ごはんカフェで今年のトレンドを占う【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】

ごはんカフェで今年のトレンドを占う【みなとみらい GOHANYA' GOHAN】

今年のごはんトレンドをごはんカフェから見つけたい。ということで、常連のGOHANYA' GOHANへ行ってきました。ここでいうごはんカフェの定義とは、お米へのこだわりとそのおいしさを引き出すメニュー開発力、さらにカフェとしての居心地の良さ。GOHANYA' GOHANは、この3つの要素を備え、ごはんカフェとしては、バランスに優れているお店です。


こだわりのお米、白米ごはんはつや姫、玄米ごはんは岩手ひとめぼれ

ランチを食べたときに、ごはんにこだわっている店かどうかは大きな評価ポイントです。
この数年、お米の品種は多様化し、以前のように、おいしいお米=コシヒカリという固定観念が崩れつつあります。10年の開発期間をかけて誕生したのが山形県産のつや姫。その名の通りツヤがあり、真っ白い美しいお米です。甘みや粘り気にも優れており、コシヒカリを凌ぐ美味しさとも言われ、特Aの評価を得たごはんをGOHANYA' GOHANでは採用しています。
かたや玄米ごはんで使われている品種が、岩手ひとめぼれです。コシヒカリと初星を交配させて作られた品種で、コシヒカリのようにガツンとした強い味ではなく、どちらかというと優しい味わいのひとめぼれを独自の製法で加工した玄米「美食玄米」は、玄米独特のぽそぽそした感じがありません。
白米、玄米それぞれの良さを際立たせたお米の品種の扱い、さすがです。
今回は、お米の品種の味をダイレクトに食べ比べようと、14時すぎから食べられる限定メニューをいただきました。
直近の調査ではごはんの好みは、もっちり感が流行らないそうです。そう考えると甘味を感じる白米と優しい玄米おにぎりの組みあわせ、なかなかといえますね。

おむすびセットでお米と具材の組みあわせを考える

おむすびは、ごはんの種類(白米or玄米 )と5種類の具材からお好きな組み合わせで注文が可能です。中の具材は、鮭、昆布、クリームチーズ明太子、明太子の4種類から選べるとのこと。ごはん好きとしては、どのような組み合わせかは大事です。
お店のお勧めは、玄米ごはんにはクリームチーズ明太子、白ごはんには定番の鮭。特にクリームチーズ明太子の味は濃厚で玄米には、ぴったりです。この組み合わせをオーダーしてから握ってもらい、握りたてをいただく、これがおむすびのだいご味ですね。シンプルにおむすびと漬物、お味噌汁でいただくおむすびセットは、ごはん好きには、たまらない一品です。

おむすびセット 580円(税抜き)

GOHANYA' GOHANの一押し 三五八(さごはち)って何?

GOHANYA' GOHANの一押しはお米の発酵調味料三五八で調理した銀鮭の漬け焼き・やわらかくてジューシーな若鶏の唐揚げが入った人気NO.1 のお弁当です。
ところで、三五八は東北地方に古くから伝わる郷土料理で、米麹に塩を加えた漬け床を使った漬物です。ちょっと変わった名前で、一瞬、戸惑いますね。三五八という名前の由来はシンプル。塩と米麹と蒸した米を3:5:8の割合で混ぜ合わせて作る漬け床を使うことから「三五八(さごはち)」と名付けられたといわれています。
ごはんのお供食材として、発酵食品は欠かせません。今年は「三五八」 くるかもしれませんね。

三五八弁当 600円(税抜き)

卵かけごはんも食べたい!!

ごはんのお供トップは、やっぱり卵かけごはんです。定食をとって、それとは別に卵を頼んでみました。
卵はもちろんのこと、お醤油のこだわりも重要です。注目のお醤油は、佐藤水産の鮭醤油。
新鮮な北海道天然鮭を原料に鮭の里石狩の佐藤水産魚醤蔵でじっくり作られています。魚醤特有の生臭みがまったく無く、天然鮭から作った天然発酵鮭醤油なのです。卵かけごはんともぴったり。
これは、別オーダしてでも絶対食べたい逸品です。

サイドメニューの卵の値段 150円(税込)
※ 別途ごはんをオーダーする必要があります。

さて今年、ごはんカフェでは何が流行るのでしょうか? 
定番の卵かけごはん、三五八、クリームチーズ明太子? ごはんをもりもり食べられるごはんのお供も大事ですし、お米の品種へのこだわりもメニューに関係しそうです。こだわりのごはんカフェをチェックすると、今年の流行がみえるかもしれません。

GOHANYA’ GOHAN(ごはんやごはん) 店舗情報

GOHANYA' GOHAN みなとみらい店
【住所】神奈川県西区みなとみらい4-6-2 みなとみらいグランドセントラルタワー1階
【最寄り駅】
・ みなとみらい駅(1番出口から徒歩2分)
・ 新高島駅(3番出口から徒歩6分)
【営業時間】11時 ~ 21時( L.O. : 20時15分)
【定休日】施設に準ずる
【TEL】045-228-8998

※お店にお出かけになる際は、最新情報をお確かめの上お出かけください。

GOHANYA' GOHAN みなとみらい店 (みなとみらい/和食(その他))

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140103/14068519/

★★★☆☆3.25 ■【少人数貸切大歓迎!】パーティーコース新登場¥4000 土鍋で炊いた美味しいご飯おかわり無料 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

この記事のライター

関連する投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。


【お米クイズ】第75回:ごはんに含まれている成分と食味

【お米クイズ】第75回:ごはんに含まれている成分と食味

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第75回はごはんに含まれている成分と食味についてです。


【お米クイズ】第74回:出穂時期に作柄を予想するには

【お米クイズ】第74回:出穂時期に作柄を予想するには

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第74回は出穂時期に作柄を予想するには、についてです。


【お米クイズ】第73回:ほぐしのタイミング

【お米クイズ】第73回:ほぐしのタイミング

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第73回はほぐしのタイミングについてです。


最新の投稿


【お米クイズ】第76回:コンバインとは

【お米クイズ】第76回:コンバインとは

「これは知ってほしい!」五ツ星お米マイスター・小池 理雄が、皆さんへお米のトリビアを毎回楽しくお届けする「お米クイズ」。 第76回はコンバインについてです。


産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

産地にこだわり、米・具・海苔の全ての原材料を厳選!クイーンズ伊勢丹のおにぎり4種を新発売、5種をリニューアル発売

首都圏を中心に16店舗のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)を運営する、株式会社エムアイフードスタイルは、手巻おにぎりの「明太高菜」と、直巻おにぎりの「梅しそおぼろ昆布」・「境港産鯖ほぐし」・「牛カルビマヨ」を、2月20日(木)より新発売しました。さらに同日、手巻おにぎりの「鮭」・「南高梅」・「二段熟成醤油日高昆布」・「ツナマヨ」と、のり無しおにぎりの「ごま香る焼き醤油おにぎり」をリニューアル発売しました。


ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

ニッポンの誇る伝統野菜を次世代へつなぐ。愛知・大府の「木之山五寸にんじん」が主役の まぜごはんとお惣菜が、いま注目の的!

日本の食文化を語るうえで欠かせないと注目の「伝統野菜」をご存知ですか? 日本各地で古くから栽培されてきた独特の風味をもつ野菜を指し、その種類の多さはそのまま日本の食文化の豊かさを語るものでもありました。ところが経済効率最優先の時代にその数は激減。今や希少な存在に。そんな中、愛知県大府市の伝統野菜「木之山五寸にんじん」を主役にした新たな取り組みが注目を浴びています。スタートして4年目となる今年は、好評のまぜごはんの素に加えてハンバーグやスープも発売。旬を迎えた今だけの味を楽しみながら、ニッポンの伝統野菜づくりを応援しましょう。


生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

生のお米からパンを作る、世界初のレシピ本『はじめての生米パン』発売前試食会を開催しました!

お米からパンを作る、世界初のレシピ本『生のお米をパンに変える魔法のレシピ はじめての生米パン』が2月20日(木)に光文社より刊行されました。発売に先駆け、書店・取次会社の方向けに試食会を開催。20名を超える方々が参加されたそうです。


大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」2020年5月30日開催

大和ハウス工業株式会社は、2020年5月30日(土)、大和ハウス工業東京本社2階大ホールにて大和ハウス生活文化フォーラム「もっと知りたい、お米のこと」を開催します。食に精通し各界で活躍されるパネリストを迎え、お米の魅力や歴史についての意見交換、土井善晴氏による簡単な実演も交えながら、お米にまつわる暮らしの知恵をご提供します。