の成長を促進させているのだと明らかにされています。先人の智恵には真実が潜んでいるのだと実感させられますね。

「お彼岸」のごちそう、精進ごはん

自宅に仏壇のない家庭も多い今の時代、ピンとこないかもしれませんが、太陽が真西に沈む「お彼岸」は遥か西方にある浄土に思いを馳せ、ご先祖を供養するもの。仏教が生まれたインドにも中国にもない、日本独特の風習です。
このお彼岸に欠かせないのが、邪を祓う小豆を使ったぼた餅。また、動物性の食材や五葷(ごくん)と呼ばれる匂いの強い野菜の使用を避けた精進料理もお供えとされました。

今年のお彼岸は、その原点に帰って精進ちらし寿しはいかがでしょう。おいしいお米を炊いてすし酢で味を調え、出汁をふっくら吸ったお揚げさんや、香ばしい白ごまを合わせれば出来上がり。初物のうすい豆や木の芽を散らせば、材料も手順もシンプルながら味わい深い一品になります。

撮影「Takashi Maki」

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二侯」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

ついこの間、梅雨に入ったと思ったのに気がつけばもう7月。今年の梅雨明けは平年よりも少し早く、しかも梅雨明け早々から猛暑になる模様。新型コロナウィルスの感染もまだまだ油断ならない状況下で迎える今年の夏は、今までにない心構えを求められそうです。 とはいえ、人間社会がどんな状況にあろうとも季節は移り、自然も営みを止めることはありません。古くから農事や暮らしの目安とされてきた暦「二十四節気七十二侯」に親しんで、この夏を充実したものにしていきましょう。


水無月「二十四節気七十二侯」6月の暦

水無月「二十四節気七十二侯」6月の暦

木々の緑がますます深くなり、春先に花を咲かせた梅が青々とした実をつける頃となりました。新型コロナウィルスへの感染はまだまだ油断がならない状況ですが、さまざまな対策をとりながら外出自粛などを段階的に緩和する動きが現れてきました。 どんな大変な状況下でも、自然の営みはたゆむことなく季節も動きを止めることはありません。移りゆく季節と人の暮らしの目安となる暦「二十四節気七十二侯」を知って、今この一瞬を見逃さず日々を大切に暮らしていきましょう。


爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二侯」5月の暦

爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二侯」5月の暦

山は新緑に輝き、薫風吹き渡る五月。新型コロナウイルスの感染拡大は未だ先の見えない状況ではありますが、そんな時でもいつもと変わりなく季節はめぐってきます。「ステイホーム」が必要な今だからこそ、身近な自然や季節の小さな変化を感じながら暮らしてみませんか。 そんな暮らしの目安となるのが「二十四節気七十二侯」。古代中国から日本に伝わり長らく親しまれてきた暦を知って、家で過ごす時間をもっと心豊かなものにしていきましょう。


最新の投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

下北沢カレーフェスティバルは、今年で9回目を迎える年に1度のカレー祭り。参加店は113店舗で、ミニカレーや限定メニューをご用意。下北沢が初めての方も常連の方も、お気に入りカレーを見つけられるフェスティバルです。 また、今年は感染症対策を徹底。「新しいカレーの生活様式」と題し、全店舗テイクアウト注文可・屋外飲食スペース設置を試みます。下北沢は、お祭りなき2020年の秋にもう一度、祭りの灯をともします。


新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新しいお米ブランド『然然(シカジカ)』の立ち上げを記念して、ポップアップイベントが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」にて開催されます。初日の18時からは、塩おむすびや南魚沼の地酒「八海山」が振る舞われるオープニングパーティーも開催!新潟出身のBeatmaker / ProducerのSam Is Ohmと、同じく新潟出身の町田涼による選曲もお楽しみいただけます。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

株式会社永谷園は、代表商品である「お茶づけ海苔」など「お茶づけ」シリーズを活用した、忙しい朝でもササっと用意でき、子どもの3つのスイッチONをサポートする朝の新習慣「めざまし茶づけ」を提案します! 多くの小中学生が新学期を迎えた時期に合わせ、〜小学生民謡歌手 江端菜沙さんが歌う「めざまし茶づけのうた」〜Webムービー『毎朝!!めざまし劇場』も8月24日(月)より公開しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング