寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二侯」2月の暦

寒さの中にも春のきざし「二十四節気七十二侯」2月の暦

暮らしの中で季節を感じる指標「二十四節気七十二侯」。古代中国で考え出されて日本に取り入れられて、米作りをはじめとする農業の目安にもなり、日本人の暮らしに欠かせないものに。そして長い年月を経て、日本の気候風土に馴染んできました。「二十四節気七十二侯」を知って、季節の移ろいを感じ取り、心豊かな暮らしを送りましょう。


撮影「Takashi Maki」

二十四節気「立春」2月4日~2月18日

立春2月4日は二十四節気のはじまりの節気。八十八夜、二百十日、二百二十日など、季節や農作業の節目も、立春を起点に勘定されています。
この日から暦の上では春。まだまだ寒さは厳しく北国や雪国では雪の日が続きますが、日ごとに日が長くなり日差しは明るく暖かに。梅の花もほころび、寒さの中にも徐々に近づきつつある春の気配が感じられます。

古くから立春の早朝に汲む水は邪気をはらうとされ、この水で立てた福茶をいただいて、向こう1年の無病息災を祈りました。また立春の早朝に搾り上げて蔵出しした新酒は福を呼ぶ「立春朝搾り」として喜ばれました。立春の朝にこしらえた和菓子も縁起が良いとされ、伊勢の〈赤福〉では「立春大吉餅」として黒大豆と大豆を使った2種類の大福が売り出され、人気を博しています。

初候は「東風解凍(はるかぜこおりをとく)2月4日~2月8日」。「東風」は春風を表す言葉で、優れた歌人としても知られる菅原道真が詠んだ「東風吹かば匂いおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」の歌で広く知られます。

その春風が凍てついた川や湖の氷を解かしはじめるのが、この頃。雪解けの土の中からフキノトウも顔を出し、春の訪れを感じさせます。天ぷらによし蕗味噌にしてよし、刻んで、味噌汁の薬味にしてよし。みずみずしい香りと心地よいほろ苦さは、まさに春の味わいです。

撮影「Takashi Maki」

ただ、春の風は暖かく優しいばかりではありません。立春から春分までの期間にその年に初めて吹く南寄りの強い風を「春一番」と呼びますが、これはもともと漁師言葉が語源とも。船を転覆させるほどの突風を指したもので、荒天を警戒する言葉だったのです。
春一番が吹いた日は気温が上昇し、その翌日には寒さが戻ることが多く、これを「寒の戻り」と呼んでいます。

次候は「黄鶯睨睆(うぐいすなく)2月9日~13日)」。山里ではウグイスが鳴き始める頃。ウグイスの別名は「春告鳥」。日本では古くから、その年に初めてなくウグイスの声を「初音」と呼んで尊びました。

続く末候は「魚上氷 (うおこおりをいずる)2月14~18日」。日に日に暖かくなるとともに川や湖の氷も大きく割れ、その間から魚が飛び跳ねる頃。長野県や岐阜県では渓流釣りが解禁となり、ヤマメやイワナ釣りを楽しめるシーズンがはじまります。

撮影「Takashi Maki」

「初午」のごちそう

初午は立春を過ぎて最初に迎える午の日のこと。この日は京都の伏見稲荷神社を始めとする全国の稲荷社でお祭りが行われ、五穀豊穣や商売繁盛、家内安全を祈り人で賑わいます。

古くから、この日のごちそうとされてきたのが、神使の狐の好物であるいなり寿司。関東では俵型、関西では三角型が主流ですが、俵型のいなり寿司に好みの具材をトッピングした変わりいなり寿司もおすすめです。家族で楽しく作って美味しくいただきましょう!

撮影「Takashi Maki」

二十四節気「雨水」2月19日~3月4日

空から落ちる雪が雨に変わり、雪や氷がゆっくり溶け出して田畑を潤します。昔から、雨水は農作業の準備をはじめる目安。
凍てつき乾ききった大気と大地の中に、ふと感じられるしっとりとした水の気配。春はもうすぐそこです!

撮影「Takashi Maki」

初候は「土脉潤起 (つちのしょううるおいおこる)2月19日~23日」。
春のあたたかい雨が大地に潤いをもたらし、冬眠していた動物も目をさます頃。三寒四温の言葉通り、寒さと暖かさがせめぎあいつつ、徐々に寒さがゆるんできます。

撮影「Takashi Maki」

女の子のいる家庭では、そろそろひな飾りをはじめる頃。雨水の最初の日に雛人形を飾りつけると良縁に恵まれるとされています。まもなくやってくる3月3日の上巳の節句に向けて、家族で飾りつけをするのも楽しいものです。

女の子のいる家庭では、そろそろひな飾りをはじめる頃。雨水の最初の日に雛人形を飾りつけると良縁に恵まれるとされています。まもなくやってくる3月3日の上巳の節句に向けて、家族で飾りつけをするのも楽しいものです。

次候は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)2月24日~28日」。冬の間、張り詰めていた空気が潤み、遠くの野山がぼんやりと霞んで見えるように。「霞」は春の季語とされ「春霞」「遠霞」「霞立つ」などが使われます。

末候は「草木萠動(そうもくめばえいずる)2月29日~3月4日」。春の日差しの中で草木の芽が顔を出し、大地や木々の枝先がほんのりと色づきはじめます。3月3日は上巳の節句。女の子の健やかな成長を祈るひな祭りの日です。
京都の下鴨神社では、この日に流し雛が行われます。これは素朴な雛人形を乗せた桟俵を境内の御手洗川に流す行事で、人形(ひとがた)に穢れを移して川に流した古式にのっとったもの。
また伊豆稲取をはじめとする各地では、つるし雛飾りのイベントも。色とりどりの布でこしらえられた縁起物が飾られ、華やかな雰囲気を醸し出します。邪を払う桃や福を授ける打ち出の小槌、福俵など、想いのこもった繊細な細工は実に印象的です。

「ひな祭り」のごちそう

3月3日、ひな祭りのごちそうといえば蛤のお吸い物でしょう。蛤はひな祭りや結婚式には欠かせない縁起物。蛤の二枚貝のようにぴったりと重なり合い、他に替えのきかない相手と巡り会い、添い遂げられるようにと言う願いが込められています。
この蛤のお吸い物+ちらし寿司が、ひな祭りの定番メニュー。ふっくら美味しいごはんを酢飯にして、煮た椎茸やニンジン、レンコンをさっくり混ぜ合わせ、彩りに錦糸卵やエンドウ豆、菜の花を飾れば出来上り。便利なちらし寿司の素を使えば、さらに手軽に作れます。
年に一度の桃の節句、美味しいごはんを囲んで家族でお祝いしてはいかがでしょうか。

この記事のライター

好きが高じて食をテーマに20余年、食べては書く日々を送るライター・エディター。

関連する投稿


秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

秋の足音を聞く長月「二十四節気七十二侯」9月の暦

今年の残暑の厳しさは、今までに経験したことがないほど。熱中症対策をとりながら過ごす9月となっています。しかし、心を鎮めて周囲の自然に気持ちを向けてみると、ひと筋ふた筋と秋の気配が漂い始めています。日本人が古くから親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二侯」をひとつの目安に、実りの季節へ移りゆく9月を大切に過ごしましょう。


葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

葉月「二十四節気七十二侯」8月の暦

例年にないほど長い梅雨がようやく開けた途端、文字通りうだるような暑さに見舞われた今年の8月。熱中症防止と新型コロナウィルス感染防止、両方の対策を講じながら過ごす夏は、特別なものになりそうです。 そんな中でも自然の営みはたゆむことなく、季節も足を止めることはありません。古くから日本人が親しんできた農事と暮らしの暦「二十四節気七十二校」を目安に、移りゆく季節を感じながら過ごしましょう。


稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

稲穂が膨らみゆく文月「二十四節気七十二侯」7月の暦

ついこの間、梅雨に入ったと思ったのに気がつけばもう7月。今年の梅雨明けは平年よりも少し早く、しかも梅雨明け早々から猛暑になる模様。新型コロナウィルスの感染もまだまだ油断ならない状況下で迎える今年の夏は、今までにない心構えを求められそうです。 とはいえ、人間社会がどんな状況にあろうとも季節は移り、自然も営みを止めることはありません。古くから農事や暮らしの目安とされてきた暦「二十四節気七十二侯」に親しんで、この夏を充実したものにしていきましょう。


水無月「二十四節気七十二侯」6月の暦

水無月「二十四節気七十二侯」6月の暦

木々の緑がますます深くなり、春先に花を咲かせた梅が青々とした実をつける頃となりました。新型コロナウィルスへの感染はまだまだ油断がならない状況ですが、さまざまな対策をとりながら外出自粛などを段階的に緩和する動きが現れてきました。 どんな大変な状況下でも、自然の営みはたゆむことなく季節も動きを止めることはありません。移りゆく季節と人の暮らしの目安となる暦「二十四節気七十二侯」を知って、今この一瞬を見逃さず日々を大切に暮らしていきましょう。


爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二侯」5月の暦

爽やかに風薫る皐月「二十四節気七十二侯」5月の暦

山は新緑に輝き、薫風吹き渡る五月。新型コロナウイルスの感染拡大は未だ先の見えない状況ではありますが、そんな時でもいつもと変わりなく季節はめぐってきます。「ステイホーム」が必要な今だからこそ、身近な自然や季節の小さな変化を感じながら暮らしてみませんか。 そんな暮らしの目安となるのが「二十四節気七十二侯」。古代中国から日本に伝わり長らく親しまれてきた暦を知って、家で過ごす時間をもっと心豊かなものにしていきましょう。


最新の投稿


【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

【お米クイズ】第106回:稲を育てる微量要素とは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第106回は稲を育てる微量要素についてです。


「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

「新しいカレーの生活様式」感染症対策を徹底し、下北沢カレーフェスティバル2020開催!

下北沢カレーフェスティバルは、今年で9回目を迎える年に1度のカレー祭り。参加店は113店舗で、ミニカレーや限定メニューをご用意。下北沢が初めての方も常連の方も、お気に入りカレーを見つけられるフェスティバルです。 また、今年は感染症対策を徹底。「新しいカレーの生活様式」と題し、全店舗テイクアウト注文可・屋外飲食スペース設置を試みます。下北沢は、お祭りなき2020年の秋にもう一度、祭りの灯をともします。


新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新ブランド米『然然』の立ち上げを記念したポップアップイベント開催!

新潟県南魚沼発の農業レーベル「Soil Works」による新しいお米ブランド『然然(シカジカ)』の立ち上げを記念して、ポップアップイベントが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」にて開催されます。初日の18時からは、塩おむすびや南魚沼の地酒「八海山」が振る舞われるオープニングパーティーも開催!新潟出身のBeatmaker / ProducerのSam Is Ohmと、同じく新潟出身の町田涼による選曲もお楽しみいただけます。


【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

【お米クイズ】第105回:どんぶりもののルーツ

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第105回はどんぶりもののルーツについてです。


新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

新学期を迎えたお子さまに気持ち良い朝の目覚めを忙しい朝はササっと新習慣!「めざまし茶づけ」

株式会社永谷園は、代表商品である「お茶づけ海苔」など「お茶づけ」シリーズを活用した、忙しい朝でもササっと用意でき、子どもの3つのスイッチONをサポートする朝の新習慣「めざまし茶づけ」を提案します! 多くの小中学生が新学期を迎えた時期に合わせ、〜小学生民謡歌手 江端菜沙さんが歌う「めざまし茶づけのうた」〜Webムービー『毎朝!!めざまし劇場』も8月24日(月)より公開しました!


アクセスランキング


>>総合人気ランキング